「秋日和」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

秋日和の紹介:1960年製作の小津安二郎監督作品。長らく小津作品で娘役をつとめてきた原節子が初めて母親役を演じた。娘役に司葉子を起用た「母と娘」がテーマの作品。

予告動画

秋日和の主な出演者

三輪秋子(原節子)、三輪アヤ子(司葉子)、間宮宗一(佐分利信)、佐々木百合子(岡田茉莉子)、田口秀三(中村伸郎)、平山精一郎(北竜二)、後藤庄太郎(佐田啓二)

秋日和のネタバレあらすじ

【起】- 秋日和のあらすじ1

7回忌を迎えた三輪の法事に集まった学生時代の友人平山、田口、間宮は、24歳になる三輪の娘アヤ子に縁談を持ちかけます。母親の秋子は良い人がいたら是非紹介してほしいと言いますが、アヤ子はなかなか首を縦に振りません。
田口は知人を紹介しようとしますが、妻にその話をするとその知人はすでに相手が決まっていると聞きます。そこで今度は間宮が会社の部下を紹介すると秋子に持ちかけます。
秋子は話を進めようとアヤ子に伝えますが、写真を見る前に断ってほしいと言います。好きな人がいるのかと秋子が問うと、「まだお嫁に行きなくない、今のままお母さんと暮らす」と言います。
秋子はそんな娘を心配する反面、嫁に行ってしまうことが寂しいという思いも感じています。

【承】- 秋日和のあらすじ2

アヤ子が間宮の元を訪れた際、偶然にも縁談を断った相手・後藤に会ってしまいます。後藤は、アヤ子の会社に杉山という学生時代の友人がいると教えます。
同僚の結婚祝いに会社の仲間とハイキングへ出かけるアヤ子。そこで杉山から改めて後藤を紹介すると言われます。アヤ子と後藤の進展を知った間宮は、平山、田口と共にどうにかしてアヤ子を後藤と結婚させようします。
そこで母親の秋子が再婚すればアヤ子も素直に結婚するのではないかと考え、妻を亡くした平山に秋子と結婚するのはどうかと言い始めます。
平山は乗り気になったものの、秋子に再婚の意思を確認しに行った田口から、再婚の意志は全くないことを聞いた間宮は、アヤ子を呼び出し、秋子が再婚したら結婚するかと問い、平山と秋子の縁談について口を滑らせてしまいます。

【転】- 秋日和のあらすじ3

帰宅したアヤ子は、父親のことを忘れてその友人と結婚することが汚らわしいと言って秋子を責めます。全く身に覚えのない話に驚く秋子を見て、まだ自分に隠していると勘違いしたアヤ子は怒って部屋を飛び出してしまいます。
同僚の百合子の家へ行き事の顛末を話しますが、秋子の再婚は喜ばしいことだと賛成する百合子にもまた怒ってしまいます。結局家へ帰ってきて、今度は母から後藤とのことを隠していると責められてしまいます。
翌日、会社でも口をきいてもらえない百合子はアヤ子の家へ行き、昨晩のことを秋子に話します。百合子は、秋子が再婚すればアヤ子はお嫁に行くと言いますが、秋子が本当に再婚話を知らないと分かると間宮たち三人に事の真相を確かめに行きます。
そこで秋子とアヤ子二人とも結婚すれば良いという意見で一致します。

【結】- 秋日和のあらすじ4

秋子とアヤ子は叔父の旅館へ行きます。叔父は母娘二人とも結婚が決まったことを喜び、特に秋子のことは心配していたと言います。
叔父が去った後、秋子は平山との縁談を断るつもりだと打ち明けます。亡き夫と共にずっと生きていく、アヤ子が好きな人と幸せになることを願い、それで自分のことを忘れてしまっても構わないと言い、それを聞いたアヤ子は堪らずに泣き出してしまいます。
二人最後の旅行は楽しかったと秋子は涙ぐみます。後藤とアヤ子の披露宴の後、百合子がアパートに来ます。アヤ子が美しかったこと、秋子のような母がいて本当に幸せだということ、今後も時々秋子の家に遊びに来ることを伝えて帰っていきます。
百合子が帰ってアパートで一人になった秋子は、がらんとした部屋で一人静かに微笑みます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「秋日和」の商品はこちら