「約三十の嘘」のネタバレあらすじ結末

約三十の嘘の紹介:2004年公開の日本映画。トワイライトエクスプレスの車内を舞台に、大金を手にした6人の詐欺師がおりなす、嘘と真実と駆け引きを描いた作品。いずれも実力派の、豪華なキャストでかためられている。

予告動画

約三十の嘘の主な出演者

志方大介(椎名桔平)、宝田真智子(中谷美紀)、佐々木健二(妻夫木聡)、久津内守(田辺誠一)、横山宏紀(八嶋智人)、今井優子(伴杏里)、車掌(田中耕二)、タクシーの運転手(徳井優)

約三十の嘘のネタバレあらすじ

【起】- 約三十の嘘のあらすじ1

志方、宝田、佐々木、久津内は、かつてよくチームを組んで大金を稼ぐ詐欺師でした。志方は年に5億以上稼ぐと言われたカリスマ詐欺師です。しかし3年前チームが解散するような出来事が起こりました。
詐欺師たちが集う喫茶店に、手品が上手なボインの詐欺師・今井が働いていました。詐欺師たちはチームに今井と、今井が連れて来た須藤という男を加えて詐欺を行います。今井のボインぶり(?)に志方、久津内はメロメロで、志方と恋人関係にあった宝田(胸小さめ)はやきもきしました。ちなみに佐々木はそんな宝田に思いを寄せています。
詐欺は成功し大金が手に入りましたが、直後に今井と須藤が大金と共に姿をくらませました。 この映画を無料で観る

【承】- 約三十の嘘のあらすじ2

今井と須藤に大金を騙し取られたショックで志方は腑抜けとなり、宝田は志方と別れて去りました――。
その詐欺師仲間が3年ぶりに、久津内の招集によって集まりました。志方、宝田、佐々木、久津内に加え、現在は宝田と組んで仕事をしている横山という男が初参加です。
初参加の横山に、メンバーはいい顔をしません。宝田と横山が交際していると思った佐々木は、嫉妬から特に冷たく当たります。志方は抜け殻状態のままで、始終のど飴を噛んでいました。
久津内は北海道行きのトワイライトエキスプレス内で、作戦内容を明かしました。北海道でパーティを開き、そこで偽の羽毛布団を1組30万円で500組売るというものです。

【転】- 約三十の嘘のあらすじ3

売り上げは1億5千万円です。乾杯する一同に、久津内は今井参加も告げました。今井も車両に乗っていたのです。
ボイン・今井登場に色めく男性陣とは対照的に、宝田は仏頂面ですが参加を認めました。
…詐欺は成功しました。打ち解けた一同は、帰りの車中で乾杯します。
純利益7千万円の入ったスーツケースを前に「恒例の儀式」が始まりました。
鍵のかかったスーツケースを1人が持ち、残りの5人が鍵を持ちます。鍵は1つが本物で残りは偽物です。仲間で仕事をしている「確認」の儀式でした。
詐欺で最も貢献した横山がスーツケースを持ち、残りの5人が鍵を持ちました。
さて、その横山は今井を口説き、金の持ち逃げを提案します。 この映画を無料で観る

【結】- 約三十の嘘のあらすじ4

そこへ久津内が現れ、横山を追い払い、今井に牧場経営を持ちかけます。
別室では横山と宝田が恋人同士ではないと知った佐々木が、宝田を口説いていました。その隙を縫って志方が今井に忍びよります。
結局、今井が独りで持ち逃げします。
本当は今井&志方が持ち逃げする予定でした。しかし…。
3年前に志方が腑抜けになった本当の理由は、志方に愛想をつかした宝田が一度だけ佐々木と肉体関係を結んだことを知ってショックを受けたからでした。それを知った宝田は今井に、独りで逃げてくれと頼みます。
今井は大金を手にしましたが、その顔は晴れません。車中では持ち逃げされた5人が悔しがりながらも、早速次の作戦を練っていました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「約三十の嘘」の商品はこちら