「素晴らしき哉、人生!」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

素晴らしき哉、人生!の紹介:1946年製作のアメリカ映画。監督はフランク・キャプラ。アメリカでは不朽の名作として、毎年クリスマスにTV放映されるヒューマンドラマ。日本公開は1954年。

この映画を無料で観る

予告動画

素晴らしき哉、人生!の主な出演者

ジョージ・ベイリー(ジェームズ・ステュアート)、メアリー・ハッチ(ドナ・リード)、ヘンリー・ポッター(ライオネル・バリモア)、クラレンス(ヘンリー・トラヴァース)、ビリー・ベイリー(トーマス・ミッチェル)、ジョージの母親(ボーラ・ボンディ)、アーニー(フランク・フェイレン)、バート(ワード・ボンド)

素晴らしき哉、人生!のネタバレあらすじ

【起】- 素晴らしき哉、人生!のあらすじ1

天国では神様たちが話し合いをしています。ジョージ・ベイリーという男性は今夜がヤマで、彼は自ら命を絶とうとしていました。そこで、半人前の天使であるクラレンスがジョージを救うべく、彼の人生を振り返ります。
ジョージは幼い頃、弟のビリーを助けるために冬の湖に飛び込み、片耳の聴覚を失います。数週間後回復したジョージは、アルバイト先の薬局で店主が不注意で毒薬を渡そうとしたところを止めたりもしました。
そして大きくなったジョージは、長年の夢だった世界一周旅行に出ることを決意します。ところが、父親の突然死によって夢を失ってしまいます。父親は街の貧しい人たちに低金利で住宅を用意して、尊敬の念を集めていました。ジョージはビリーが大学を卒業したら会社を譲ることにして、4年間社長を務めることになります。
一方で、町一番の金持ちである銀行家のポッターは、ジョージを目の仇にして事あるごとに圧力をかけてきました。

【承】- 素晴らしき哉、人生!のあらすじ2

ところが大学を卒業したビリーは、大工場主の娘と結婚して、工場を継ぐ約束をしてしまっていました。これによって、ジョージの世界一周旅行の夢は完全に失われます。
やがてジョージは、幼馴染みのメアリーと結婚します。豪華な新婚旅行に出発しようとした矢先に、世間を混乱させていた世界恐慌の魔の手が忍び寄ります。ジョージの会社で取り付け騒ぎが発生し、メアリーの提案で旅費の5000ドルを貧しい人々に分け与えて、その場をしのぎます。
こうして新婚旅行はできなくなりますが、2人は幸福な結婚生活を送り、4人の子どもに恵まれます。会社の業績も着々と上がっていき、それに焦りを見せたポッターはジョージを懐柔しようと企みますが、彼は断固拒否します。

【転】- 素晴らしき哉、人生!のあらすじ3

やがて時代は第二次世界大戦に突入し、ジョージは耳の障害によって徴兵を免れます。
海軍飛行将校として従軍したビリーは、殊勲を立てて大統領に表彰されます。しかしその騒ぎに紛れて、会社の金8000ドルを紛失してしまいます。実はその金はポッターの手に渡っており、彼はそれを隠してジョージを脅迫します。さらに、会社に会計検査官が現れ、ジョージは資金隠しの罪で逮捕される状況にまで追い込まれます。
絶望したジョージは、家族に当たり散らして家を飛び出し、橋の上から身投げしようとします。それより早く一人の老人が身投げして、ジョージは彼を助けるために川に飛び込みます。クラレンスと名乗る老人は、自らを2級の天使と称して、ジョージの自殺を止めるためにやってきたと話します。 この映画を無料で観る

【結】- 素晴らしき哉、人生!のあらすじ4

おかしなじいさんだと思うジョージですが、クラレンスに今までの自分の人生がいかに不幸であったかを話し、この世に生まれてこなければよかったともらします。するとクラレンスは、ジョージの望み通り彼の生まれてこなかった幻の世界へと連れて行きます。
そこではビリーが幼い頃湖に落ちて他界し、バイト先の店主は殺人罪で逮捕され、街ではポッターがボスとして君臨し、会社はとうに倒産していました。そして愛するメアリーも自分の存在を知らず、ジョージは絶望します。
ジョージはクラレンスに元の世界に戻りたいと懇願し、現実に戻ると真っ先に我が家に帰ります。家ではクリスマスパーティーの支度が整っており、ジョージは子どもたちを抱きしめて、メアリーを探します。
彼女はジョージを心配して町中の人々に助けを求めていました。そして、大勢の人々が寄付金を持って家に押しかけ、ジョージが人生の幸福を実感する場面で、物語は幕を閉じます。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

多くの人は現状に満足できず、「自分の人生がもっとこうだったら」と考えてしまうのではないでしょうか(自分もそういう人間です……)。ですが、ジョージのようにもっと苦しい状況を知ったときに、初めて自分の「今」をありがたく感じたりします。人に親切にすると必ずいいことがあるということも教えてくれる、感動的な作品でした。

映画の感想を投稿する

映画「素晴らしき哉、人生!」の商品はこちら