「細雪(1983年)」のネタバレあらすじ結末

細雪(1983年)の紹介:1983年公開の日本映画。谷崎潤一郎の文学作品を基に、市川崑が監督を務める。三女の縁談を中心に、四人姉妹のそれぞれの一年間の出来事を、四季折々の風物を絡めながら描く。

細雪(1983年)の主な出演者

蒔岡鶴子〔長女〕(岸惠子)、蒔岡幸子〔次女〕(佐久間良子)、蒔岡雪子〔三女〕(吉永小百合)、蒔岡妙子〔四女〕(古手川祐子)、辰雄(伊丹十三)、貞之助(石坂浩二)、悦子(若林味香)、富永の叔母(三宅邦子)、東谷(江本孟紀)、奥畑(桂小米朝)、板倉(岸部一徳)、三好(辻萬長)

細雪(1983年)のネタバレあらすじ

【起】- 細雪(1983年)のあらすじ1

蒔岡家は大阪・船場(せんば)で旧幕時代からの由緒を誇る商家でした。しかし四姉妹の父親が放縦な経営をしたために家運が衰え、現在は斜陽族と成り果てています。
蒔岡の四姉妹は、上から「鶴子」「幸子」「雪子」「妙子」で、鶴子と幸子は嫁いでいます。三女・雪子は美人なのですがなぜか縁遠く、四女・妙子は始終恋愛事件を起こしては、姉たちをあわてさせました。
昭和13年、春。四姉妹と幸子の夫・貞之助は京都嵯峨の料亭へ花見に行きました。その席でも問題になるのは、三女・雪子の縁談話です。
今度の縁談話は長女・鶴子が反対しており、次女・幸子はあせっていました。

【承】- 細雪(1983年)のあらすじ2

実は5年前にある騒動がありました。
四女・妙子が船場の貴金属商人・奥畑の息子と駆け落ちしたのですが、その事件が新聞沙汰になってしまいます。
しかも、当初の新聞には間違って三女・雪子の名が記されたのでした。
本家で鶴子の夫・辰雄が奔走して名前を消すようにと記事を出す手配をすると、今度は四女・妙子の名前がよりいっそう注目される形になってしまいます。
この騒動以来、妙子も雪子も、分家にあたる幸子の家に身を寄せました。幸子は兵庫県芦屋に住んでいました。
騒動を起こした張本人・妙子は、今では奥畑との愛も冷めてしまっています。

【転】- 細雪(1983年)のあらすじ3

他の姉たちの心配もよそに、懲りない妙子は、現在は写真家・板倉に思いを寄せていました。
ところが板倉は、中耳炎をこじらせて亡くなってしまいます。妙子は深く悲しみました。
その一方で、三女・雪子は見合いばかりさせられています。
長女・鶴子の夫・辰雄が持ってきた銀行員や、幸子の女学校時代の友人・陣場夫人の紹介で水産技官・野村や、はては幸子の行きつけの美容院のマダム・井谷の紹介で製薬会社の副社長・橋寺と、次々に見合いを重ねます。しかしどれも雪子にはぴんとこない相手でした。
辰雄に東京赴任の話が来て、鶴子は動揺します。

【結】- 細雪(1983年)のあらすじ4

マダム・井谷が家族の子爵の孫・東谷との縁談を雪子に持ち込みました。東谷と会った雪子は、好印象を持ち、縁談の席で初めて微笑みます。
その頃、妙子は新たな恋に走っていました。板倉の死後、酒場通いをつづけた妙子は、バーテンダー・三好に押しかけ同棲したのです。
幸子の夫・貞之助が会いに行くと、三好は好青年で、妙子自身も今度はまじめに人生を考えているようで、姉たちは安心します。
長女・鶴子は東京に行く決意をしました。雪子も東谷との縁談がまとまります。
冬。大阪駅で他の姉妹たちが見守るなか、鶴子と辰夫夫妻は汽車に乗り、東京に向けて旅立ちました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「細雪(1983年)」の商品はこちら