「美しき棘」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

美しき棘の紹介:2010年公開のフランス映画。少女と大人の狭間で揺れ動く17歳の心理と心情をリアルに描いた作品。ルイ・デリュック賞新人賞を受賞した作品で、「グランド・セントラル」のレベッカ・ズロトヴスキ監督の長編映画デビュー作。主演は「007 スペクター」でボンドガールの一人を演じたレア・セドゥ。彼女は今作でセザール賞の新人女優賞にノミネートされた。

この映画を無料で観る

予告動画

美しき棘の主な出演者

プリューデンス(レア・セドゥ)、ソニア(アナイス・ドゥムースティエ)、マリリン(アガト・シュレンカー)、レナード(ギョーム・グイ)、フランク(ジョアン・リベロー)、フレデリック(アンナ・シガレヴィッチ)、デルフィーヌ(マリー・マテロン)

美しき棘のネタバレあらすじ

【起】- 美しき棘のあらすじ1

プリューデンスは、もうじき17歳になる女の子です。父は海外にいて、姉のフレデリックは母が亡くなった悲しみから帰ってきません。
万引き犯として聴取されることになったプリューデンスの元に、同級生のマリリンも連れて来られます。マリリンはこっそりプリューデンスのバッグに商品を入れて帰ります。
プリューデンスはブラックリストに入れられて帰ることになります。テレビを見ていると、バイクで危険な遊びをしているグループの映像を見ます。そこにはマリリンが映っていました。
ある日、マリリンを尾行して声をかけます。プリューデンスの家は誰もいなくて、好き放題できるので自宅に誘います。
プリューデンスは、もしもバイクで遊んでいる人達の所に連れて行ってくれるのなら、合鍵をあげることを約束します。 この映画を無料で観る

【承】- 美しき棘のあらすじ2

早速行こうとすると、フレデリックが帰ってきてしまいます。いとこの家に行ったプリューデンスは、いとこのソニアと一緒に男の子の話しをします。
他にもソニアの父と兄弟の口喧嘩や、フレデリックと胸の大きさの話しなどをします。
ソニアの両親が寝静まったのを確認して、プリューデンスはソニアと一緒にバイクで遊んでいる人達の場所へ行こうとします。
しかし、優等生のソニアは途中でバスから降りて帰っていきます。一人向かったプリューデンスは、マリリンから連中に紹介してもらいます。
お酒やジュースを飲んだ後、眠ろうとするとマリリンと彼氏がエッチしている声を聞きます。翌朝、マリリンから女になったと知らされます。
プリューデンスは、ソニアの髪を染めてあげることにします。多めの時間で試した結果、ソニアの髪は金髪になります。ソニアは怒ってしまいます。

【転】- 美しき棘のあらすじ3

自宅にバイクで遊んでいる人達を招いて、パーティーを開きます。プリューデンスはレナードとキスをして、その後バイクの後ろに乗ってファミレスに行きます。
バイクの話しをしている皆を見た後、海に行くことになります。自宅に帰ってきたプリューデンスは、フレデリックに怒られます。
家の中はパーティーの後で散らかっていました。フレデリックとは直ぐに仲直りして、彼女から母のいない家が辛い事を聞きます。
バイク好きな連中の中の一人、フランクが母とスーツを選びに来ているのをプリューデンスは見ます。
その後、彼の職場に行ってキスをします。そのまま盛り上がって、職場で抱き合おうとします。しかし、誰かがいるのに気づいて、今夜のコンサートについて話して次の場面です。

【結】- 美しき棘のあらすじ4

仕事まで数時間ある事から、プリューデンスはフランクとホテルに行くことにします。愛し合う二人でした。
目が覚めたプリューデンスは、フランクの母が食事をしているのを見つけます。少し話した後、フランクの母はプリューデンスを抱きしめます。
今日で17歳のプリューデンスに、フレデリックからプレゼントが用意されていました。引き出しを開けると、お金が入っていました。
皆と映画館に行きますが、プリューデンスは先に帰ろうとします。それにフランクが怒ってきます。
一人、プリューデンスは皆がバイクで帰っていくのを見ます。フランクは後ろにマリリンを乗せて去っていきます。
その後見たのは、フランクが事故を起こして動かない姿でした。傍らでマリリンや彼の母が泣いています。
自宅にいたプリューデンスは、耳の不自由な母が帰ってきて驚きます。そしてベランダにでて、母の形見の補聴器をつけてエンディングです。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

この映画の気になる場面は、最後のプリューデンスの母が帰ってきたシーンです。亡くなってなかったのか、それともプリューデンスの妄想なのかとても気になります。
今作は、10代の少女の複雑な心情を上手に描いています。言葉よりも、表情や行動で現している所がGoodです。
そんな作品の魅力を引き立てているのは、やはりプリューデンスを演じたレア・セドゥです。彼女は「美しいひと」「イングロリアス・バスターズ」「アデル、ブルーは熱い色」「007 スペクター」に出演している有名な方です。
そしてこの作品では、「カワサキ」や「ホンダ」などのバイクが登場します。バイク好きな方には、車種の名前がふと浮かび上がったりと興味深い映像が流れます。
最後まで見終わって、はっきりとした何かではなく、空気や雰囲気といったものを重視して描いている印象の作品でした。そして母を失った悲しみが何より伝わる作品でした。

映画の感想を投稿する

映画「美しき棘」の商品はこちら