「舞妓はレディ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

舞妓はレディの紹介:2014年公開の日本映画。舞妓に憧れる少女が一人前の舞妓になるべく修業に奮闘する姿を描いた作品。周防正行監督が脚本も手がけた。タイトルはオードリー・ヘプバーン主演の『マイ・フェア・レディ』のもじりである。

この映画を無料で観る

予告動画

舞妓はレディの主な出演者

西郷春子(上白石萌音)、京野法嗣(長谷川博己)、千春(富司純子)、百春(田畑智子)、里春(草刈民代)、豆春(渡辺えり)、富さん(竹中直人)、高井良雄(高嶋政宏)、西野秋平(濱田岳)、市川勘八郎(小日向文世)、赤木裕一朗(妻夫木聡)、北野織吉(岸部一徳)

舞妓はレディのネタバレあらすじ

【起】- 舞妓はレディのあらすじ1

京都の娯楽街・下八軒では舞妓がたった一人しかいない状態でした。その唯一の舞妓・百春もトウが立っており、本人も芸妓になりたがっています。
節分の夜、お化け(舞妓や芸妓が年に1度仮装をするお祭りのような儀式)の最中に、下八軒のお茶屋(舞妓や芸妓を呼んで客に飲食させる店)・万寿楽を少女・春子が訪れます。
春子は女将・千春に舞妓希望だと言いました。しかしその春子の訛りはひどいものです。
たまたまその場に居合わせた言語学者・京野(センセ)は、春子の訛りが「鹿児島弁と津軽弁のいずれもネイティブ・スピーカーから生み出されたもの」と看破しました。
女将・千春は春子を追い返します。 この映画を無料で観る

【承】- 舞妓はレディのあらすじ2

ゴキブリさん(お茶屋の裏側に出入りして、客として金を払わずに芸妓や舞妓と接する者という意)であるセンセと老舗呉服屋の社長・北野は賭けをします。
訛りのきつい春子を一人前の舞妓に仕立てればセンセの勝ちで、これからのセンセのお茶屋の勘定はすべて北野が負担するというものです。しかしセンセが負けた場合には、センセは下八軒に出入り禁止となります。
北野のはからいで、春子は万寿楽の仕込み(舞妓の見習い)となりました。
春子は京大学のセンセの研究室で直々に京都弁を勉強しつつ、一方で舞妓修業として礼儀作法、唄や舞いの稽古を猛特訓します。
舞いは比較的ましでしたが、春子は特に京言葉に苦労しました。

【転】- 舞妓はレディのあらすじ3

舞妓三大必須単語「おおきに」「すんまへん」「おたの申します」の抑揚すらあやしく、「京都の雨はたいがい盆地に降る」も春子は訛りまくります。
必死に指導するセンセに、春子は恋をしました。芸の稽古も必死で「気張ります」。
しかし、センセの助手・西野に「君はセンセに利用されている」「舞妓は似合わない」と言われ、春子はショックで声が出なくなりました。周囲の皆は春子をいたわったり、叱咤したりします。
西野は芸妓と政治家の間にできた隠し子で、自分の生い立ちを憎んでおり、春子にその矛先を向けてしまったのでした。
センセは春子に「自分は鹿児島出身で、訛りを直すために言語学者になった」と言い、春子を慰めます。

【結】- 舞妓はレディのあらすじ4

春子は声も出て、芸や言葉も上達し、京言葉をマスターします。
そして1年後、春子は「小春」としてお店出し(舞妓デビュー)しました。北野の席で立派に舞妓として振る舞い、春子は認められます。
実は春子の母は万寿楽の芸妓・一春でした。しかし春子の両親は春子が幼い頃に事故で他界し、以後春子は祖父母に育てられます。若い頃の一春を知る万寿楽の人たちは、春子の正体を見抜いていました。
センセが嘘-鹿児島出身ではなく東京人-をついたと知った春子は、声が出ない振りをして仕返しします。
センセは賭けに勝ち、自由にお茶屋に出入りできます。そして春子は小春として舞妓をしながらも、やっぱりセンセが好きだと悟るのでした。

みんなの感想

ライターの感想

幼い頃に亡くした母の足跡をたどり舞妓を目指す女の子、小春の物語。タイトルからもわかるように、全編を通してマイフェアレディへのリスペクト、オマージュにあふれています。
特徴的なのが長谷川博己演じる大学教授とのデュエットにあるあの「京都の雨は大概盆地に降るんやろうか?」という歌詞。なんだかおかしな歌詞にも思えますがこれはマイフェアレディの中にある「「スペインの雨は主に平原に降る。」という歌詞のオマージュなのです。こんなところにも周防監督の映画愛が感じられますね。とにかく主演の上白石萌音ちゃんのいじらしさ、チャーミングさがたまりません!
最初に彼女が歌い始めるシーンはなんと一発撮りとのこと。可愛い顔で度胸がある。まさに主人公小春そのものですね。

ライターの感想

米国の映画”My Fair Lady ’を下敷きに作ったパロディー映画。
京都出身の人がこの映画を観ると「舞妓の世界は困難じゃない」と思うかもしれないがあくまでもパロディーなのでご愛敬。映画の中で舞妓さん、芸妓さんの身に着けている着物はやはり一級品。衣装・小物・髪型などに注目してみても楽しいと思う。あと、京都の街並みはやはり美しく雰囲気が味わえる一作となっている。

映画の感想を投稿する

映画「舞妓はレディ」の商品はこちら