「蝉しぐれ」のネタバレあらすじ結末

蝉しぐれの紹介:2005年公開の日本映画。藤沢周平の長編小説を、黒土三男監督が15年費やして映画化した。下級武士の父との絆や、幼馴染へのせつない思いを四季折々の風景に重ねて繊細に描きだした作品。

この映画を無料で観る

蝉しぐれの主な出演者

牧文四郎(市川染五郎)、ふく(木村佳乃)、牧助左衛門(緒形拳)、登世(原田美枝子)、島崎与之助(今田耕司)、小和田逸平(ふかわりょう)、小柳甚兵衛(小倉久寛)、ます(根本りつ子)、矢田作之丞(山下徹大)、石栗弥左衛門(利重剛)、相羽惣六(矢島健一)、おとら(渡辺えり子)

蝉しぐれのネタバレあらすじ

【起】- 蝉しぐれのあらすじ1

牧文四郎は海坂藩の下級武士である、牧助左衛門の息子です。
15歳になる文四郎は、隣の家に住む幼馴染・ふくに思いを寄せていました。ふくも文四郎のことが好きです。
しかしある日、父・助左衛門が城の世継ぎ問題に巻き込まれ、対立する家老・里村左内に切腹を命ぜられました。助左衛門は死に、罪人の家族として家禄(給料のようなもの)は減らされ、文四郎は母・登世とともに辛い生活を強いられます。
さらにひそかに文四郎と思いを通わせるふくが、藩主の正室(正式な奥様)・寧姫に仕えるため江戸に向かうことが決まりました。ふくは旅立ちの前の日に文四郎と会おうとしますが、かないませんでした。 この映画を無料で観る

【承】- 蝉しぐれのあらすじ2

数年の時が経過します。
文四郎は父・助左衛門を死に追いやった仇である里村によって、名誉回復が言い渡されました。家禄も元に戻され、文四郎は村回りの職に就きます。
文四郎はある日、学問の修業を終えて江戸から戻った友人・与之助から、ふくの話を聞きました。
ふくはその後、藩主の手がつき側室(正式ではない妻、お妾、愛人)となり子を身ごもりますが流産し、再び藩主の子を妊娠・出産して今は欅御殿と呼ばれるところへ身を隠しているそうです。1回めの流産は、世継ぎ問題での何者かによる陰謀ではないかと与之助は言いました。
文四郎とふくの住む世界は、すっかり違ったものとなっていました。

【転】- 蝉しぐれのあらすじ3

里村は文四郎に、ふくが生んだ息子を欅御殿からさらってこいと命令します。文四郎は何かの策略だと理解しながらも、逆らうことができません。
文四郎は友人・逸平と与之助とともにふくのところを訪れ、事情を説明して欅御殿から脱出するよう言いました。そしてふくの息子を一時、預かります。
その後、文四郎と逸平は、欅御殿に乱入した里村の手下の刺客を倒します。そして文四郎はふくとその息子を連れ、家老・横山又助のところへ急ぎました。ふくと息子は横山家に身を寄せます。
文四郎は藩主の息子を助けた手柄を評価され、家禄が増えました。

【結】- 蝉しぐれのあらすじ4

それからさらに数年後。藩主がこの世を去りました。
藩主の他界によって、ふくは出家して尼となることを決意します。
尼になる前に、ふくは文四郎に文(手紙)をしたため、文四郎を呼びました。
訪れた文四郎に、ふくは「文四郎様のお子が私の子で、私の子が文四郎様のお子である道は、なかったのでしょうか(私と文四郎様が結婚する道はなかったのか)」と問います。
文四郎は「そうすることができなかったのが、それがし(私)の生涯の悔いです」と言い、初めて互いの気持ちを確認しました。
文四郎とふくは、結ばれない身を抱えながら、再び別れました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「蝉しぐれ」の商品はこちら