「遙かなる山の呼び声」のネタバレあらすじ結末

遙かなる山の呼び声の紹介:1980年公開の日本映画。1970年の『家族』、1972年の『故郷』、1980年の『遙かなる山の呼び声』の、民子三部作と呼ばれる作品の第三作。警察に追われる男と、牧場を切り回す母子の出会いと別れを描く。

この映画を無料で観る

予告動画

遙かなる山の呼び声の主な出演者

田島耕作(高倉健)、風見民子(倍賞千恵子)、風見武志(吉岡秀隆)、近藤(渥美清)、勝男(武田鉄矢)、佳代子(木ノ葉のこ)、虻田太郎(ハナ肇)、虻田次郎(神母英郎)、虻田三郎(粟津號)、田島駿一郎(鈴木瑞穂)、獣医(畑正憲)、隣家の主婦(杉山とく子)、刑事(園田裕久)

遙かなる山の呼び声のネタバレあらすじ

【起】- 遙かなる山の呼び声のあらすじ1

北海道東部の根釧原野の中標津は、酪農が盛んな町でした。
〔春〕
中標津に住む風見民子は、夫・精一を亡くした後、ひとりで幼い息子・武志を育てていました。この地域の他の家と同じく、農場を経営しています。
牛飼いの仕事は女手だけでは大変でした。
激しい雨の夜、謎の男・田島が民子宅を訪れ、納屋に泊まります。その夜、牛のお産を手伝った田島は、翌朝去ります。
民子は息子・武志に礼金を渡すよう言い、武志は田島を追って、断る田島に無理に渡しました。その時、田島は武志の父が他界したことを知ります。
〔夏〕
再び田島が民子宅に来ました。隣家の娘・ひとみが民子を手伝っていましたが、男手が欲しい民子は雇います。 この映画を無料で観る

【承】- 遙かなる山の呼び声のあらすじ2

田島は名乗った後、納屋で寝起きしながら働き始めました。
寡黙ですがよく働く田島は、民子の家の即戦力となります。武志も田島になつきました。
しかし田島には謎が多く、民子は決して警戒を緩めようとしませんでした。
民子に懸想する近所の北海料理店店主・虻田が、民子を手籠めにしようとします。田島はそれを制止しました。
虻田は怒って兄弟を集め、太郎、次郎、三郎の虻田3兄弟は田島に決闘を申し込みますが、あっけなくやられます。
それがきっかけで、虻田3兄弟は田島を「兄貴」と慕うようになりました。
腰を痛めた民子が入院し、その間に武志はすっかり田島になつきます。民子も徐々に田島を信用し始めました。

【転】- 遙かなる山の呼び声のあらすじ3

〔秋〕
地元の人たちの楽しみ「草競馬」の季節です。田島は民子の馬で出場し、優勝しました。
その場に刑事の姿を見た田島は、その夜、民子にすべてを打ち明けました。
田島には妻がいましたが、高利貸しから金を借りて返せなくなった妻は自殺しました。葬式の席で妻をののしった高利貸しを田島は衝動的に殺してしまい、警察から追われていたのです。
田島の話に民子はショックを受けました。
民子たちに迷惑をかける前に、田島は去ろうとします。しかし急に牛の具合が悪くなり、獣医の診察を受けますが予断を許さない状況で、民子は田島にそばにいてくれと頼みました。田島は留まります。
翌朝警察が訪れ、田島は自首しました。

【結】- 遙かなる山の呼び声のあらすじ4

〔冬〕
田島は傷害致死として4年の実刑が言い渡されます。
網走刑務所に向かう列車に、田島は乗っていました。
民子と虻田はそれを見つけ、近くの席まで移動しますが、民子は話しかけることができません。
機転を利かせた虻田は、虻田と民子が会話をするという形で民子の近況を話して聞かせ、酪農をやめて武志と新たな生活を始めたこと、田島の出所を待っていることを聞かせました。
その話を聞きながら涙を流す田島に、民子は黄色いハンカチを渡しました(この黄色いハンカチは、1977年公開の『幸福の黄色いハンカチ』を踏まえ、想起させるための演出だと思われます)。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「遙かなる山の呼び声」の商品はこちら