「間宮兄弟」のネタバレあらすじ結末

間宮兄弟の紹介:2006年公開の日本映画。江國香織の同名小説を、個性派俳優・佐々木蔵之介と人気お笑いコンビ、ドランクドラゴンの塚地武雅の2人で映画化。仲良し兄弟と彼らの周囲の人々の日常をハートフルに描いた作品。

予告動画

間宮兄弟の主な出演者

間宮明信(佐々木蔵之介)、間宮徹信(塚地武雅 ドランクドラゴン)、葛原依子(常盤貴子)、本間直美(沢尻エリカ)、本間夕美(北川景子)、大垣賢太(高嶋政宏)、安西美代子(岩崎ひろみ)、浩太(佐藤隆太)、大垣さおり(戸田菜穂)、玉木(横田鉄平)、間宮順子(中島みゆき)

間宮兄弟のネタバレあらすじ

【起】- 間宮兄弟のあらすじ1

東京の下町で、間宮兄弟は暮らしていました。
兄・明信はビール会社の商品開発研究院で、弟・徹信は小学校の校務員をしています。
2人とも30歳を超えているのですが仲が良く、いっしょに野球観戦をしたり映画鑑賞をしたり、自分たちの好きな世界で、楽しく暮らしていました。しかし女性に全く興味がないわけではありません。
ある時、徹信は兄・明信にカレーパーティをしようと持ちかけました。
徹信は学校の教員・依子を、明信は馴染みのビデオ屋でバイトをしている大学生・直美を誘います。 この映画を無料で観る

【承】- 間宮兄弟のあらすじ2

当日、カレーは「チキン」「ビーフ」「シーフード」の3つのルーを用意し、花も活け、準備は万端でした。
2人の女性にカレーは好評で、モノポリーも盛り上がり、パーティはつつがなく終わります。しかし依子にも直美にも恋人がいて、ちょっと残念でした。
…夏休み。間宮兄弟は母・順子と祖母が暮らす実家・静岡に帰省しました。間宮兄弟の実家は割にお金持ちです。
30歳過ぎであろうと、母・順子にとって息子たちはいつまでも子どもで、間宮兄弟はおこづかいをもらい、昼寝をし、海水浴を楽しみました。2人は夏休みを満喫しました。

【転】- 間宮兄弟のあらすじ3

…明信は会社の先輩・大垣から相談を受けました。大垣は会社の同僚・安西と不倫関係にあり、妻・さおりに離婚を切り出したそうです。
相談を受けたいきがかり上、明信もなんとなく大垣家の事情に巻き込まれます。大垣と妻・さおりと同席した明信ですが、離婚話は進まず、居心地の悪さに明信は「弟が待っている」と言い残して去りました。しかし帰宅すると弟・徹信はいませんでした。
弟・徹信はその日の夜、ぼったくりバーに行っていて、コーヒー牛乳2本で10万円請求されていました…。
明信はビデオ屋のバイト店員・直美をデートに誘いますが、断られます。直美には彼氏がいるからです。 この映画を無料で観る

【結】- 間宮兄弟のあらすじ4

直美に彼氏がいることを徹信が黙っていたのを知った明信は、怒って徹信をコインランドリーまで呼び出しました。徹信はそんな兄に対し「これからもずっと一緒に暮らそう」と慰めます。
明信は怒りの矛先を交わされてもやもやしますが、その時の徹信の反応から、徹信が直美の妹・夕美を好きだと知りました。明信はそれまでの怒りも忘れ、弟・徹信をからかいます。
直美と妹・夕美は間宮兄弟の女版といったところでした。いつまでも姉妹一緒でいいのかとぼやく直美に、夕美は「間宮兄弟はあの年でもいつも一緒だよ」と答えます。
(エンディング)クリスマス。徹信が出したお誘いメールに、夕美は色良い返事をしたようです…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「間宮兄弟」の商品はこちら