「闇の子供たち」のネタバレあらすじ結末

闇の子供たちの紹介:2008年公開。タイを舞台に人身売買や少女売春といった闇を描いた作品。監督・脚本は「亡国のイージス」「北のカナリアたち」の坂本順治。江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市など豪華キャストが出演。タイを駐留していた新聞記者の南部に、人身売買の情報が流れてくる。取材を進めていくうちに、子供が生きたまま臓器提供をさせられていることに気づく。調べを進める南部にマフィアの手が…。

闇の子供たちの主な出演者

南部浩行(江口洋介)、音羽恵子(宮崎あおい)、与田博明(妻夫木聡)、梶川克仁(佐藤浩市)、梶川みね子(鈴木砂羽)、清水哲夫(豊原功補)、チット(プラパドン・スワンバン)、ナパポーン(プライマー・ラッチャタ)

闇の子供たちのネタバレあらすじ

【起】- 闇の子供たちのあらすじ1

タイの村でヤイルーンという少女が親に売られて、チェンライの売春宿に連れて来られます。その後、妹のセンラーも売られてやってきます。
タイに駐留している新聞記者の南部は、隠し撮りで捕まった与田と面会します。その後、会社に戻ると日本の同僚から人身売買の情報を得ます。
その頃、音羽恵子はNGOのタイの児童福祉センターに働きにやってきます。タイの実情を調べるため、日本からやってきました。
南部は酒場の主人から人身売買の仲介人を紹介してもらいます。仲介人から生きたまま臓器を提供する話しを聞きます。
提供者の家族や本人には一切知らされません。料金も仲介業者と医師が全て持っていきます。
恵子は福祉センターの人達と勉強しに来なくなっていたアランヤーの親に会いに行きます。親は仕事だと言って彼女とは会わせてくれませんでした。
南部は福祉センターを訪れます。何か情報があれば協力すると話し合いをします。 この映画を無料で観る

【承】- 闇の子供たちのあらすじ2

売春によってヤイルーンはエイズに感染します。マフィア達にゴミ袋につめられて捨てられます。ゴミ捨て場で気づいたヤイルーンは家まではって行きます。
チェンライで売春させられているアランヤーは客からペンを借りて手紙を書きます。その手紙が福祉センターに届きます。
福祉センターの職員達はチェンライでボランティアをしているゲーオと協力します。乗り込みますが、アランヤーを救い出せず、殴られます。
恵子の上司は南部に協力を求めますが、取材との違いで救い出すことには協力できないと言われます。
恵子は日本に行くように指示されます。臓器提供を闇ルートで買っているのは日本人だったので、止めにいくように言われます。
南部は日本の支部に呼ばれて、恵子と向かいます。最初に人身売買の情報を得ていた清水と二人は合流します。
闇ルートで心臓移植を頼んでいる梶川夫妻の家に乗り込みます。夫妻は死にかけている息子を助けるためには仕方ないと言います。
恵子が感情をぶつけて帰ることになります。3人はスナックで飲みますが、黙って見過ごすことのできない恵子はタイに戻ることにします。南部と清水は仕組みを切り取らないと意味がないと何もできないでいました。

【転】- 闇の子供たちのあらすじ3

南部と清水は梶川夫妻から紹介された仲介人を探しに行きます。しかし、殴られるだけでした。
福祉センターの職員達は警察に手紙を見せていました。それだけでは証拠不十分でしたが、職員のレックが話をつけて捜査が始まります。
そんな折、レックが恵子の上司を送っていくと何者かに殺されます。恵子はチェンライでゴミステーションを見張ることにします。
ヤイルーンは家に到着しますが、エイズが悪化して死亡します。村で火葬されます。
恵子の上司はチラシを配って、少女売春やレックを殺した犯人を住民に訴えかけます。数日後に集会が開かれることになります。
ゴミステーションを見張っていた恵子はゴミ袋に詰められたアランヤーを見つけます。病院に運んでアランヤーは一命をとりとめます。
南部は記者志望の与田を釈放して写真を撮る事をお願いします。病院に心臓移植させられる子供が来たときにシャッターを押すよう頼みます。
二人はバーで飲みます。酔っぱらった南部が路地裏で吐いているとマフィアと裏切者の警察官が脅してきます。南部は脅しに屈せず調べを進めます。 この映画を無料で観る

【結】- 闇の子供たちのあらすじ4

与田は南部の部屋で男の子の写真を見つけます。南部は今は会ってない息子だと話します。
手術の10日前になって、梶川夫妻の子供が空港にやってきます。その後、病院に運ばれていきます。与田は写真を撮ります。
南部は酒場の主人に協力してもらって手術日の日取りを明確に知ります。その日を狙って作戦を開始します。
酒場の主人がゴミ収集の仕事のふりをします。マフィア達は健康的なセンラーを心臓移植提供者として病院に連れてきます。
酒場の主人の協力により、ベストな位置で与田は写真を撮って帰ります。タイに残った南部は銃声を聞きます。
福祉センターの集会が行われていました。そこでゲーオが実はマフィアの手先であることが分かります。
ゲーオと仲間達は銃で警官を殺していきます。銃撃戦になって市民達は怯え逃げます。南部がかけつけて、恵子に日本に帰るように勧めます。恵子は逃げないと言います。
フラッシュバックした南部は倒れ込みます。警察はチェンライの売春宿に乗り込みます。子供達は助かります。
南部は自殺します。与田と清水が遺品整理をしていると、子供を暴行したり虐待したりする殺人鬼の記事が大量に出てきます。そして、南部の子供は娘でした。写真の男の子は救えなかった子なのだと考えます。
最後にヤイルーンとセンラーが楽しそうに川遊びをしている映像が流れてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は人身売買や少女売春といった恐ろしい闇の部分を描いています。お金のために子供を売る親や、自分の欲望を満たすために子供を利用する大人達の、非情で悲しい姿が映像として映しだされています。未来ある子供達の命を何とも思わないこと、子供達の人生を踏みにじるこのような事をしてはならないことを伝えてくれます。
自分達のことしか考えてないマフィアに一発かましてやった宮崎あおいの蹴りが印象に残ります。ゴミステーションで見張っていて、アランヤーを助け出そうとするとマフィアの一人が殴ってきます。そのマフィア相手に棒で足を殴った後に宮崎あおいが金的に蹴りをくらわすシーンはナイスキックと拍手です。
妻夫木聡の演技も印象に残りました。新聞記者になるために面接を受けても落ち続けている与田の役を上手に、かつ自然に演じているのが素晴らしく思えました。江口洋介との協力して写真を撮る場面や、マフィアに脅された場面には思わず見入ってしまいます。
全体を通して、人間の闇を上手に描いている印象の作品です。出演者も錚々たるメンバーですので演技も素晴らしく、エンディングまで見続けてしまうこと間違いなしです。

    ばらさんの感想

    最後のオチは、南部も男の子を買って性的な事しているモンスターで自殺したんだよね

映画の感想を投稿する

映画「闇の子供たち」の商品はこちら