「闇金ウシジマくんPart2」のネタバレあらすじ結末

闇金ウシジマくん Part2の紹介:金に困った客に違法な金利で貸し付けするカウカウファイナンス。あのウシジマくんがスクリーンに帰ってきた!ドラマシリーズに続き映画もPart2という続編!本作には,ウシジマの幼馴染であり情報屋である戌亥役に綾野剛他,菅田将生,窪田正孝などイケメン俳優が続々登場する。

この映画を無料で観る

予告動画

闇金ウシジマくんPart2の主な出演者

丑嶋馨(山田孝之)、戌亥(綾野剛)、高田(崎本大海)、江崎(やべきょうすけ)、加賀マサル(菅田将生)、愛沢浩司(中尾明慶)、愛沢明美(木南晴夏)、神咲麗(窪田正孝)、藤枝彩香(門脇麦)、犀原茜(高橋メアリージュン)、蝦沼(柳楽優也)

闇金ウシジマくんPart2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①新人ホスト・麗はナンバーワンになるため彩香に貢がせる。彩香は闇金で借金しAV出演、後に風俗で働く。麗は彩香のストーカーに殴られて顔に傷を負い、ホストを辞めて焼鳥屋で働く。 ②未成年のマサルは暴走族の愛沢のバイクを壊してカウカウファイナンスで働くことに。仕事に慣れて油断して来始めたマサルを丑嶋が解雇するが、マサルは根に持つ。愛沢は別の闇金・犀原に借金しており、金が必要だった。愛沢とマサルは共謀して丑嶋を襲うが失敗、愛沢は交通事故の保険金で借金を支払うことになった。マサルは2度目の襲撃も失敗し、さらに丑嶋から多額の借金をふっかけられた。

【起】- 闇金ウシジマくんPart2のあらすじ1

丑嶋馨(うしじま かおる)は東京都新宿で『カウカウファイナンス(COW COW FINANCE)』という、闇金融業の社長をしている若い男です。
丑嶋の会社では「10日で5割(通称・トゴ)」「ギャンブルの借金には1日で3割(通称・ヒサン)」という法外な金利をつけていましたが、それでも一般の消費者金融で借金をできない人物が借りにきます。
…若い男・神咲麗(かんざき れい)は、『CLUB AIR』で働く新人ホストです。店では大成(たいせい)が不動のナンバーワンホストで、大人気でした。
いっぽうの麗は、勤務して3か月が経過するのですが、まだ1人も指名が取れない状態です。
困った麗は頼み込み、遠方にいる母・節子を呼んで自分を指名してもらいました。同僚は笑いますが、大成はそのくらいのことをする気概を持てと、他の新人ホストに言います。
ある日麗は、ゲームセンターでゲームをする少女・彩香(あやか)と出会いました。彩香は高校を中退して現在は喫茶店のウエイトレスをしています。
彩香の店では、金に困った男の妻が包丁を出して騒ぎました。騒動で落ちた5円玉を「5円でも大事なお金」と彩香は拾って男に渡します。
彩香の家庭は、リストラされた無職の父と、世間体を気にする母と冷たい姉がいます。ツイッターで毎日退屈だと彩香は洩らしました。
劣悪な環境で働く日雇労働者の男・蝦沼が彩香に一目ぼれをし、ストーカー行為に走ります。彩香は気づきません。
蝦沼は気軽に彩香を誘った同じ店の店員のリュックに、使用済コンドームを投げ入れる嫌がらせをしました。
ある日店の前を通りかかった彩香が、麗を指名しました。彩香は麗に将来の夢を聞かれますが、困ります。かつては美容師をと思っていたのですが、今は目標がないのです。
美容師の話を聞いた麗は、自分の母が元美容師だったから道具一式やるよと告げました。そして2人で夢を叶えようと彩香に言います。
感激した彩香は「麗の夢は私の夢だよ。一緒に夢を追おう」と返しました。
そんな折、麗の母・節子が自殺します。麗のために上京して指名してくれた母は、故郷で孤独を抱えており、風呂場にこもって練炭自殺をしていました。
母・節子の死をきっかけに、麗は「死ぬ気でホストに打ち込む。ナンバーワンになってみせる」と強く思います。中年女性の牧子に気に入られた麗は徐々に順位を上げ、気づけばナンバー2にまでのぼりつめていました。
麗はナンバーワン目指して指名を取ろうと必死になります。彩香にも客として来いと頼みました。
彩香はウエイトレスの仕事だけでは麗のホストクラブの金が支払えません。援助交際まがいのこともしますが、大金は手に入りませんでした。
家出した彩香は麗の家に転がり込み、未成年なので消費者金融で借金もできず、闇金のカウカウファイナンスに借金します。
彩香は割のいい仕事を紹介してもらい、18歳になったら即AV出演ということまでしました。
彩香が450万円を用意し、麗はナンバーワンにのぼりつめました。
しかし「彩香、来月も頑張ろうぜ。続けてナンバーワンを取れなきゃカッコつかないからな」と言われた彩香は、終わりが見えないことに疲れます。 この映画を無料で観る

【承】- 闇金ウシジマくんPart2のあらすじ2

…加賀マサルは母と2人暮らしの未成年の男です。母はパチンコ中毒で、カウカウファイナンスから借金をしていました。
マサルはいつも男仲間2人と街をぶらぶらしています。ある時、コンビニの前でキーがついたままのバイクを見つけ、3人乗りをして遊んで事故を起こし、バイクを壊してしまいます。
そのバイクは地元で『愛沢連合』を名乗る暴走族の総長・愛沢浩司のものでした。愛沢はマサルを懲らしめようとし、マサルはナイフで愛沢の腹を刺しましたが、愛沢の腹がぷよぷよだったため、たいした怪我は追いません。
愛沢はマサルをカウカウファイナンスに連れていくと、バイクの修理代で200万の借金をさせようとしました。しかし丑嶋に「貧乏、無職、未成年、貸さない」と言われます。
マサルが「ここで働かせてください」と土下座をし、丑嶋が試すことにしました。
マサルはカウカウファイナンスで頑張って働きます。コツも掴めて「楽勝」と思い始めたマサルは「債務者はゴキブリ」という発言をし、丑嶋は危険だと判断しました。
丑嶋はマサルの母を事務所に連れてくると、借金のカタに全裸になれと要求します。
マサルが勘弁してくれと懇願すると、マサルをクビにしました。「仕事が分かってきて債務者の怖さをなめていると、今に痛い目に遭う」という配慮で丑嶋はクビにしたのですが、マサルは根に持って、丑嶋への復讐を考えます。
手始めに債務者に作らせた名義の通帳を買い取り、今まで学んだノウハウを活かして、カウカウファイナンスの顧客に金を貸しました。
パチンコ屋の前で金貸しをしている現場を愛沢に見られ、愛沢に金を巻きあげられそうになります。
しかし幼馴染みの情報屋・戌亥に調べさせた丑嶋に先に手口を見破られ、脇田大介名義の口座に入金した債務者の金を、引き出されていました。
愛沢が必死になっているのには理由がありました。愛沢も200万円の借金があるのです。
カウカウファイナンスではなく、闇金融ライノー・ローンの経営者・犀原茜からでした。犀原は同業者の丑嶋を目の敵にしています。
愛沢の妻・明美は赤ん坊がいながら、気分転換にとホストクラブに通っていました。愛沢はメンバー(中学生も4人いる)におごるため金が必要です。
架空口座はすぐ引き下ろすのが鉄則なのに、それを知らず口座に置いていたままだったマサルを責めた愛沢は、マサルの頭にビニール袋をかぶせて殺そうとしました。
部屋で窒息死しそうになっていたマサルを柄崎が助けますが、カウカウファイナンスの顧客名簿を借用して営業妨害をしたとして、慰謝料として300万円を丑嶋に請求されます。マサルが出せないので借金扱いし、10日で5割の利息がつきます。
丑嶋への怒りを募らせたマサルは、自分を殺そうとした相手・愛沢と組んで、丑嶋から金を奪おうと考えました。
給料は現金払いなのを知るマサルは、カウカウファイナンスの給料日には、柄崎か元ホストの従業員・高田が金を引き出しに行くと踏み、待ち伏せする作戦を愛沢に打ち明けます。
愛沢はヤクザが隠している銃を手に入れました。

【転】- 闇金ウシジマくんPart2のあらすじ3

…その少し前。
丑嶋は若琥会の経理を牛耳っているヤクザ・熊倉のアニキに、300万円貸してくれと頼まれていました。そんなには貸せないと丑嶋は断りますが、熊倉に取り入りたい犀原が割りこんできたため、話がうやむやになります。
熊倉はうやむやになった隙に、300万借りることを押しとおしました。
…カウカウ給料日。
マサルと愛沢は拳銃以外にもスタンガンなどの武器を携え、前夜にカップルが乗っていた車をカップルごと拉致し、中学生も連れてカウカウファイナンスを見張ります。
そして銀行から出てきた高田と柄崎をスタンガンで襲い、車中にひきずりこみました。ところが2人とも現金を持っていません。
互いの居場所が分かるよう、カウカウの社員はGPSで辿れるようにしていました。マサルは高田と柄崎の携帯の電源を切らせます。
高田が持っていた通帳には500万円が入っていました。最後の手段として暗証番号を聞き出し、出金しようと考えましたが、高田も柄崎も暗証番号は知らないと言います。
2人から連絡がないので、丑嶋は戌亥に調べさせました。もし警察に身柄を拘束されている場合は、家宅捜索が入るおそれもあるので、オフィスの片付けをして受付&事務の女性・摩耶に、潜伏するよう指示します。
愛沢とマサルはあせっていました。特に愛沢は15時までに犀原に金を用意しないとならないので、困ります。
高田がマサルと愛沢に「社長に知らせないと、盗難と思われてカードが止められるぞ」と言い、2人は別室で相談します。高田の言うとおりだとは思いつつ、なぜ高田が親切なことを言い出すのか、真意を測りかねていたからです。
高田の思惑は別にありました。警察に身柄を拘束されていると丑嶋が思った場合、顧客名簿をシュレッダーにかけている可能性があるからです(事実、丑嶋はこの時顧客名簿をシュレッダーで処分していた)。
警察ではないと早く連絡しないと、闇金の大事なデータの顧客名簿が失われるおそれがありました。
愛沢とマサルが別室で相談している間に、高田はマサルの仲間に「このままじゃ誰か死ぬ。前科者になるぞ。携帯の電源を入れて逃げろ」と言います。マサルの仲間は怯えて電源を入れました。
高田のGPSが機能したことで、丑嶋は警察に身柄を確保された疑いを消します。
さらに高田は、戻って来て「やっぱり電話しない」と言うマサルと愛沢に言っている振りをして、『ラブホテル クロスロード』と居場所を大きな声で言いました。
携帯の電源が入って通話ボタンが押されているのを知った2人は、ホテルの部屋の電話が鳴ってびびります。丑嶋にすべてのたくらみがばれたと思い、慌てて逃走しました。
逃走する車両に、戌亥が発信器をつけます。
愛沢とマサルは、丑嶋を直接襲って現金を奪おうと考えました。300万円を持って熊倉に会いに行く丑嶋を見つけた2人は、ビルの中に入って分担します。
マサルがブレーカーを落として柄崎に電話をかけさせ、その着信音を頼りに愛沢が拳銃で襲いかかり、丑嶋から金を奪う段取りです。
会場では熊倉の誕生パーティーが開かれていました。ブレーカーを落として停電させても、サプライズでケーキが持ち込まれるのかと思われます。実際にケーキも運ばれてきました。

【結】- 闇金ウシジマくんPart2のあらすじ4

マコトに脅された柄崎は、丑嶋ではなく熊倉に電話しました。その着信音を聞いて愛沢が発砲して相手を組み伏せますが、電気がついた時、丑嶋が自分を見下ろしているのを見て驚愕します。
愛沢が組み伏せていたのは、熊倉でした。愛沢はカチコミ(ヤクザが殴りこむこと)と勘違いされ、身柄を拘束されます。
柄崎は逃げ、高田も戌亥に車から救出されていました。
…愛沢は犀原に生命保険をかけられていました。幹線道路の脇の歩道に立ち、犀原に「車道に出て車にダイブしろ」と強要されます。
踏み出せずにいる愛沢に、丑嶋から電話がありました。
愛沢の妻にも同じことをすると発言した丑嶋の言葉を聞き、愛沢は「丑嶋と犀原は、人の頭をめがけてフルスイングできる人間(自分はそこまではできない)。こいつらは別世界の人間だ」と観念し、車道に出て車に轢かれます。
丑嶋は嘘をついていました。戌亥経由で愛沢の保険の話を聞いた丑嶋は、妻ではなく愛沢に保険をかけていました。これで損害金の回収ができます(愛沢の妻は無傷)。
…彩香のところへストーカーが踏み込み、麗を金属バットで殴ります。そこへ丑嶋が彩香の5万円分の利息を回収に現れ、ストーカーの蝦沼をフルスイングで倒しました。その後きっちり彩香から利息を取ります。
部屋に落とした5円を見て、丑嶋は「5円でも大切な金だろう(冒頭の喫茶店のシーンをふまえて)。それ拾わなきゃやり直せないぞ」と彩香に言います。
…麗は顔に傷を負い、ホストを辞めました。彩香とも別れて、焼鳥屋で真面目に働きます。焼鳥屋で串を焼かせてもらいながら、麗は母のことを思い出し「俺、また人を喜ばせられるようになれるかな」と泣きます。
同じ焼鳥屋で呑んでいた丑嶋は、戌亥に「ホストが光輝く時間は短い。それよりも、女の闇の方が深い」と言いました。
トラックに突っ込んだ愛沢は、重体ですが命は取り留めました(お腹ぷよぷよなので、マサルに刺された時も軽傷だった)。
彩香は残りの借金を返すため、『エロリアーノ ビヨンド』という風俗店で働きます。
何度も懲りずに借金する朋子(注:本業は看護師だが、ファーストシーズンではモコとして借金完済。その後また借金して今度はモナコという名で働いている)がそこで働いていました。
「闇金ってクズね。生きてる意味ないじゃん。私もだけど」と言う彩香に、丑嶋は「死ぬ意味も分かんねえんだ」と答えます。
彩香はそれでも自分の意思で考えて行動し始めたので、近々借金を返済しおえそうな気配です。
借金を回収し終えた丑嶋&高田&柄崎が歩いていると、マサルが銃を持って現れました。ちょうど柄崎が5円を拾った時に発砲したので、柄崎は弾に当たりません。
丑嶋はマサルに「借金300万、損害金350万、延滞金100万、柄崎を殺そうとした慰謝料25万、合計800万円の借金だ」と告げます。
マサルは「絶対お前を超えてやるからな」と丑嶋に言いますが、「利息400万円、じゃまた10日後」と返されて、歯噛みしました(返す当てはなし)。
(エンド後)懲りない男はまた借金をして虫歯の治療をしないとならない(ウソ)と言う。丑嶋が落ちた5円玉を拾い、輪ゴムで勢いをつけて5円玉で男の歯を折って「で、虫歯は何本?」と聞く。
〝ヤミ金は犯罪です。
(もちろん、気に入らない人のカバンにこっそり変なモノを入れたり、人の頭めがけて金属バットをフルスイングすることなども、絶対にあってはならないことです。)
命に代わる借金はありません。ひとりで悩まないで、ご相談を。〟

みんなの感想

ライターの感想

5円押しだったなあ…(笑)。
個人的には、テレビドラマでも時々出てくる「丑嶋と戌亥の駄菓子屋でのツーショット」これが大好き!
うまい棒っていうの? あれおいしいのかな(私は食べたことがないのだ)。
ホストクラブのこともよく知らないんだが、麗はナンバーワンになった時に大金は得られなかったんだろうか。
もし得ていたら、その金で彩香の借金返済すればいいのに…と思ったんだけど。
複数の話が並行して描かれるこの作品。なかなかに見ててしんどい。
次の映画は第3弾、ファイナルと続く。ハイテンションでキープして、納得ゆくラストにしてほしいな。

映画の感想を投稿する

映画「闇金ウシジマくんPart2」の商品はこちら