「闇金ウシジマくんdビデオpoweredbyBeeTVスペシャル前編スーパータクシーくん」のネタバレあらすじ結末

闇金ウシジマくん dビデオ powered by BeeTVスペシャル 前編の紹介:2014年製作の日本テレビドラマ。真鍋昌平による同名漫画を原作とし、2010年より毎日放送(MBS)で制作・放送されたドラマ『闇金ウシジマくん』の映画版『闇金ウシジマくんPart.2』公開を記念して、原作でも人気の高い「スーパータクシーくん編」を完全実写化!

この映画を無料で観る

予告動画

闇金ウシジマくんdビデオpoweredbyBeeTVスペシャル前編スーパータクシーくんの主な出演者

丑嶋馨(山田孝之)、柄崎(やべきょうすけ)、高田(崎本大海)、神戸摩耶(久保寺瑞紀)、諸星信也(秋山竜次)、今井宏志(きたろう)、新庄祐紀(千葉雄大)、木村マコ(神楽坂恵)、佐々木美沙(岩佐真悠子)、根杜実(栁俊太郎)

闇金ウシジマくんdビデオpoweredbyBeeTVスペシャル前編スーパータクシーくんのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①KYタクシー運転手・諸星は変態の域になるほどの極度の女好き。カウカウファイナンスの利息返済に困った今井に誘われて、諸星は今井の相保証となる。 ②今井が都市伝説の妖怪「710円童子」を乗せ、交通事故を起こしたために、今井の借金も諸星が背負うことに。諸星は相保証として新入りの新庄を連れていった。

【起】- 闇金ウシジマくんdビデオpoweredbyBeeTVスペシャル前編スーパータクシーくんのあらすじ1

丑嶋馨(うしじま かおる)は東京都新宿で『カウカウファイナンス(COW COW FINANCE)』という、闇金融業の社長をしている若い男です。
丑嶋の会社では「10日で5割(通称・トゴ)」「ギャンブルの借金には1日で3割(通称・ヒサン)」という法外な金利をつけていましたが、それでも一般の消費者金融で借金をできない人物が借りにきます。
カウカウファイナンスには、丑嶋と同い年の幼馴染みで最凶の取り立て人・柄崎、元ホストのイケメン男性・高田、事務の若い女性・神戸摩耶が働いています。
〔第1話〕
ある夜、カウカウファイナンスのメンバーで呑み会をしました。丑嶋の到着が遅れ、柄崎、高田、摩耶の3人で先に呑み始めます。
早くも酔い始めた摩耶は、柄崎の女好きに言及しました。「自分の本心に向き合っているだけましじゃねえか」と柄崎は言い訳のように言います。
話題は債務者の話になりました。債務者の中にタクシードライバーが占める割合が多いことを摩耶が指摘します。
柄崎が過去の話を始めました。昔、まだ丑嶋と柄崎の2人だけで会社を立ち上げた頃に、あるタクシードライバーの男がいました。
その男はとんでもなく女好きで、最後にはとんでもない地獄に堕ちていったそうです。
高田と摩耶に催促されるまま、柄崎はその男のことを話し始めました…。
…諸星信也は株式会社KYタクシーの運転手をする、中年男性です。バブルの頃はホストを経営していたのですが、支援者が他界して倒産し、2000万円の借金を背負いました。
その時の借金の債権は暴力団に売られ、支払えない諸星は暴力団に拉致監禁されたのですが、逃げて事なきを得ました。その際、逃げられた組員の男・根杜実は、諸星を逃がしてしまった代償として顔に傷を負わされます。
その後、諸星はうさんくさい時計販売の仕事をして、年収1000万を超えるほど儲けました。蒲田のキャバクラに通った諸星は、そこで知り合った高卒の女性・美沙とできちゃった結婚をしますが、すぐ離婚します。
離婚後は元嫁・美沙に毎月8万の子どもの養育費を支払っていました。
諸星は極度のナルシストで、かつ女好きでした。世の中にいる若い女性は皆、自分のために存在していると妄想するほどです。
KYタクシーの事務所の裏手にあるマンションの若い女性を「私のモーニング娘」と勝手に呼び、彼女がベランダに出てくる朝には、上半身裸でわざと体操をします。 この映画を無料で観る

【承】- 闇金ウシジマくんdビデオpoweredbyBeeTVスペシャル前編スーパータクシーくんのあらすじ2

また事務所に勤務する若い女性・エミちゃんがお化粧をするのは、自分のためだと思っています。エミちゃんがチークや口紅の色を変えると、いち早く気づきます。
諸星のタクシー仲間は3人いました。
1人はかつて大阪でタクシー運転手をしていたのですが、トラブルで関東に流れてきた今井という男性。
1人は離婚後、女手ひとつで小学生の娘を育てている木村という女性運転手。
1人はまだ若い新庄という男性です。新庄には妻子がおり、家と車のローンに追われていました。
タクシー業界は不況です。客の数に比較して圧倒的にタクシーの車の数の方が多く、運転手は会社に課せられた毎月のノルマをこなすのに必死でした。
ノルマを果たさないと歩合が減らされるので、諸星は借金してまでも何とかノルマにのせようとします。
締め日に勤務を頑張ろうと思った諸星ですが、最初に乗ったOL客は初乗り運賃710円の範囲で降り、しかも会計時に万札を平気で出してきます。
信号で止まると客に文句を言われます。かといって逆らうと、「苦情出すぞ」とアンケート用紙をふりかざして叱られます。
タクシー会社にとっての客は「顧客」ではなく「運転手」のような状態でした。
夜の部になっても、まだ諸星は売り上げを達成できずにいました。流しで銀座や六本木、池袋をうろつきますが、客を乗せられません。
その時、女性の若い酔っ払いが諸星のタクシーを止めました。狛江市まで指定した女性客に、諸星は喜びます。狛江まで運ぶと、売り上げが6000円は突破するからです。
ところが客は狛江に着くと、「金がない」と言って諸星に身体で払うと言い出しました。一度は断った諸星ですが「私に恥かかせないで」と言われ、ホテルに連れ込んで性交渉に及びます。
同じ頃、同僚の今井はノルマが達成できそうにないので、柄崎に電話をかけて借金を頼みました。
柄崎は「条件次第で貸してやってもいい」と今井に言い、ある条件を提示しました。これが諸星の地獄の第一歩だったのです…。
〔第2話〕
柄崎が今井に出した条件は「相保証(あいほしょう)となる相手を連れて来い」というものでした。もう1人借金をする相手を連れてきて、互いの保証人になるというものです。
諸星は狛江の女性に運賃を払ってもらう代わりに身体を提供され、運賃6000円とホテル代7000円の持ち出しになりました。それでも女好きの諸星は満足していました。

【転】- 闇金ウシジマくんdビデオpoweredbyBeeTVスペシャル前編スーパータクシーくんのあらすじ3

翌朝、同じタクシー仲間・薄木から1万円借りて、諸星はノルマ達成という形を取ります。今井は柄崎から金を借りられなかったので(相保証の相手をまだ見つけていない)、ノルマを達成できませんでした。
同僚に借金をしておきながら、諸星が考えるのは週末の「秘密のパーティー」のことでした。出会い系サイトで知り合った「まみりん」に買春を持ち掛けられているのです。
タクシー会社に入ったばかりの新庄の歓迎会が開かれます。
ところが、夜勤明けの諸星、今井、木村はいつものようにスーパーで食材を仕入れ、外での呑み会でした。みじめな歓迎会に怒って新庄は帰りましたが、実はこれはKYタクシーでは当たり前の光景でした。
夜勤明けの朝7時に開いている飲み屋がないというのと、金銭的なゆとりがないという理由で、外呑みするのがKYタクシーではまかり通っているのです。
そのまま今井と呑んだ諸星は、安くて若い女性がいる店に誘われます。「俺が何とかする」と言われてついていきますが、会計の段になって今井は「何とかすると言っただけで、おごると言ったわけではない」と言いました。
そして所持金が心もとない諸星に、カウカウファイナンスを紹介します。今井は諸星を相保証に引き込むため、店に誘ったのでした。
柄崎は相保証の前に諸星の素性を調べ上げており、職場、実家すべて確認しており、実家が持ち家で母親と2人暮らしだと把握しています。
そして今井と諸星の口に長いゴムを咥えさせ、「片方が飛ぶとこうなる」と今井にゴムを離させました。ゴムは諸星の顔に当たって痛い思いをします。
片方が飛んだら(逃げたら)もう片方に倍のツケが回るという意味です。
今井は諸星に「闇金は違法な業者だから、借りるだけ借りてバックレればいい」と甘い言葉を囁きました。諸星も軽い気持ちで金を借ります…。
〔第3話〕
ところで東京のタクシー業界には、ある都市伝説がありました。妖怪「710円童子(しちてんどうじ)」というものです。
それはドライバーに災いをもたらすといわれるものでした。年齢不詳なのですがやや幼い子どもらしき童子がタクシーに乗り込むと、小銭で710円(タクシーの初乗り運賃)を出して「行けるところまで行って」と言うのです。
その客を乗せたタクシーは、その後必ず事故を起こしたり、客とトラブルになったりするというものでした。タクシー業界では有名な話で、皆それを恐れています。

【結】- 闇金ウシジマくんdビデオpoweredbyBeeTVスペシャル前編スーパータクシーくんのあらすじ4

木村は新入りの新庄に、その話をしました。さらに今井が違法な客引き行為をして大阪にいられなくなり、東京に流れてきたことも話し「今井とは、あまり関わらない方がいい」とアドバイスします。
その今井に災難が降りかかりました。「710円童子」を乗せてしまったのです。
710円童子は少女でした。小銭を置いて「これで行けるところまで行って」と言うと、後はプレートに書かれている今井のフルネームを呟き続けます。
恐ろしさに拒否できない今井は童子を乗せました。その後、今井は交通事故を起こして入院します。
呑気な諸星は、狛江の客に呼ばれていそいそと乗せていました。彼女はタクシー代金を払わない代わりに、身体で支払ってくれるので、女好きの諸星はうきうきします。
その夜も女性は身体で支払うと言い、諸星は喜んでそれを承諾しました…。
〔第4話〕
次の日、諸星は今井が事故に遭遇して重体だと新庄から聞かされます。新庄は車とローンの返済に追われ、消費者金融に借金していました。
同じタクシー会社の仲間として、見舞い金2000円を包んだ諸星は、会社の代表として今井に渡しに行きます。合計73000円です。
今井の病院に行く途中に、諸星は丑嶋と柄崎に捕まりました。借金の利息の取り立てです。
相保証をしていた諸星は、今井の尻ぬぐいのためにジャンプ(利息の返済を1回待ってもらうこと)をお願いしました。
丑嶋は諸星に「あんた、おもしれー顔してんな」と言うと、ジャンプの代わりに条件を出してきました。相保証としてもう1人連れてこいというものです。
今や今井の借金も自分が支払うことになった諸星は、見舞い金を着服すると、相保証の相手を探し始めました。
その時に、新庄が消費者金融から借金をしているのを知った諸星は、新庄をひそかに狙います。
同じ頃、病院に入院している今井のところへ、柄崎が行きました(この時に話した内容は『後編』で明らかになる)。
利息の返済日が迫る諸星は、すっかり外で呑むことに慣れた新庄に近づき、今井が諸星に言った言葉「闇金は違法な業者だから、借りるだけ借りてバックレればいい」をかけて誘います。
そして新庄を連れて柄崎の元へ行き、新庄にカウカウファイナンスに借金させました。ゴムパッチンの説明を受けながら、まだ諸星はお気楽に考えていました…(『闇金ウシジマくん dビデオ powered by BeeTVスペシャル 後編』につづく)。

みんなの感想

ライターの感想

確かに原作の中でも人気が高いと言われるだけあって、話が面白い!
テレビドラマ版でもときどき出てくる、タクシー運転手の債務者。
タクシー業界って大変なんだろうなあと思わせるひと幕。
「絶対にそっち選択したら駄目でしょ」という展開を、主人公・諸星がどんどん見せる。
ロバート・秋山が好演。なんとも気味が悪い男を演じてる。

映画の感想を投稿する

映画「闇金ウシジマくんdビデオpoweredbyBeeTVスペシャル前編スーパータクシーくん」の商品はこちら

「闇金ウシジマくんdビデオpoweredbyBeeTVスペシャル前編スーパータクシーくん」と同じカテゴリの映画