「闇金ドッグス」のネタバレあらすじ結末

闇金ドッグスの紹介:2015年公開の日本映画。ヤクザの親分から足を洗い、闇金稼業で成り上がろうとする主人公を中心に、裏金融の世界を描く人間ドラマ。出演は、「ストロボ・エッジ」の山田裕貴、「さんかく」の高岡奏輔、「トウキョウソナタ」の津田寛治、「リアル鬼ごっこ」の冨手麻妙。

この映画を無料で観る

予告動画

闇金ドッグスの主な出演者

安藤忠臣(山田裕貴)、日向良夫(古澤裕介)、姫野えりな(冨手麻妙)、ジロウ(大賀太郎)、松本舞香(紗綾)、須藤司(青木玄徳)、大山彦組員(市オオミヤ)、良夫の母(稲川実代子)、沢村清志(津田寛治)、小中高志(高岡奏輔)

闇金ドッグスのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①若くして大山彦組の傘下の組長をしていた忠臣は仲間の裏切りでカタギになることに。金貸しの闇金・高志の債権回収方法を見よう見まねで真似し、闇金融業を営むことに。 ②アイドル『けろリズム。』の姫野えりなの追っかけをするニート・良夫は、解散が嫌で借金して貢ぐ。えりなと良夫両者の借金を清算するため、良夫は母をひそかに殺し生命保険金で支払った。

【起】- 闇金ドッグスのあらすじ1

東京都、都心部。
安藤忠臣は若くして、大山彦組系の小さな組の親分でした。
ある日、同じ兄弟組の破門された舎弟・ジロウをかばったことで窮地に立たされた忠臣は、兄弟組に手切れ金300万円を包み、ジロウにも「カタギになれ」と言って金を渡して去ります。自分もヤクザから足を洗うつもりでした。

カタギになった忠臣は、いつも金を借りていたサンキュークレジットの小中高志に会いに行きます。忠臣は高志に、50万円の借金がありました。
忠臣に対し、それまでの高志は組長として丁寧に挨拶し、利息なども取っていませんでした。ただ毎回「煙草ある?」とせがむだけです。
ところが忠臣がカタギになった途端、高志は態度を豹変させます。「うちはトイチ(10日で1割の利子)だから、55万円返却しろと言います。
「ヤクザ崩れなんてシャブ売るかヒットマンくれえだろう」と言う高志は、ルーズなホスト・須藤司の100万円分の金銭借用書を見せて「この債権を50万円で買わないか」と提案しました。
もし買うと忠臣は100万円の借金を背負うことになります(「追い貸し」という、追加で融資すること)が、もし司から今日中に回収すれば、借金の返済が可能になります。
面白いと思った忠臣は、高志の提案を受け入れました。そして司を捕まえて、高志の事務所に連れてきます。
忠臣としては「マグロ漁船に乗せる」ことを考えていました。しかし高志に「時間がかかるだろう」と一蹴されます。
仕方がないから9掛け(元値の9割)で買ってやると高志が言い、司の借用書を45万円で売った忠臣は、なぜ債権を買い戻すのかと質問しましたが、高志は答えませんでした。
代わりに、目の前でそのテクニックを披露します。

中年女性・宝条富貴恵を呼んだ小中は、司に「こいつと結婚しろ」と言いました。司は嫌がりますが、高志はからくりを説明します。
結婚して宝条の籍に入れば、須藤司は「宝条司」となり、別の名前になります。
そしてすぐに宝条司名義で、ありったけの消費者金融と闇金から金を借りて来いと言いました。午後5時までです。
というのも、金融業界では横のネットワークがあり、情報が伝わるのが早いのです。明日以降は借りられなくなる可能性が大なのです。
婚姻届に判子をついて宝条司になった司は、できるかぎりの消費者金融と闇金で金を借りて完済しました。
完済して喜ぶ司に、高志は「10万借りていくか?」と聞いて、また金を貸します。
完済し終えてしまうと、相手から金をむしれなくなる、むしり取れる限り使うというのが高志の考えでした。
横で見ていた忠臣は、やっと理解します。自分もこのままいくと完済しないかぎり、借金100万円を背負ったまま、10日に10万円の利子を支払い続けねばならなくなるのです。
手元には現金45万円(司の借用書を9掛けで売った現金)があります。
そこから5万円(最初の、元本50万円の利子5万円)を抜き取った高志は、残り40万円を見て「それを元手にして、なにか新たな事業をやればいい」と言いました。
忠臣も見よう見まねで、高志のように闇金を開業しようと考えます。 この映画を無料で観る

【承】- 闇金ドッグスのあらすじ2

『ラストファイナンス』という名をつけ、チラシを張った忠臣のところへ、最初の客から電話がかかってきました。まだ忠臣は事務所を持っていません。個人の携帯に着信があります。
喫茶店で会った中年男性の名刺を貰うと、大手の会社・丸菱商事の丸屋宏夫と書かれていました。希望額を言われるまま、忠臣は10万円貸します。
丸屋は「普通の消費者金融で借りると履歴が残り、出世に響く」と言いました。
名刺の裏に念書を書かせ、「10日で3割(トサン)」の利子で貸し出します。
金を貸した直後から、丸屋と連絡が取れなくなりました。電話番号は「現在使われておりません」というアナウンスがかかります。
高志に名刺を見せると「偽造じゃないか」と指摘されました。そもそも新規の客には貸しても3万程度だと高志は言います。
また念書をかかせるよりも口約束の方が効果的だとも言いました。証拠が残らないから警察も動けないし、債務者が違法な金の貸し借りだと忘れやすくなると言います。
3万程度なら、相手が飛びそう(逃げそう)になった時、身柄を押さえてスマートフォンを回収し、詐欺グループに売れば元本が回収できるそうです。
簡単な仕事かと思っていた忠臣は、高志の知恵に内心舌を巻きました。
「まずは、金を貸してもいい相手か見極めろ」と言った高志は、忠臣をジャンプ(利息だけ払わせて元本は先延ばしする方法)させました。

…アイドルグループ『けろリズム。』は、売れない若手女性アイドル・姫野えりなと松本舞香の2人で構成されています。
悪徳プロダクションの社長・沢村は『けろリズム。』のコンサートのたびに、コアなファンにハッパをかけていました。次のコンサートの握手券が300枚売れないと『けろリズム。』は消滅すると宣言します。
握手券は1枚1000円です(ただチケットを売るだけだと違法にあたる? オプションとしてローションをつけている。『けろリズム。』はカエルになりたいオタマジャクシという設定なので、ぬるぬるが足りなくなると干からびて死ぬのです…)。
『けろリズム。』の姫野えりなの追っかけをしている日向良夫は、来月38歳になりますが、無職でした。母親の年金に頼って生活しています。
追っかけで母の貯金は使い果たしました。それでも『けろリズム。』消滅を避けたい良夫は、握手券100枚(10万円)を購入しようと思います。
すぐに金が必要な良夫は、忠臣に借金しました。初回は3万円と言われますが、母親の生命保険を担保にして10万円借金します。
何に使うのかと聞かれ、アイドルグループ『けろリズム。』のことを良夫は熱っぽく語りました。えりなについては、ノートにいろいろ情報を記しています。

握手会イベントは成功しました。100枚も購入した良夫はえりなに腕組みされ、永遠の心の恋人宣言をされて有頂天になります。
イベントの最後にまた沢村社長が言いました。次のコンサートでは新曲CDが発売されるそうです。

【転】- 闇金ドッグスのあらすじ3

その時までにCDが2000枚売れないと『けろリズム。』は消滅する…と言われ、良夫はたくさん買わねばならないと思いました。

良夫たちファンからも搾取していますが、沢村社長はアイドルのえりなと舞香からも搾取していました。新曲を作るたびに制作料として1人10万円ずつ徴収し、契約の更新料として50万円請求します。
それでも『恋するパッションフルーツ』、新曲の『放課後パラレルワールド』…曲が出せるのは嬉しいことなので、えりなは必死で金策に走りました。相棒の女性・舞香とも「身内に1000枚ずつ買ってもらおう」と約束しますが、金持ちの舞香と異なり、えりなは限界でした。借りられるところからは、借金しまくっています。
えりなは高志から借金していました。すでに利息だけで40万円支払わないとならない状態になっています。若い女性は男性に比べて、返せるあてがあるのです。
利息の返済に困ったえりなに、高志はえりなの追っかけ・野村に金を出させ、プレミアムプライベート撮影会を開かせました。1対1の撮影会です。
しかしえりなも合計400万円の借金を抱え、そろそろ限界でした。高志もそれを感じており、なんとか元金を清算せねばと考えます。

その頃、丸菱商事のあの偽者・丸屋を見つけた忠臣は、ジロウが忠臣をカタギにさせるためのスパイだったと知り、怒ります(忠臣をカタギにさせて、その縄張りを大山彦組の傘下の者が横取りした)。
しかし怒ってみても仕方ありません。

忠臣の債務者・良夫は『けろリズム。』存続のために追い貸し(追加で借金すること)を頼みますが、忠臣は断りました。さらに携帯代を払っていないので、良夫の携帯は通話ができなくなります。
電話が繋がらない良夫に対し、忠臣は自宅へ追いこみ(借金の催促)をかけました。良夫はイベント会場に行っていて留守で、追いつめられた良夫の母が、「(すべて悪くなったのは)あんたのせいだ」と言って包丁を握って向かってきます。
包丁を素手で握って止めた忠臣は、イベント会場へ急ぎました。

『けろリズム。』のコンサート会場で、同じファン仲間の野村からないしょの写真(大したものではない。パンチラ程度)を見せられた良夫は、急速に熱が冷めるのを感じます。
金もないので、CDは1枚も買いませんでした。野村の写真を良夫が見たことを知らないえりなが、良夫のところへ近づいてきました。良夫は「CDを買わない選択をした」と言います。
えりなはそれまで言っていた言葉を翻し、「愛ってお金で買えるよ」と言い出しました。そして良夫のためにプレミアムプライベート撮影会を開くと言います。
えりなも金に困っており、50万円で好きなポーズを取ると言いました。すぐに入用のえりなは良夫に断られると「キモヲタ」と吐き捨てて去ります。
「キモヲタ」発言された良夫は荒れて、帰り道にリュックを投げ捨てると、えりなのアパートに先に忍び込みました。

【結】- 闇金ドッグスのあらすじ4

そして緑のカエルの仮面をかぶり(仮面は部屋にあった)、ハンマーを持って帰宅したえりなに立ちはだかります。

イベント会場で良夫を見つけられなかった忠臣は、路地裏に投げ捨てられた良夫のリュックを見つけました。
その中には、以前良夫に見せてもらったえりなノートが入っています。
えりなの住所を知った忠臣は、板橋区に急ぎました。

えりなを下着姿にし、ローションを頭からかぶせた良夫は、自暴自棄になっていました。
身の危険を感じたえりなは必死で良夫に媚びますが、良夫はえりなに「フィギュアだったらフィギュアらしくしろ」と言います。
えりなの利息を回収しにきた高志が現れました。ハンマーを持ってえりなに詰め寄る良夫を見ますが、もう充分稼がせてもらったと思い、立ち去ろうとします。
そこへさらに忠臣もやってきました。高志と鉢合わせます。
えりなを不良債権呼ばわりした高志に対し、忠臣は400万円のえりなの債権を300万円で買い取りました。契約は成立します。
良夫とえりな両者の債権者となった忠臣は、良夫に「本当は愛してるんだよな、えりなのこと」と言い、えりなにも「こいつを愛してんだよな」と囁き、両者が愛し合っていることにして、良夫に「スーパーヒーローになれ」と告げます。
良夫の担保は、母の生命保険の証書です。
途中で解約することもできますが、100万円くらいにしかならないと指摘した忠臣は「最大限活用するには、どうすればいい?」と良夫に聞きます。
さらに「俺も最近知ったんだが、家族が刺しても保険金は適用されないらしい」とも漬け加えました。
(はっきりと犯行を指示したわけではない)

良夫は母のあとを尾行して、踏切にさしかかった母を突き飛ばし、電車に轢かせます。
奇しくもその日は良夫の38歳の誕生日でした。つぶれた生クリームのケーキを見た良夫は「好きなのはチョコレートケーキなのに!」と叫びます。
(良夫は母に依存して生きていたが、母も良夫のことを理解しないまま偏愛していただけか)
こうして良夫は母の死亡保険金を手に入れ、忠臣に良夫と愛するえりな2人分の借金を完済しました。
えりなは良夫に借金をチャラにしてもらいましたが、その後内緒で野村に写真を撮らせていたことがプロダクションにばれ、規約違反でクビになり、違約金500万円を請求されます…(えりな違約金500万返済の続きは映画『闇金ドッグス3』へ続く)。

忠臣の最終決断に対し、高志は「元組長のやることは、仁義もへったくれもありませんね」と嫌味を言いました。忠臣も高志への借金を完済します。
しかし完済した金を、再び忠臣は「貸せよ」と言います。新たな事業、本格的な闇金融業への軍資金にするそうです。
いつものように「煙草ある?」と聞かれた忠臣は、いつもは煙草を差し出します(あげる)が、今回は吸っている煙を高志に吹きかけて立ち去ります。
闇金のテクを知り、処世術を知った忠臣の姿を見て、高志はにやっと笑いました(煙草をたかられる人物ではなく、一歩成長したということ)。
忠臣は闇金融業の道へ入ります…(映画『闇金ドッグス2』へ続く)。

みんなの感想

ライターの感想

たぶん常に比較されるであろう、『闇金ウシジマくん』と。
『闇金ウシジマくん』を既に知っているかたにとっては、多少軽い内容かも。
今回がスタート、ということで主人公・安藤忠臣が小中高志にレクチャーされつつ、徐々に経験値を踏んでいく。
次作品からは事務所も構え、すっかり闇金業界におさまっている忠臣。
『ウシジマくん』に較べると薄い内容ではあるが、ペースが早く、たった2年でパート5までできている。
闇金ワールドが好きな人は、楽しめる内容かな。

映画の感想を投稿する

映画「闇金ドッグス」の商品はこちら