「阪急電車 片道15分の奇跡」のネタバレあらすじ結末

阪急電車 片道15分の奇跡の紹介:2011年公開の日本映画。有川浩の連作短編小説を原作とする。阪急電鉄今津線の宝塚駅と西宮北口駅間の全8駅、全長7,7km、片道15分の路線を舞台に繰り広げられる、乗客たちのエピソードを集めた物語である。

この映画を無料で観る

予告動画

阪急電車 片道15分の奇跡の主な出演者

高瀬翔子(中谷美紀)、森岡ミサ(戸田恵梨香)、伊藤康江(南果歩)、権田原美帆(谷村美月)、門田悦子(有村架純)、萩原亜美(芦田愛菜)、小坂圭一(勝地涼)、カツヤ(小柳友)、樋口翔子(高須瑠香)、披露宴の会場係(大杉漣)、遠山竜太(玉山鉄二)、萩原時江(宮本信子)

阪急電車 片道15分の奇跡のネタバレあらすじ

【起】- 阪急電車 片道15分の奇跡のあらすじ1

32歳のOL・高瀬翔子は婚約者との結婚話が進んでいる最中に、彼から別れ話を切り出されます。職場の同僚である彼は翔子の後輩を妊娠させ、その後輩と結婚すると言い出しました。翔子は婚約を白紙に戻すのと引き換えに、披露宴への招待を条件に出します。
そして元婚約者と後輩OLの披露宴に、翔子は純白のドレスを纏って出席します。披露宴で花嫁以外の者が白い衣装を着るのはタブーです。それを敢えて侵すことで、翔子は復讐を果たしたのでした。
帰途に就く翔子は自責の念に駆られ電車の中で涙を零しますが、時江が声をかけました。
白いドレスに引き出物を持つ翔子の事情を察した時江は、翔子の心意気を褒め、小林駅で休めと言います。 この映画を無料で観る

【承】- 阪急電車 片道15分の奇跡のあらすじ2

時江に救われた翔子は小林駅で途中下車し、気分一新しました。
21歳の大学生・ミサは、半同棲状態の恋人・カツヤのDVに悩まされつつも同棲を夢見ます。ある日同棲する物件を探しに行く車中で口論になり、カツヤはミサに暴力を振るって去ります。
それを見た時江の孫・亜美は恐れをなして泣き出しました。亜美に時江は「自分の意志で涙を止められる女になりなさい」と言います。それを聞いたミサはカツヤとの別れを決意しました。
関西学院大学生・圭一はパンクな装いに軍事オタク、方言が抜けず学校で浮いた存在です。同じ大学の美帆も圭一と同じ境遇で悩んでいました。
電車で出会った2人は会話を交わし、お互いに惹かれ合います。

【転】- 阪急電車 片道15分の奇跡のあらすじ3

悦子は18歳の高校生です。関西学院大学を第一志望に受験勉強に励みますが、担任からは合格は厳しいと言われます。悦子に一途な社会人の恋人・竜太は、悦子が大学に受かるまで初体験はお預けという誓いを守りました。
42歳の主婦・康江の悩みは息子のPTAで知り合った奥様グループとの会食です。そのグループは高級レストランでランチ三昧で、康江は我慢しながら付き合います。
季節が変わって3月…。
悦子は関西学院大学を諦め、ヤケになって竜太をホテルに誘います。しかし悦子の落胆を知る竜太は断りました。悦子は大学前で通りがかりの学生(圭一と美帆)に「受験勉強に苦労したか」と質問し、気持ちを切り替えました。

【結】- 阪急電車 片道15分の奇跡のあらすじ4

ミサは無事にカツヤと別れ、快適な生活を送っています。
康江は相変わらず奥様グループの誘いに応じ電車に乗り込みますが、ストレスで胃痛を起こしミサに付き添われて下車しました。ミサは康江に「価値観の違う奴らと無理に付き合う必要はない」と言い、康江は気が楽になります。
高瀬翔子は再就職をし、途中下車して気に入った小林駅に移り住んでいました。そこで虐められている小学生・樋口翔子に「綺麗な女は損するようにできている」とアドバイスし、樋口翔子を慰め意気投合します。
圭一と美帆はすっかりラブラブライフを満喫していました。
周囲を気にせず大声でお喋りに興じる奥様グループは、時江の怒りを買い大説教されました。

みんなの感想

ライターの感想

いつ見ても新鮮な気持ちで見ることができる、また、終わった後はなんとも清々しい気持ちになる大人の女性のための映画です。
阪急電車を舞台に個々のエピソードが繰り広げられ、それが人と人のつながりや出会い交わされた言葉によって人生観や状況が変わっていく。人生での出会いはつらいこともあるけれど、すべての出会いに無駄な出会いはなく自分自身の成長に必ずつながっていると思わせてくれる素敵な映画です。見た人は絶対に元気になれる、そんな映画です。

    あさんの感想

    とってつけたようなストーリーにしか感じなかった。なんせ不自然過ぎて日常では起こることがないし、起こっても誰も感動も共感もしないと思う。時江自身にも全く説得力がない.チープなエピソードをチープな演出で繋ぎ合わせてた映画という印象。
    もし本当に感動したというなら、雰囲気に感動したんじゃないのかな。夕方の電車内の雰囲気に。

映画の感想を投稿する

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」の商品はこちら