「陽はまた昇る」のネタバレあらすじ結末

陽はまた昇るの紹介:2002年公開の日本映画。高度経済成長期の日本を舞台に、家庭用ビデオ規格競争の実話にもとづく感動のヒューマン・ドラマである。

この映画を無料で観る

予告動画

陽はまた昇るの主な出演者

加賀谷静男(西田敏行)、大久保修(渡辺謙)、江口涼平(緒形直人)、武田壮吉(夏八木勲)、金沢紀之(石橋蓮司)、加賀谷圭子(真野響子)、松下幸之助(仲代達矢)、寺山彰(江守徹)、宮下茂夫(新克利)、大野久志(石丸謙二郎)、柏木夏佳(篠原涼子)、小出収美(國村隼)

陽はまた昇るのネタバレあらすじ

【起】- 陽はまた昇るのあらすじ1

1970年代前半…。それまで右肩上がりだった高度経済成長期の日本経済が、初めてマイナス成長に陥りました。
日本の家電メーカー業界で8位の日本ビクター本社、開発部門に勤務する加賀谷は、ある日突然重役たちに呼びだされます。
「横浜工場のビデオ事業部を立て直してもらいたい」
異例の大抜擢だと言いますが、実質上は左遷でした。ほかにも大幅な人員整理の命令が言い渡されます。
翌日から横浜に出勤した加賀谷は、ことなかれ主義の次長・大久保を説得しました。 この映画を無料で観る

【承】- 陽はまた昇るのあらすじ2

人材こそが何よりの財産だと考える加賀谷は、大久保に働きかけ、ひとりの解雇者も出さないため極秘のプロジェクト・チームを結成します。
本社に知られないよう、加賀谷は3年先まで右肩上がりの事業計画を大久保に作ってもらいました。うそのデータです。
その裏でこっそりと、加賀谷たちは、家庭用のVTR(ビデオテープレコーダー 家庭でテレビ番組を録画できる機械)と、録画するテープ〝VHS〟の開発を始めました。
ソニーの30周年記念式典において、ベータマックスの発表があります。ソニーの素早い開発に、加賀谷たちビクター連は焦りました。

【転】- 陽はまた昇るのあらすじ3

しかしベータマックスと異なり、加賀谷たちがめざすのは2時間録画です(ちなみにソニーのベータ最初期の録画時間は30分でした)。
さらに開発を続けた加賀谷たちは、やっと試作機械を完成させました。
ただ、この時、時代はすでにベータマックスを受け入れ始めており、このままだとVHSの出る幕はなさそうです。
加賀谷は大阪の親会社である松下電器の相談役(というよりも、むしろ創始者として名高い)・松下幸之助に直訴し、VHSの採用をアピールしました。
松下はこれを聞き入れ、VHS方式のVTRが販売されます。

【結】- 陽はまた昇るのあらすじ4

関東に戻った加賀谷を待っていたのは、通産省の通達「規格の統一が決まり、11月以降は新規格を出してはいけない」正式決定でした。加賀谷は「ならば10月31日に出してやろうじゃないか」とゴリ押しします。
かくしてVHS式のVTRが発売され、市場を席捲します。
加賀谷は脳梗塞で倒れた妻・圭子のために会社を辞めました。
最後に加賀谷が工場を訪れた時、従業員たちは人文字でVHSのアルファベットを作り、加賀谷を見送りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「陽はまた昇る」の商品はこちら