「震える舌」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

震える舌の紹介:破傷風に侵された少女とそれを救おうとする家族や医師らの人間模様を描いた1980年公開の日本映画です。小説家「路地」「裸足と貝殻」などで知られる三木卓の同名小説の映画化作品で、監督は「砂の器」「八甲田山」の野村芳太郎。脚本は「鬼畜」「赤ひげ」の井手雅人。破傷風の治療や病状、家族の心情などをリアルに描いた医療ドラマとしても秀逸ですが、ホラー色を前面に押し出した演出でも話題となった作品です。

この映画を無料で観る

震える舌の主な出演者

主演三好昭(渡瀬恒彦)、その妻邦江(十朱幸代)、その娘昌子(若命真裕子(子役)、)、小児科医長(宇野重吉)

震える舌のネタバレあらすじ

【起】- 震える舌のあらすじ1

千葉のマンモス団地、葛西南団地に住む三好家は、著述業の夫昭とガラス絵作家の妻邦江、幼稚園児の娘昌子の3人家族。窓からは娘が干潟で遊ぶ姿もよく見えます。けれどその日、昌子は泥遊びで手に小さな傷を負います。
風邪っぽく幼稚園を休んだ日、自宅で仕事中の夫が昌子の妙な歩き方に気づきます。また、食事を止め「口が開かない」と言い出すなどもあり、昭はしつけとして叱り、邦江は彼を厳しすぎると責めます。彼女はしつけによるストレスだと思っていたからです。
その夜、昌子は口を血だらけにして体を強張らせる激しい発作に襲われます。舌を噛まないようとっさに昭が指を噛ませ、昌子は救急搬送されます。搬送先の当直医は治療もせず、脳障害の疑いがあるので大病院に行くよう勧められました。夜中帰宅した2人は、夫の同僚山岸のつてで大学病院にも行きましたが、若い当直医が昌子の爪を噛む癖から心因性と判断し、明日改めて来院するよう言われ帰されます。 この映画を無料で観る

【承】- 震える舌のあらすじ2

翌日、小児科医長の老教授は事細かに診察し、心因性を完全否定、精密検査が行われ、破傷風と診断します。
担当は若い女性医師能勢と男性医師江田になります。脳障害を疑っていた昭は安心しますが、教授に破傷風の恐ろしさを諭され戒められます。破傷風は発症率は低いものの、痙攣発作での脊椎骨折、呼吸器や心臓の麻痺で死に至る病です。
致死率は驚異的に高く、ヤマは2、3日から7日と言われます。治療中は絶対安静、音や光などの刺激を徹底的に排除した個室での抗毒素血清治療。能勢医師はてきぱきと治療を進めますが、邦江はむごい治療に愕然とし、昭は発作の際噛まれた指からの感染に怯えます。
暗い病室で、息を殺して娘を見守る2人でしたが、突然子供が騒ぎながら乱入し、昌子が昨夜にも増して激しい痙攣発作を起こし、昭は小児科の大部屋で静かにしろ!と怒鳴り、邦江はおろおろするばかり。昭は邦江に帰るよう言いますが、彼女も離れようとはしません。

【転】- 震える舌のあらすじ3

2日目、重湯をチューブで補給しますが、発作の頻度は増して行きます。また、邦江が血で汚れた寝巻を替えようとしたところ激しい発作が起き、能勢医師に諭されたりも。
そして「(病状は)、悪くなりました」と言われます。2人は眠らず看病に明け暮れますが、邦江は実家に金の無心をし、昭は能勢医師にすがったりと心は次第にすれ違っていきます。3日目、廊下で配膳トレーが落ち、再び激しい発作が起こり、酸素テントを付けることに。昭はしきりに感染を気にしています。
また、娘のむごい姿に堪えられず邦江は錯乱し、能勢医師に果物ナイフを向け、何もしないで!と迫ります。そうするうち邦江の母が到着し彼女に金を渡し、邦江は母の胸で静かに泣きます。
また昭の老いた母親と兄も駆けつけ、夫妻を労い、母親は待合室のベンチで夜を明かします。4日目、昌子の心音は弱まり一時は止まりますが、心臓マッサージで持ち直します。

【結】- 震える舌のあらすじ4

娘の死を覚悟していた昭に、葬式の準備をするよう促され、邦江は、娘の髪を切り取り持ち帰りました。山岸の妻が帰った後、裁ちばさみで自分の髪をザクザクと切り始めます。
自分も感染したと思い込んだ邦江は、2人の髪を遺品として昭に託すつもりでした。昭の機転で、山岸の妻が向かい事なきを得ますが、翌朝、邦江は病院に戻れないと言い出します。が、ようよう病院に戻り再び看護にあたる邦江。
帰宅した昭は、邦江から受け取った2人の髪を見て泣きます。そして2週間が経ったある日、ようやくチューブが外されました。昌子は、「こわい」「チョコパン、食べたい」と久しぶりの言葉を口にします。
能勢医師に薄めたジュースならと言われ、販売機に走った昭はジュースを手にして嗚咽します。数日間光や音を怖がり、副作用の高熱も続きましたが、ついに大部屋に移る日が来ます。夫妻は久しぶりに家の布団で、穏やかな眠りにつきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「震える舌」の商品はこちら

Array