「霧の子午線」のネタバレあらすじ結末

霧の子午線の紹介:1996年公開の日本映画。強い友情で結ばれたふたりの女性の愛と死をめぐる葛藤を描いたドラマで、岩下志麻と吉永小百合の2大女優が初共演ということもあり、話題を呼んだ作品である。

この映画を無料で観る

予告動画

霧の子午線の主な出演者

鳥飼希代子(岩下志麻)、沢田八重(吉永小百合)、高尾耕介(玉置浩二)、鳥飼光夫(山本耕史)、川島映子(北條えみ子)、医者(本田博太郎)、デスク・矢部(井川比佐志)、宮本(筑紫哲也)、マスター・熊井(風間杜夫)、淡路新一郎(林隆三)

霧の子午線のネタバレあらすじ

【起】- 霧の子午線のあらすじ1

八重は、クローン病という難病に侵されています。二度目の手術を受けた2年後に、東京から函館に引っ越しました。
八重は元アナウンサーで、現在はちびり絵師をしています。その実力は高く買われていました。
函館に引っ越した八重を迎えたのは、大学時代からの無二の親友・希代子でした。
希代子は未婚の母で、高校生になる息子・光夫がいます。「函館日報」の記者である希代子は、現在、文化部の後輩・高尾耕介とつきあっていました。
八重と希代子は大学時代に、学園闘争を共にたたかった過去があります。 この映画を無料で観る

【承】- 霧の子午線のあらすじ2

希代子は高尾に、八重を紹介しました。高尾は八重のちぎり絵の取材をするうちに八重に惹かれ、高尾と八重は肉体関係になります。そのまま、何度も関係を持ちました。
高尾と八重の関係を、希代子はうすうす感じとりますが、嫉妬しつつも我慢します。
希代子の息子・光夫は、自分の父親のことを何度も希代子に訊きますが、答えてもらえません。そこで八重に訊きにいき、八重と高尾の関係を知ってショックを受けました。光夫はひそかに八重にあこがれていたのです。
そんな光夫に八重は、光夫の父親のことを話しました。

【転】- 霧の子午線のあらすじ3

大学時代、淡路という男がいました。淡路は八重と恋人同士でしたが、希代子も淡路が好きになり、淡路と希代子は肉体関係になりました。
八重はそれを責めることなく、淡路と八重と希代子の3人で生活します。
淡路はこの三角関係に耐えられなくなり、希代子と八重の前から立ち去りました。その後に希代子の妊娠が発覚し、生まれたのが光夫でした。
東京に出張した希代子は、大学の先輩・宮本から淡路の消息を聞きます。淡路はノルウェーのベンゲルンに住んでいると知った希代子は、たまらず会いに行きました。

【結】- 霧の子午線のあらすじ4

希代子は淡路と再会します。
淡路はノルウェーで所帯を持ち、妻・アンナと子どもがいました。
淡路は八重や希代子と別れた後、日本を飛び出してタンザニアに渡り、それから世界を転々としました。ノルウェーに辿り着いた時に病に倒れ、看病してくれたアンナと結婚します。
自分の近況を話して淡路と別れた希代子はホテルに戻りますが、そこには八重が待っていました。心配した八重は、高尾と別れて希代子を追ってノルウェーに来たのです。
八重と希代子は教会でダンスを踊りますが、八重が倒れてそのまま亡くなりました。
親友を失った希代子は、悲しみにうちひしがれながら、湖に向かって八重の名を何度も呼びました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「霧の子午線」の商品はこちら