「青天の霹靂」のネタバレあらすじ結末

青天の霹靂の紹介:2014年公開の日本映画。お笑い芸人・劇団ひとりが著した小説を、自らが監督も務め映画化した。大泉洋演じる売れないマジシャンがひょんな事から40年前にタイムスリップし、若き日の両親と出会い、自らの出生の秘密を知るストーリー。

この映画を無料で観る

予告動画

青天の霹靂の主な出演者

轟晴夫(大泉洋)、花村悦子(柴咲コウ)、轟正太郎(劇団ひとり)、医師(笹野高史)、雷門ホール・丸山支配人(風間杜夫)

青天の霹靂のネタバレあらすじ

【起】- 青天の霹靂のあらすじ1

〝青天の霹靂〟
 晴れ渡った空に突然起こる雷の意から、急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃のこと。
…轟晴夫は、東京・浅草の場末のマジックスナックバー『のぶきち』で働く39歳独身の、売れないマジシャンです。
晴夫はこの道20年のベテランで、マジックの腕は決して悪くはないのですが、シャベリが下手なためうだつの上がらない人生を送っていました。
「父が外に女をつくって、母は晴夫を生んですぐ家を出て行った」と父・正太郎に聞かされて育った晴夫は、ラブホテルの清掃をして働く父・正太郎とも疎遠になっています。
ある日晴夫は荒川東警察署から呼び出しを受けました。 この映画を無料で観る

【承】- 青天の霹靂のあらすじ2

ホームレスに身をやつしていた父・正太郎の遺体を引き取れという用件でした。
骨壷を抱いてホームレスの正太郎のすみかの段ボールハウスを訪れた晴夫は、自らの人生と重ね合わせ「なんで俺、産まれてきたんだろ」とつぶやきます。
その時、一閃の雷が落ち、晴夫は40年前にタイムスリップしました。
昭和48年(1973年)10月5日にタイムスリップした晴夫は、男の子に連れられて浅草・雷門ホールの丸山支配人に会います。
当時はまだユリ・ゲラーブームが来日していなかったので、晴夫が見せたスプーン曲げは丸山の心をつかみ、晴夫は即採用されました。折しもその頃姿をくらました謎の中国人設定・チンの代わりとして舞台に出ます。

【転】- 青天の霹靂のあらすじ3

晴夫は謎のインド人設定・ペペとしてデビューし、マジックは拍手喝采を浴びました。アシスタントとして美しい女性・悦子がつきます。
その悦子が体調不良で仕事を休み、心配した晴夫は見舞いに行きました。そこにいたのは、行方不明のチンこと晴夫の父・正太郎でした。正太郎は詐欺罪で警察に拘留されていました。
またその時、悦子が妊娠していることを知ります。悦子こそ、晴夫の母だったのです。
悦子が舞台を降り、チンとペペがコンビを組んで舞台に立ちました。初舞台が2人の喧嘩になったのを見た丸山支配人は「喧嘩マジック」を提案し、これが当たって2人は売れっ子になります。
チンとペペはテレビのオーディションに参加しました。

【結】- 青天の霹靂のあらすじ4

悦子が倒れて入院し、医者から「出産すると死ぬかも」と宣告された正太郎は動揺し、悦子は覚悟を決めます。
正太郎はマジシャンを辞め、ラブホテルの清掃員になりました。男手ひとつで子を育てられるよう、融通の利く仕事を選んだのです。自分のせいで母が死んだと知ったらショックだろうと、子供に嘘をつくと決めました。
誕生日、晴夫は独りで最終オーディションに立ちました。悦子は晴夫を生みます。
マジックが終わった時、舞台に雷が落ち、晴夫は消えました…。
現代に戻った晴夫は、死者の身元が違ったという警察の電話を受けます。ホームレスの正太郎が現れ「お前の母の本当のことを話そう」と切り出し、晴夫は笑顔を浮かべました…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「青天の霹靂」の商品はこちら