「青空エール」のネタバレあらすじ結末

青空エールの紹介:2016年公開の日本映画。「俺物語!!」や「高校デビュー」などの映像化作品で知られる河原和音の人気コミックを、土屋太鳳&竹内涼真主演で映画化した青春ストーリー。吹奏楽部のヒロインと野球部の少年が、挫折を味わいながらもお互いを応援し、夢に向かって突き進む姿が描かれる。

予告動画

青空エールの主な出演者

小野つばさ(土屋太鳳)、山田大介(竹内涼真)、水島亜希(葉山奨之)、城戸保志(堀井新太)、春日瞳(小島藤子)、脇田陽万里(松井愛莉)、澤あかね(平祐奈)、碓井航太(山田裕貴)、森優花(志田未来)、杉村容子(上野樹里)、高橋マルコ(黒瀬サラ)

青空エールのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①つばさは小学時代にテレビで見た甲子園の応援風景に憧れて、白翔高校の吹奏楽部に入部した。同じクラスの大介も野球部に入り、つばさと大介は互いに甲子園をめざそうと約束をかわす。 ②高校3年、大介が足を負傷してリハビリに苦闘するが、つばさたち吹奏楽部が応援のエールを送る。復帰した大介が活躍し、白翔高校は甲子園出場の夢を果たした。

【起】- 青空エールのあらすじ1

北海道札幌市。
白翔(しらと)高校に入学した小野つばさは、内気な少女です。何かあるとすぐ下を向いて、自分の靴を見る癖がありました。アイウエオ順でクラスでの自己紹介の時も、遮られて途中から言えなくなります。
つばさは、小学生の時に夏の甲子園の高校野球のテレビ放送を見て依頼、白翔高校の吹奏楽部の応援に憧れていました。吹奏楽部、通称・吸部(すいぶ)に入部するつもりです。
同じクラスの山田大介が自己紹介をしました。大介は野球部に入って甲子園出場を目指していると、みんなの前で言います。
自分と同じ目標を持っていると知ったつばさは、大介に惹かれました。内気なつばさは思いきって、大介に声をかけます。
つばさの目標を聞いた大介は、喜んでくれました。一緒に甲子園を目指そうと言われたつばさは、その言葉を励みにして吹奏楽部の門をたたきます。

つばさは知らなかったのですが、白翔高校の吹奏楽部はレベルが高いものでした。吹奏楽部にも、全日本吹奏楽コンクールが開かれる普門館で金を獲るという目標があります。
全くの初心者だったつばさは、風船を膨らませるようになってから出直せと言われました。
くじけそうになったつばさですが、大介が野球部の碓井先輩にしごかれているのを見て、やる気になります。
家で腹筋を始めたつばさは、風船を膨らませるようになり、入部が許可されました。部にあるトランペットを吹きます。
クラスでも、脇田陽万里(ひまり)という親友ができました。
同じクラスの城戸保志(きど やすし)は陽万里に恋をします。保志と大介は、のちにバッテリー(保志がピッチャーで大介がキャッチャー)を組みます。
若い女性顧問の杉村容子先生は、林原教頭にプレッシャーをかけられていました。予算がかさむ吹奏楽部は、保護者会で寄付金を募らねばならないと嫌味を言われます。
つばさは同じ吹奏楽部の男子生徒・水島亜希(あき)に「軽い気持ちでやるんなら、やめてほしい」と言われました。
それでもつばさは諦めません。大介と約束を決めたからと食い下がります。
家でもマウスピース(トランペットの吹く部分。ここだけだとあまり大きな音が出ないし、てのひらサイズなので持ち歩きが便利)で練習をしました。腹筋も鍛えます。
授業中にもピストンの運指表を見て練習をするつばさを見た大介は、自分も頑張ろうという気持ちになりました。
練習を必死でしているつばさを見た亜希は、つばさが吹くトランペットの音がひどい(部支給のものなので、古びていて音が割れている)ので、「買ってもらった方がいい」とアドバイスします。

【承】- 青空エールのあらすじ2

亜希に認めてもらった気がしたつばさは、「ありがとう」と礼を言いました。両親に話してトランペットを購入してもらいます。

定期演奏会が開かれました。緊張したつばさは失敗すまいと考え、トランペットを吹いている「振り」をします。しかし他の部員にはばれていました。
放課後、大介に褒められたつばさは、正直に「怖くて吹かなかったの」と白状します。
内気なつばさは、昔から誰かに何かを言われると、うつむいて自分の靴を見る癖があると言いました。それを聞いた大介は、つばさの靴にマジックで笑顔のマークを書いてくれます。
「俺は、小野(つばさ)はやれると思ってる」と言われたつばさは、勇気をもらいました。
部活に行き、他のトランペットのメンバーに謝ります。
札幌木戸まつりの日、陽万里とつばさは大介と保志に出会いました。つばさが大介を好きだと知る陽万里は、さりげなくつばさと大介を2人きりにします。
つばさは大介に、吹奏楽部でも普門館を目指していると告げました。やるからには上を目指すと言うつばさに、大介も触発されます。
隠れて2人の様子を観察する陽万里に、保志が「俺たちも一緒に回らない?」と声をかけました。「いいけど」という答えをもらった保志は喜びます。

甲子園の地方大会が始まりました。白翔高校は準決勝まで勝ち進みます。
キャッチャーの山田先輩が右肩を痛め、9回裏で1年ながらキャッチャーを任された大介は、悪送球をしてしまい、甲子園を逃しました。青雲第一高校に甲子園出場が決まります。
肩を落とす大介を見たつばさは、思わず立ちあがって激励のトランペットを吹きました。途中で亜希に制止されます。
つばさの行為はマナー違反でした。顧問の杉村先生にも「団体で行動している自覚を持て」と注意され、つばさは謹慎処分を受けます。
つばさが謹慎処分を受けていると知った大介は、つばさの家を訪ね「俺、強くなるから。もっと強くなって小野ひとりに吹かせないから。友達にそんなことさせないから」と言います。
「友達」と言われたつばさは大介に告白しました。大介は「俺、今、野球に集中したい。だから小野とは付き合えない」と断ります。
大介に振られたことを、つばさは陽万里に言いました。それを聞いた保志は大介を叱責しますが、大介は「付き合ったりしてる場合じゃねえだろ」と答えます。
大介も、つばさと交わした約束を大事に思っていました。

【転】- 青空エールのあらすじ3

自分が甲子園に連れていき、つばさが応援のトランペットを吹く…そう約束した大介は、約束を果たすことが最優先事項だと考えているのです。

つばさにトランペットを教えてくれた先輩・森優花が、普門館をめざすコンクールのメンバーから外されました。森先輩は腱鞘炎になっていたのです。
ショックを受けた森先輩は部活を辞めると言い出しました。つばさは毎日、森先輩の家を訪問します。
落ち込んだ森先輩はつばさにきつい言葉をかけますが、つばさはそれでも家を訪問し続けました。やがてつばさと一緒に吹奏楽部の金管メンバーが行きます。
森先輩の親友・春日瞳先輩も現れて、「みんなあんたと行きたいんだよ」と訴えました。森先輩は部活に戻ります。
コンクールの結果は銀賞でした。全国に行けないと泣く先輩たちを見て、つばさたち1年生も貰い泣きしそうになりますが、杉村先生が「鳴いていいのは、3年間すべてを賭けて来た人だけ。先輩の涙を焼きつけなさい」と言います。
つばさは大介に振られましたが、それでも応援し続けてもいいかなと声をかけました。大介はつばさに握手を求めます…。

…二年後。
つばさや大介たちは、高校3年生になりました。
クラスは分かれたものの、つばさは吹奏楽部で、大介は野球部で同じ目標のために頑張っています。
吹奏楽部に後輩が入ってきました。つばさは先輩として、後輩にトランペットを教えます。
上達してきているものの、それでもまだつばさは本メンバーに入れていませんでした。1年生ではあるものの、トランペット歴が長い瀬名という男子生徒にメンバーの座を奪われます。
それでもつばさはめげませんでした。練習量を増やします。
その折、つばさに大介がケガをした知らせが入りました。
紅白戦で後輩に足をつっこまれ、自力で歩けないほどダメージを受けたと聞いたつばさは、大介が運び込まれた野幌総合センターへ急ぎます。
大介は右足首を負傷しました。リハビリに励みます。
女子マネージャー・澤あかねに邪魔しないでくれと言われたつばさは、大介に振られていると告げました。
つばさは杉村先生に教えを乞い、指導を受けます。

リハビリに励んだ大介ですが、「思ったより経過がよくない」と医者に言われて落ち込みます。
雨の夜、「ごめん、やっぱ俺、小野との約束守れない」と言った大介に励ます方法がないかと、つばさは考えました。

【結】- 青空エールのあらすじ4

OBになった森先輩が遊びにきます。「誰かのエールは人に力を与えることができるんじゃないかな」と、森先輩は自分がつらかった時の体験を交えて話してくれ、つばさは吹奏楽部みんなにお願いします。
その頃、木管部と金管部は小さな対立を起こしていました。木管部が反対します。
しかし「誰かの心を動かす、そういう白翔の心を取り戻さないか」という亜希の呼びかけと、「そんなんじゃ全国行ったって誰の心にも響かないよ」という杉村先生の言葉で、吹奏楽部全員が動きます。
大介が入院する病院へ吹奏楽部が出張演奏に行きました。エールを送られた大介は、がんばろうという気持ちになります。

大介は野球部に復帰し、つばさもコンクールのメンバーに加わりました。陽万里はメンバーが足りないチアガールの助っ人に呼ばれます。
部長になっている亜希から「小野さんが同じ学年のトランペットでよかった」と言われたつばさは、嬉しく栄誉に思います。

3年生最後の夏。
甲子園の準決勝まで勝ち進んだ白翔高校の対戦相手は、2年前と同じ青雲第一高校でした。
決勝戦の前の日、手作りのお守りを作ったつばさは、それを「邪魔したくないから」とあかねマネージャーに渡します。
あかねマネージャーはつばさに「明日、応援よろしくお願いします」と言いました。
決勝戦。試合は0対0のまま、9回まで持ちこします。これも2年前と同じです。
9回表、ずっと投げ続けていた保志が青雲第一に打たれ、バッテリーミスで1点が入りました。白翔はピンチです。
そこへ神崎に代わり、キャッチャーとして大介がマウンドに入りました。保志はその後三振に押さえます。
9回裏、ノーアウトで走者が1塁に出たところで、大介がバッターボックスに入りました。
大介は逆転サヨナラホームランを放ちます。
白翔高校の、5年ぶり9回目の甲子園出場が決定しました。応援席で、陽万里とつばさは抱き合って喜びます。

その後、大介はつばさに約束を果たすのに時間がかかったことを告げた後、今度は大介からつばさに告白しました。
つばさも気持ちが変わっていないことを告げ、2人はキスします。

(エンドロール)つばさが所属する吹奏楽部もコンクールで金賞に輝き、普門館へ行くことが決定。
無人の吹奏楽部のパイプ椅子。吹奏楽部の「一心不乱」という旗にカメラがズーム。
その「一心不乱」という旗を持って記念撮影している吹奏楽部のメンバーの写真。

みんなの感想

ライターの感想

すごく王道パターンではあるものの退屈しないのは、恋愛だけでなくきちんと吹奏楽部のことを細かく描いたからだろう。
大介とつばさの恋模様だけでなく、先輩後輩との確執や、一朝一夕ではトランペットの腕は上がらないことをきちんと教えてくれる。
ただ、若干詰め込み過ぎの感は否めない。駆け足でばばーっとダイジェストを送られた感じ。
でも見たあと、すっきり爽快にさせてくれる映画。青春だなあ。

映画の感想を投稿する

映画「青空エール」の商品はこちら