「顔のない天使」のネタバレあらすじ結末

顔のない天使の紹介:12歳の少年と顔半分が火傷に覆われた孤独な男の心の交流を描いた1993年公開のアメリカ映画。「ブレイブハート」「パッション」で監督としても知られるメル・ギブソンの初監督作品で、主演の火傷の男を彼自身が演じ、多感で風変わりな少年を子役時代の「ターミネーター3」のニック・スタールが演じている名作です。原作はイザベラ・ホランドの同名小説、音楽は「タイタニック」「アバター」のジェームズ・ホーナー。

予告動画

顔のない天使の主な出演者

”火傷の男”マクラウド(メル・ギブソン)、チャールズ[=チャック](ニック・スタール)、チャックの家族/母キャサリン(マーガレット・ホイットン)、姉グロリア(フェイ・マスターソン)、妹ミーガン(ギャビー・ホフマン)、母の彼氏カール(リチャード・メイサー)、スターク署長(ジェフリー・ルイス)、グロリアの彼氏ダグラス(マイケル・デルイズ)など。

顔のない天使のネタバレあらすじ

【起】- 顔のない天使のあらすじ1

1968年の夏。家族と共に避暑地に向かう車中、12歳のチャックは士官学校の卒業式で祝福される中、肝心の誰かがいないことに気づいて泣きたい気持ちになる夢を見ています。
そんな彼にハイティーンの姉グロリアは皮肉を言い、10歳の妹ミーガンはからかいます。母は恋愛好きで3人とも父親が違いますが、姉妹は2人とも成績優秀で、成績の悪い彼は全寮制の士官学校に入り早々に家を出ようと考えています。
けれど前回の試験に失敗、再受験を希望しますが、母は渋い顔、姉妹はバカにして笑います。ムカついた彼は母の車のタイヤをパンクさせ大暴れ。けれどワゴン車のでかい犬に吠えられ、飼い主で顔半分火傷の男マクラウドにも見られあわてて逃げます。

別荘でもチャックは早々に逃げ出し、悪友のロブたちとマクラウドの屋敷が建つ町はずれの岩場で、彼がポルノ小説家という噂で盛り上がります。が、彼の犬に吠えられ逃げ出す際教科書を忘れ、翌日1人で取りに行くことに。散乱した教科書を見て、彼はいつものようにぼーっとなり大雨にも気づきません。彼はその癖のため成績も悪く、何度も精神分析医に通わされ、母が父親のせいだと言っているのを知っています。

びしょ濡れのチャックは黒い馬に乗ったマクラウドに声を掛けられ我に返ります。
屋敷の中はアンティークで落ち着き、犬はミッキーという名の賢いシェパード、マクラウドは無口ですが紳士的で、記念の置時計で教師だと知ります。
帰りしな、チャックは、父が士官学校卒の空軍パイロットだが飛行機事故で死亡、父と同じ士官学校受験のため、勉強を教えてほしいと頼みますが断られます。
家では浮かれる母に新しい彼氏の大学教授カールを紹介されます。

翌日、再び頼みにきたチャックに、マクラウドは森に穴を掘れと言い、終わるなり作文を書けと言われた彼はキレて帰宅、彼氏のダグラスと帰宅したグロリアと大喧嘩。翌日、図書館の本を写して作文だとマクラウドに提出しますが見抜かれたます。けれど腹立ちまぎれに即興で書いた作文は気に入られ、初めての宿題を出されます。帰り道、ミーガンに脅されこの数日間の事を話しますが、固く口止めします。
自宅のパーティーに集まった大人たちは、マクラウドの噂で盛り上がり、彼は男友達を殺したハーバード大教授だと笑っています。

【承】- 顔のない天使のあらすじ2

また、マクラウドが不在だったある日、部屋に隠れたチャックは、彼の火傷が顔だけではなく半身全てに及ぶことを覗き見て愕然とします。その日は初めての本格的な授業でしたが、チャックはつい彼の顔を見てしまい怒鳴られます。
一方、町の理髪店では、初老のサムが散髪中のスターク署長に、マクラウドは連続殺人犯だと詰め寄りますが、受け流されます。

またある日、愛の詩を貶すチャックにマクラウドは別の詩集を渡して帰します。自宅で開くと、明るく笑う若い彼と生徒らの写真がはらりと落ち、飛行機乗りの詩に初めて感動し、急いでマクラウド邸に戻ります。
が、話しが逸れ、母親に言わない言い訳に「皆あなたを知らないから怖がる」とつい口走り、「目的のためには責任をとれ。母親も私も納得させろ」と往なされ帰されます。
結局母親に打ち明けられないまま翌朝、チャックはマクラウドの馬小屋に行き、ママに授業料は自分で払えと言われたからと馬の世話をし、家の電話番号を渡します。

ある時は「ベニスの商人」を2日がかりで演じ、2人は感動し大満足。また、チャックにポルノ作家かと聞かれ大爆笑したマクラウドは、彼をアトリエに招き、仕事はイラストレーターだと言い有名紙の表紙の作品を見せます。また、自画像らしき泣く男の画を見ておずおずと火傷の理由を聞くチャックに、自動車事故で将来有望な少年が亡くなったと打ち明けます。
翌日、お仕着せの慰めを言うチャックにマクラウドは激怒、チャックはつい悪友たちに彼の火傷の理由をバラしてしまいます。

その夜の悪夢は最悪でしたが、キッチンでは母とカールがディープキスの真っ最中、結婚するので週末家探しに行くと言われます。ミーガンは喜びますがグロリアとチャックは掴み合いの喧嘩になり、ムカついたままマクラウド邸に行き、マクラウドが昨日の事を謝りますが、気にしてないと答えます。
また、夜、母と行った食料品店でマクラウドとニアミス、なんとか回避しますが、マクラウドは母親に話しかけようとして機を逃します。
翌日、母とカールとミーガンは家探しに出かけ、チャックはロブの家に預けられます。

【転】- 顔のない天使のあらすじ3

ある日2人は山登りの途中でサムたちと遭遇、ケンカ腰のチャックをマクラウドが諌めます。チャックは事故の事を仲間に言ったことを謝りますが、気にしてないと言われます。
頂上で風景と彼をスケッチするマクラウドにチャックは、自分は異常で時々意識が飛び、父の話は作り話で記憶もなく死んだ理由も知らないと打ち明けます。マクラウドは、君は異常じゃない、利口な子だと穏やかに言い、自分は観光の目玉でそれが役割だと寂しげに語ります。そして帰り際、明日模擬試験をすると言います。

チャックは猛勉強してスーツで模擬試験に挑みます。翌朝、好成績に大喜びのチャックを、マクラウドは水上飛行機の発着場に車で連れて行き、ご褒美だから乗れと促します。
初めて乗る飛行機に大感動し、興奮して話し続けるチャックを、マクラウドは優しく笑いながら見つめます。日が傾き始めた頃、ようやく落ち着いたチャックはマクラウドをじっと見つめ「不思議だな。もう、傷が見えない」と呟きます。

自宅に送られたチャックは、ロブの家にも送ると言うマクラウドを断り別れます。
が、ベッドで裸のグロリアとダグラスを目撃、笑いながらからかいます。ダグラスとチャックがもみ合ううち、取り乱したグロリアが「あんたは父親に似て異常よ!あんたの父親は飲んだくれで病院で自殺したのよ!」と泣きながら罵ります。
チャックは母の部屋で見つけた父親の精神鑑定書を握り、深夜、マクラウド邸に行き、大声で彼を呼び丸めた書類を渡し、姉の言葉を繰り返しマクラウドの胸で号泣します。マクラウドは優しくその背中を支えます。

翌朝、署長がチャックを探しにきますが、下着姿の彼を見て一瞬戸惑います。帰りたくないと言う彼に帰れと促すマクラウド。車中、署長にあの先生が好きか?と聞かれ、チャックは「親友です」と答えます。

自宅では戻った母が彼の父親は素晴らしい人だが、お酒を飲むと手に負えなかったと泣きます。
そして、マクラウドとのことは言えなかった、僕の家庭教師で大切な人だというチャックに、事故と少年の話をし、少年を性的虐待していたから服役したと打ち明けます。泣きながら自室に駆け込むチャック。母は言葉を失うグロリアの頬を叩き「私の前から消えて!」と叫びます。ほどなくしてマクラウドが訪ねてきますが、母は一方的に罵倒して追い返します。

チャックは図書館で彼の事故の記事を読み心が痛みます。試験を止める母親には、家を出たい理由はグロリアじゃない!と思わず口にしてしまい、母と決裂。
マクラウドは、食料品店からも拒まれ自殺衝動に駆られますが、署長から”非公式の会合”に出席するよう言われ、反発しながらも応じます。

士官学校の試験に向かう朝、衝動的に母の車でマクラウド邸に向かうチャック。子供の運転に町は大騒ぎでしたが、何とかたどり着きマクラウドを呼びます。けれど彼は、君と話すことは禁じられている、帰れ!と怒鳴ります。チャックは彼に、少年にいたずらしたのかと問いますが、私が友情以外で君に触れたか、そんな男に見えるか?と言われ泣き出します。マクラウドは彼を抱きしめ「君は優秀な生徒だ」と言います。遠くで署長が見つめています。

【結】- 顔のない天使のあらすじ4

士官学校の入試の日。マクラウドは会合に出席。
メンバーは彼と署長と分析医や判事などで、チャックへの性的虐待の有無を審議する意図は明らかでした。
なぜ母親に知らせなかったと聞かれ、彼を信用したからだと答えるマクラウド。事故死した少年の事を、優秀で将来有望な生徒だったが問題児で、私と彼は友人だったが、次第に私に執着し始めた彼に、あの事故の日、厳しく言い過ぎ、彼は車から飛び降りようとした、それで地位も職も失ったと答えます。
ならばなぜ10年後の今、チャックを生徒に選んだのかと問われ、あの子は(亡くなった少年)スコットとは違う、彼も私も互いの力を必要とし、教師の能力を証明する”至福の瞬間”だったと答え、怒る場面もありましたが、告発されればチャックが厳しい審問を受けると知り矛を収めます。

一方、チャックは無事合格、寄宿生活が始まりますが、マクラウドへの手紙が転居先不明で戻ったため、寮を抜けマクラウド邸に向かいます。が、既に空き家で、アトリエにあの山の彼の絵と一通の手紙が残されていました。
手紙には、チャックと会わず、話さず、文通の禁止が彼らの条件で、彼の精一杯の譲歩であること、彼への感謝と励まし、未来への希望、そして自分はいつも君の家庭教師だと書かれていました。

4年後の士官学校の卒業式。
笑顔の家族と群衆の中でチャックが見たのは、一人離れ行く懐かしい後姿でした。
その背中に手を振るチャック。
振り返ったのは、マクラウドでした。
2人は遠くから大きく手を振りあい、微笑みます。

…今はいつも顔が見える この群衆の向こうに…

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「顔のない天使」の商品はこちら