「風のたより」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

風のたよりの紹介:ネガティブなくるみに故郷の祖父が倒れたと連絡が入る。自分の道を見つけてほしいと願う祖父は、くるみにあるお願いをする。東日本大震災から4年が経過した仙台の街を舞台に描かれたヒューマンドラマ。監督は『女子カメラ』の向井宗敏。宮城県出身の栁俊太郎が出演、主題歌は仙台出身のハジ→が担当。2015年の公開作。

予告動画

風のたよりの主な出演者

吉井くるみ(新木優子)、久保田さくら(佐生雪)、医師(加藤雅也)、くるみの母(秋本祐希)、ゆうすけ(栁俊太郎)、吉井健(大杉漣)

風のたよりのネタバレあらすじ

【起】- 風のたよりのあらすじ1

“どうせ”が口癖のくるみは、ちょっと後ろ向きな女性です。仕事も長続きしなかったくるみは都内で友人二人と共にカフェを開店する予定ですが、料理しかできない自分には何もないと感じていました。
開店も間近となりくるみは慕っている故郷仙台の祖父・健に嬉しそうに電話で報告します。健は長い間『風のたより』という喫茶店を経営していましたが、震災で閉店を余儀なくされました。あれから4年が経ち、健もまた店の再建に動いている最中です。
くるみの活躍がうれしい健は、親しくしている医師やくるみの同級生・ゆうすけなど、周りの人にカフェ開店を知らせていました。くるみをよく知る医師は、彼女のことだからまた諦めるのでは?と見据えますが、今度は大丈夫だと健も張り切っていました。

ある日、開業の中心人物が男性を追いかけて突然海外へ行ってしまいます。もう一人の友人・有香の「私たち二人では無理」との言葉をきっかけに、計画は頓挫しました。
落込んだくるみは帰郷し、健が優しく迎え入れました。ところが健が周囲にカフェについて話していたと知ったくるみは、気まずくさっさと東京へ戻ります。健はくるみが忘れた手帳の中に、考案していたランチメニューのイラストを見つけます。健はくるみの想いを受け止めました。
東京で仕事を探し始めたくるみに、健が狭心症の発作を起こしたと連絡が入ります。魚屋をしているゆうすけが配達中に発見してくれました。看護師であるくるみの母は震災後に関西で再就職したため、代わってくるみが再び仙台に向かいます。

【承】- 風のたよりのあらすじ2

幸い健は大事に至りませんでしたが暫く検査入院するため、喫茶店の開店準備をくるみにお願いしたいと申し出ました。実は健は入院の必要はなかったのですが、ある考えを胸に手伝いを依頼したのです。
大した作業もないと聞き、どうせ健の退院まで手伝えばいいと話すくるみに、ゆうすけは〝お前のどうせ病”が出たと呆れました。軽い気持ちでくるみは店の視察に行くと、震災後に整地された土地に構えた店は内装さえ手つかずだったことを知ります。くるみが思わず発した言葉は「絶対に無理」でした。
くるみは依頼を断ろうとします。しかしくるみのカフェ開店を県がとても喜んでいたとゆうすけから聞いたくるみは、喫茶店の準備にとりかかることにしました。

町役場職員の健の知人が医師から話を聞き、準備中の店にやって来ます。新店舗の場所を紹介したのも彼でした。困ったことがあったら言ってと声をかけられたくるみは、ボランティアを統括している彼に、準備を手伝ってくれる人材を依頼します。
白羽の矢が立ったのは、どんなボランティア活動も〝継続に難あり″のD判定を受けたさくらという女性でした。さくらは無愛想で、掴みにくい性格の女性です。コミュニケーションをとろとしたくるみは、大学卒業後も就職しないさくらに理由を問うと「人と同じタイミングで就職する必要がない」と素気無く答えられました。
会話も弾まぬまま内装作業を始めると、雑なくるみの仕事にさくらが指摘してきます。几帳面で器用なさくらのお陰で、意外にも仕事はどんどん捗りました。この日以来、さくらは毎日作業に通います。

【転】- 風のたよりのあらすじ3

ある日さくらの鞄の中から証明写真が落ち、本当は就職活動していたことがくるみにばれます。隠さなくてもいいのに…とくるみが健に愚痴ると、就職しなくてはいけないと誰より感じているからこそではないかと健が諭しました。
翌日くるみは家で淹れてきたコーヒーをさくらに勧めますが、未だ心を開かない彼女は拒みました。それでもさくらは、内装の参考になりそうだと買ってきた雑誌を差し出しました。目を通したくるみは、有香が違うパートナーとカフェを開店させたことを取材記事で知ります。有香が〝二人では無理″と言ったのは、自分とでは無理という意味だったと実感し、くるみは肩を落とします。そして次の日から作業に行かなくなりました。

しばらくしてくるみは、準備をもう辞めたいと健に打ち明けます。すると健は、くるみが以前考案していた重箱を使ったランチを店で出そうと言い出します。イラストのまま仕舞っていたら、誰にも食べて貰えないよと励ます健の言葉でくるみは一念発起し、作業に復活。ランチの試作も始めました。
次の日くるみは完成したランチをさくらに披露すると、彼女は想像以上の出来に言葉が出ません。さくらは浦島太郎が玉手箱を開けたときの感覚だと言いました。器用なさくらは家で書き直してきたメニューの黒板を差し出すと、くるみは未定だったDランチの欄に“玉手箱ランチ”と記入しました。そして、さくらがいてくれてよかったと改めて礼をします。一方さくらは、コーヒーが飲みたいと自分から求めました。
二人でコーヒーを飲みながら、さくらは多数の企業に落ちたこと、社会と繋がりたくてボランティアしていることを告白します。そんなさくらにくるみは、自分こそいつも途中で逃げ出すと胸の内を明かしました。

【結】- 風のたよりのあらすじ4

母が帰省します。なかなか戻れなかった理由は、自分でなければダメな患者がいると誇らしげでした。その言葉で自分の無力さを感じたくるみに、自分しかできないことを見落としているだけだと健は嗜めました。

いよいよ店が完成します。健は早く店が見たくてうずうずし、胸騒ぎがすると医師に話しました。健の過保護に頭が下がると言った医師に、風向きが変えられるのは自分だけで、くるみ自身が頑張ったのだと健は呟きました。
くるみは健と一緒に店を営む決意をし、さくらも雇えるか健に頼んでみると話すと彼女も喜びました。帰宅したくるみは茶渋だらけの健のマグカップを漂白していると、電話が鳴ります。健が亡くなったのです。七夕まつりの夜でした。
葬儀が終わってもくるみは立ち直れず、健のカップもまだ浸したままでした。

9月に予定していた開店は延期になります。さくらは「やめないですよね、このお店をやりたい!」と珍しく声を荒らげました。それでもくるみは、自分がやってもどうせ健の店の様にはならないとこぼし、今後のことは改めて考えると明言しませんでした。
店に医師がやって来ます。医師はくるみに、健は店をやってもらいたのではなくてくるみに逃げずに向き合ってほしい、何もないと決めつけているくるみに変わって欲しくて準備をお願いしたのだと健の想いを教えてくれました。

くるみは業者へ延期の挨拶まわりを始めます。農園に出向くと、健が茄子を育てていたことや、メニューに使う食材は自分で育て、季語の食材を使ったメニューを作りたいと考えていたことを知ります。9月は秋茄子のずんだ和えを入れたメニューのイラストも残されていました。昔は風のたよりで同じようなメニューを出していたと聞いたくるみに、忘れていた記憶が蘇ります。弁当箱を使ったメニューを健と一緒に作ったこと、大人になったら店を継ぐと約束したこと…。
決心したくるみはさくらに採用のメールを送り、延期せずに開店させることにします。そして自分の手で白菜を育て始めました。

お店のオープン日。風のたよりの看板の前でくるみとさくらが記念撮影しようとすると、突然壁の風見鶏がくるくると回り出しました。

みんなの感想

ライターの感想

劇中で更地が映った時は、胸が締め付けられるようでした。個人的には被災や復興状況を伝える映像があってもよいと感じましたが、この作品は二人の女性の成長を描いていて、被災地の現状に重きを置いたわけではないのだと思います。

物語は至って王道、無理のある設定も多いので映画好きの人をうならせるとは思えませんが、実際に被災されて努力している方、就職活動で苦しい思いをした方には背中を押される映画ではないでしょうか。

映画の感想を投稿する