「食べて、祈って、恋をして」のネタバレあらすじ結末

食べて、祈って、恋をしての紹介:ニューヨのライターであるリズは離婚で財産を全て失い、恋愛もうまくいかず毎日死んだように生きる日々を終わりにして自分自身を生きるため全てを捨ててイタリア、インド、バリをめぐる旅に出かけます。そしてイタリアでは食の快楽に目覚め、インドでは瞑想に励み、バリでは運命の出会いが待っていました。

予告動画

食べて、祈って、恋をしての主な出演者

リズ(ジュリア・ロバーツ)、フェリペ(ハビエル・バルデム)、デヴィッド(ジェームズ・フランコ)、スティーブン(ビリー・クラダップ)、リチャード(リチャード・ジェンキンス)

食べて、祈って、恋をしてのネタバレあらすじ

【起】- 食べて、祈って、恋をしてのあらすじ1

リズは旅行先のバリで先祖代々続く薬療師のクトゥ・リエを訪ねます。
手相を見てもらうと、世界中を旅して長く生きる。結婚は2回。一回は短く、一回は長く、半年から10か月の間に全財産を失うけど取り戻せるから大丈夫。
またいつかバリに戻って3〜4か月滞在して私に英語を教えてくれる。
そのかわり私の知っていることを全て教えてあげよう、と言われます。
ニューヨークも戻ったリズはパーティーに出たり普通の生活に戻りますが、夫のスティーブンがまた大学に行きたいと言い出して絶句してしまいます。
1年前に建てた家も他人の家のように感じるリズはその夜泣きながら神に祈ります。そして離婚を決めました。
家を出て友人の家へ転がり込みますが、自分の執筆した作品の舞台で演じていた俳優のデヴィッドと出会い2人は一緒に暮らすようになります。
離婚調停、デヴィッドのヨガの導師の集まり、本屋で目にしたイタリア語の本を読んだり懸命に毎日を暮らしますが次第にデヴィッドとはうまくいかなくなっていきます。
そんなある日、バリのクトゥにもらった1枚の絵を見て自分自身を見つめる旅に出ることを決めます。
まずはイタリアへ。そしてデヴィッドの導師が営むインドの修行道場へ行き、最後はクトゥのいるバリへ。
リズの自分を取り戻す旅がはじまります。

【承】- 食べて、祈って、恋をしてのあらすじ2

イタリアへ着いたリズはまず部屋を借ります。
暮らして2週間目にスウェーデン人にソフィーに出会います。
ソフィーにイタリア語の先生ジョバンニを紹介してもらい、メキメキと上達してイタリアの生活を楽しみだします。
ある日1人でランチの時、道で恋人同士がキスをしているのをボーっと眺め、注文したパスタを見ているうちに、突然食への欲求が湧き上がりパスタを心から楽しんで完食します。
リズの中の何かが生き生きと蘇った瞬間です。
イタリア人の何たるかを教えてもらい、言葉やジェスチャーを学び太るのを気にせず食をとことん楽しみます。
ある日アウグストゥス廟を訪れその遺跡の辿った歴史を知り、変化していくことも大切でありチャンスでもあるのだと気づきます。
そして家族のように親しくなった友人たちと別れてイタリアを旅立つことにします。

【転】- 食べて、祈って、恋をしてのあらすじ3

インドでは町の喧騒に驚きながら修行道場へ向かいます。
道場では瞑想、奉仕作業をして過ごしますがリズはなかなか集中できません。
リチャードという初老の男性がズケズケとリズに近寄りイライラさせられます。
デヴィッドから電話があり、なんとなく気が滅入っているとリチャードがアドバイスをくれ、修行も真面目に取り組もうという気になります。
そんな中、道場の友人の結婚式に出たリズは、自分の結婚式を思い出します。帰りのタクシーの中でリチャードと話しながら、自分は前の夫のスティーブンに許してもらいたいのだと気づきます。
リチャードは、前の夫に許してもらうのは時間がかかるし難しいからまずは自分を許せと言いますがリズはそれは難しいと答えます。
その後リチャードは自分の過去をリズに話し、自分を許せるようになるまでここに居るんだと約束するように言います。
リチャードの去ったあと、リズの前にスティーブンが結婚式の姿で現れます。
2人はダンスを踊り、リズは自分を忘れるように言い、悲しみは消えるのだと伝えます。
リチャードとリズははすっかり大親友になりましたがリチャードは道場を去りました。
沈黙の修行をしようとしたリズですが、新しく来る人たちを指導する主任ホステスになるよう頼まれ、それを受けます。
神は自分の中にいるとわかり道場を出ることにすると、以前土産物屋で聞いたはぐれ象に出会いました。

【結】- 食べて、祈って、恋をしてのあらすじ4

バリに着くと早速クトゥに会いに行きました。
クトゥは祖父のまじないの本を写本するように言います。
バリでの住み家を決めたリズはクトゥに調和について学びます。
クトゥはリズに、朝はインドで学んだ瞑想を、昼間はバリを楽しみ、そのあと自分に会いに来るように言います。
そして1日の終わりには新しい瞑想を、その際には顔で微笑んで心で微笑んで肝臓でも微笑むようにと言いました。
ある日自転車を走らせていると車にひかれそうになり足にケガをしてしまいます。
クトゥの所へ行きますが、足のケガにはワヤンの所へ行かなくてはならないと言われます。
リズは、離婚をして小さな子供を養育しながら伝統的バリ式治療院を営む女性、ワヤンの元へ治療に訪れます。
そこで陽気なブラジル人のアルメニアと出会い、ビーチパーティーに誘われます。
そのパーティーでリズを車でひきそうになった男、フェリペと再会します。
彼もリズと同じバツイチでバリで宝石の輸出入業をしています。
そのパーティーでは若いイケメンと楽しく過ごし、お酒も飲みすぎますが恋愛ごっこは出来ず結局フェリペに車で家まで送ってもらいます。
その後フェリペはワヤンの二日酔いの薬を持ってきてくれます。
そこから2人は急速に親しくなっていきますが男女の関係にはなかなかなりません。2人とも新しい関係を築くのに勇気がいるのです。
ゆっくりと信頼関係を築き、やっと恋人同士になった2人ですが、のめり込みすぎてリズは怖くなってしまいます。
親身に相談にのってくれるワヤンとワヤンの娘トゥッティはリズの家族のようなものです。
リズは自分の誕生日にプレゼントをくれる代わりにワヤン親子へ家を建てられるように寄付をするように友人たちに提案します。
ワヤンは離婚しているのでバリではのけ者のような扱いで子供の養育権を得るために風呂場のマットまで売ったこともあるのです。
友人たちからの寄付も集まり、ワヤンは家を建てることが出来ます。
ある日、リズはフェリペに浜辺へ連れ出され、そこでニューヨークとバリを行き来する生活をしないかとプロポーズされます。
リズは一歩を踏み出しせっかく手に入れた調和を失う事を恐れ、2人は別れてしまいます。
アメリカへ帰る直前にリズは出来上がった写本を持ってクトゥの元を訪れます。
リズが調和が崩れるから恋人とは別れたとクトゥに告げると、クトゥは「愛のために調和を失うことは調和のある生き方の一部なんだよ。」と教えます。
そしてリズはフェリペのプロポーズにイタリアで習った「アトラヴェルシアーモ」(さぁ、渡りましょう)と答えます。
フェリペと生きていくことを決めたのです。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「食べて、祈って、恋をして」の商品はこちら