かもめ食堂

「かもめ食堂」のネタバレあらすじ結末

原作は群ようこがこの映画のための書き下ろした。フィンランドのヘルシンキに開店した日本女性サチエが経営する「かもめ食堂」を舞台に物語は始まる。ゆったりとした空気で独特の世界観の映画です。

映画「かもめ食堂」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「かもめ食堂」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

かもめ食堂の主な出演者

サチエ(小林聡美)、ミドリ(片桐はいり)、マサコ(もたいまさこ)、マッティ(マルック・ペルトラ)

かもめ食堂のネタバレあらすじ

【起】- かもめ食堂のあらすじ1

夏のある日、ヘルシンキに「かもめ食堂」をオープンした、日本人女性サチエ。メインメニューは、サチエのこだわりのおにぎり。なかなか誰も食堂にやってこないにもかかわらず、「毎日まじめにやっていれば、いつかお客さんはやってくる」と思い、きちんとした規則正しい日々を送っていた。

【承】- かもめ食堂のあらすじ2

ある日、ついにかもめ食堂に最初のお客さんがやってきた。日本オタクの青年トンミ。同じ日の夕方、カフェで、日本人女性のミドリと知り合う、サチエ。ミドリはかもめ食堂を手伝うようになる。トンミ、ミドリ、サチエの3人だけの日々が続いていたかもめ食堂にも、少しずつ、お客さんが来るようになってきた。又一人日本女性マサコがヘルシンキに降り立つ。彼女もやはりかもめ食堂にたどり着く。そして、性格も生い立ちも違う3人の女性が、かもめ食堂で働くこととなる。そしてかもめ食堂は段々人気が出始め、ゆったりと日々は過ぎていくのであった。

【転】- かもめ食堂のあらすじ3

ある時、いわくのありそうなフィンランド女性が食堂にやってきて、マサコと、お酒を飲みあう。酔いつぶれた後、彼女は自分の人生について語る。彼女のもとを去っていった夫は、サチエにコーヒーの上手な入れ方を教えた男性マッティだった。そしてある時、泥棒がやってくる。

【結】- かもめ食堂のあらすじ4

泥棒の正体は、なんとマッティだった。実は、以前同じ場所でカフェを開いていて、当時のコーヒーメーカーをとりにきたのだった。かもめ食堂は、徐々にお客さんが増えていき、サチエのこだわりのおにぎりも、注文がはいるようになる。そして、ある日とうとう、サチエの夢であったかもめ食堂が満席になる日がやってくるのであった。

みんなの感想

ライターの感想

本作品のゆるい感じがとても好きです。出てくる料理はどれも美味しそうで、料理は苦手ですが自分でチャレンジしたくなります。特に、おばさまたちを引きつけたシナモンロールが美味しそう!
登場人物が全ていい人で、優しい雰囲気に包まれます。片桐はいりさん演じるミドリとの出会いのきっかけが、アニメ「ガッチャマンの主題歌」というところが面白かったです。
本作品の舞台である「かもめ食堂」は、現地に実存する食堂“Kahvila SUOMI”が使用されております。フィンランドへ旅行の際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

    ZSRさんの感想

    「いわくありげなフィンランド女性の夫は(中略)サチエにコーヒーの上手な入れ方を教えた男性マッティだった。」
    これ、違います。間違いです。彼女はマッティの素性は知っていましたが、夫ではありません。劇中、夫らしき人物がチラッと写ります。

映画の感想を投稿する

映画「かもめ食堂」の商品はこちら

かもめ食堂[Blu-ray]