そして父になる

「そして父になる」のネタバレあらすじ結末

映画のキャッチコピーは、「6年間育てた息子は、他人の子でした。」家族の絆を描く感動作です。
第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作品。福山雅治が父親役を演じたことでも話題の映画です。

映画「そして父になる」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「そして父になる」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

そして父になるの主な出演者

野々宮 良多(福山雅治)、野々宮 みどり(尾野真千子)、斎木 ゆかり(真木よう子)、斎木 雄大(リリー・フランキー)、石関 里子(樹木希林)

そして父になるのネタバレあらすじ

【起】- そして父になるのあらすじ1

都内の一流企業に勤めるエリートの野々宮良多(福山雅治)は、妻(尾野真千子)と6歳になる一人息子と暮らしていた。
ある日突然病院から連絡があり、自分が育ててきた子は、取り違えられた他人の子であったという衝撃の事実が発覚する。
野々宮夫妻の苦悩の日々が始まった。その一方で良多は、自分に似ずおっとりした性格の息子に対し感じていた不満を改めて自覚する。

【承】- そして父になるのあらすじ2

取り違えられた相手方の家族は、群馬県で小さな電気屋をしている斎木家族(リリー・フランキーと真木よう子)であった。
斎木家には、取り違えられた息子の他に2人の子供がおり、狭く古い家で賑やかに生活していた。
病院により引き合わされた両家族は、戸惑いを抱えながら交流を始める。

【転】- そして父になるのあらすじ3

過去に起こった取り違え事件では、100%血の繋がりが選択されてきたというが、6年間自分の子供と思い育ててきた両家は苦しむ。
一時は良多は、どうせならば子供2人とも引き取ってしまおうとした。
子供を交換するなら、子供が小さいうちの方が良いという良多の意見で、交換する方向となった。
週末に子供を互いの家に泊まらせて慣らしていき、ついに交換を行う。
子供達は元の親が恋しい。良多と血の繋がった息子が、育てられた群馬の斎木家へ一人で向かったが、良多に迎えに来られ東京へ戻った。
良多は、血の繋がった子供と仲良くなろうとする一方で、6年間育てた子供のことを考えていた。

【結】- そして父になるのあらすじ4

良多は、自分と血の繋がった子と打ち解け始めるが、ある夜子供から「元の親のところへ帰りたい」という本心を聞いた。
良多も、6年間自分が育てた子が自分にしてくれた事や、一緒に過ごしてきた時間を思い、一人涙を流す。その涙を妻が見て、気持ちを分かち合う。
野々宮夫妻は、子を連れて斎木家へ向かう。そして、良多は6年間育てた子に心からの思いを話し、父としての自分と向き合う。
映画の最後、両家族が「交換」をやめたのかどうか、はっきりとは描かれておらず観客に解釈を委ねられている。
しかし、絆とは何か、親子とは何かを掴んだ良多は、より良い道を選ぶことが出来るはず。爽やかなラストである。

みんなの感想

ライターの感想

ストーリー中に裁判しているシーンが登場します。
裕福な野々宮家をねたんで、当時病院で働いていた看護師が、故意に二人の赤ちゃんを入れ替えたこと激白する、非常に深刻なシーンです。観ているこちらまで頭に血が上ってきそうな、緊迫した法廷の風景だったので家庭裁判所で撮影したのかな?と思えるシーン。でも実は、この場面のロケ地は築地本願寺なんだそうです!まさか、お寺の敷地内だったとは…。とても意外で驚きました。
このお話は、主演の福山雅治さんが自身のラジオ番組でもチラリとおっしゃっていたことがありますので、まぎれもない事実です!

ライターの感想

子供の取り違えというのは、今でこそ考えられないことではありますが、今後も全くないとも言い切れません。子供を取り違えられたまま、6年間も一緒にいて、それを今更本当の親のところへ戻しても、スムーズにいくはずもありません。
元の親子に交換することになったものの、それがうまくいかず、結局交換したままなのか、やめてしまったのかは分かりませんが、見る人の想像に任せるという終わり方だったので、色々な解釈ができて面白いと思いました。難しい問題を心情の変化も丁寧に描いた良い作品でした。

ライターの感想

子供をもつ親にとってはとても切ない映画です。
子供を病院で取り違えられたことを知ってから、自分の子供を眺めている小野真知子さんを見て涙が止まりませんでした。5年間一緒に暮らしてきた息子。赤ちゃんの頃からずっと自分の子供だと思っていたのに、急に他人の子だと言われた気持ちを考えると、切なすぎます。そこからどう生きていくかを必死に考える2組の夫婦の苦悩が描かれ、映画を見終わると自分の子供をきつく抱きしめたくなる映画でした。

ライターの感想

非常に考えさせられる映画です。子供を病院で取り違えられるという今までに何回も見聞きしてきたような題材ですが、この作品はリアリティーを大事にしていると思いました。キレイゴトが無いところも良いです。
何年も育てた我が子と他の家庭で育った実の子を交換する。残酷ですが、それが正しい選択だと疑わない福山さん演じる仕事人間の父親。器用で負けず嫌いな自分に似ていない我が子にどこか違和感を覚えていたと告げるシーンは、奥さんの気持ちを考えると胸が引き裂かれます。
父親と母親では少し考え方が異なるのかもしれないと思わせる場面です。しかし実際に子供を交換すると決めてから、我が子と接すると父親にも変化が見られます。血が繋がっていなくても間違いなく我が子だったのだと感じ、福山さんがひとり涙するシーンはもうボロボロに泣けます。
最後は子供や親たちが、それぞれ明るい未来に向かっていけるような気がしたので、少しホッとしました。

映画の感想を投稿する

映画「そして父になる」の商品はこちら

そして父になる【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)