キャタピラー

「キャタピラー」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

2010年上映の日本映画。監督は若松 孝二 氏。江戸川乱歩の短編小説『芋虫』をメインとしたオリジナルの物語。日中戦争に翻弄された夫婦の姿を通し戦争が残した愚かさと悲劇、そしてある意味『性と生』を現した作品。主演の寺島しのぶは、2010年ベルリン国際映画祭最優秀女 優賞を受賞。

映画「キャタピラー」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「キャタピラー」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

キャタピラーの主な出演者

寺島しのぶ(妻シゲ子) 大西信満(黒川久蔵)

キャタピラーのネタバレあらすじ

【起】- キャタピラーのあらすじ1

1940年、農村に住む青年、黒川久蔵は激化した日中戦争に伴い徴兵を受け、戦地へと赴いた。
それから4年後、久蔵は目を覆いたくなるような姿で戦地から戻ってきた。
頭部に深く醜い火傷を負い、四肢を失った (まさに芋虫=キャタピラー) 姿で村に帰還する。戦線で激しい爆発に巻き込まれた久蔵は、体だけでなく声帯を傷つけて話すこともできない上、耳もほとんど聴こえない有り様であった。
お国の為に戦った「不死身の兵士」と新聞に書き立てられ、少尉にまで昇進した久蔵。村人は彼を「軍神様」と呼び崇め称える。
しかし親戚たちは彼の変わり果てた姿に絶望し、また、身の回りのことが全て出来なくなった久蔵を妻であるシゲ子に世話を全て押し付けてしまうのであった。

【承】- キャタピラーのあらすじ2

シゲ子は久蔵を殺し無理心中をしようと考えるが思い留まり、『軍神』の妻として献身的に尽くすように決心するのであった。
畑仕事に行く時には、必ずリアカーに久蔵を乗せて『軍神様』である彼を村人に合わせていた。
戦地に赴く前、外面は好青年として通っていた久蔵は、実は家庭内では欲深く暴力的な性格の男性であった。彼は体に残された微かな知覚で意思を伝える。それは強欲さの変わらないままの久蔵であった。リアカーに乗せて村人達に「軍神様」として会わせることも久蔵のお国の為に戦った戦士としての誇示の気持ちを済ませてやる行為であったのであろう。
美味な食事、自身の名誉の誇示、そして性行為を欲望の捌け口のごとくシゲ子に要求し続けていくのだった。

【転】- キャタピラーのあらすじ3

1945年、久蔵は頻繁に発作的な錯乱に襲われるようになり、次第にインポテンツになっていった。実は、彼は戦地で炎に焼かれる屋敷内で中国人の少女を強姦、虐殺した記憶に心の中で罪悪感に苛まれていたのだった。
それを知らないシゲ子は、性行為が出来なくなった彼を「子供の産めない女の私への嫌みだ」「女性として飽きたのか?」と、かつて暴力によって自分を支配していた夫への憎悪や怒り、そしてある意味有り余るシゲ子なりの愛憎を爆発させ、気性が激しく性欲が旺盛な本性を露にするようになり、久蔵を責めるのであった。
一切の抵抗ができない身体となった久蔵は、シゲ子のその姿が過去の自分の姿と重なるようになり、日を重ねるごとに正気を失っていくのだった。

【結】- キャタピラーのあらすじ4

夏になり、畑仕事をしているシゲ子の元へ村人にはクマと呼ばれ変人とされる彼が現れ「日本が降伏した」と伝える。戦争を忌み嫌っていたクマは大きな声で「戦争が終わった。万歳」と叫び、シゲ子も爽々と、晴れ晴れとした表情でそれに続き喜ぶ。
この頃、終戦を知ってか知らぬか、久蔵は家からまさに芋虫のように泥まみれになり這い出し庭の池へと向かっていた。
醜く変形してしまった自分の顔を水面に初めてみる久蔵。
すこしづつ池のなかに進んでいく。
その傍らでは、芋虫が水面に浮かんでもがいているのであった。

みんなの感想

ライターの感想

戦争によって腕や脚を失った兵士黒川久蔵役を大西信満さんが演じています。CGの技術も著しく進化した昨今なので、久蔵の体も常にCGを使用したと思われがちなのですが、一部のシーン以外は映像処理を施していないそうです。では、どうやって撮影したのかというと、前方から撮影する場合は体の後ろ側に手脚を縛り、後方から撮影する場合は、前側に縛ったそうです。
とてもそんな古典的な手法を使ったとは思えないほど、不自然さがなかったので、改めて大西さんの演技力の高さを感じます。戦争の惨さ、残虐さを胸が痛むほど感じる映画です。寺島しのぶさんが苦悩する久蔵の妻役を見事に演じ、ベルリン国際映画祭では最優秀女優賞を受賞しましたが大西さんもそれに匹敵ほどの実力があると思います。
これからこの作品を見る人は、ぜひ彼にも注目してほしいです。

ライターの感想

冒頭から衝撃のシーンではじまります。場所は中国でしょうか、主人公の青年兵が現地の女性を追い掛け回し強姦におよびます。
これがオープニングのシーンで流れ、次のシーンで青年兵は両手足を切断された状態で日本に帰還します。
四肢をもがれた青年兵は一人では食事も排泄も、何もすることができないので、パートナーの女性に介護してもらいながらの生活になるのですが、映画後半で冒頭の現地の女性を強姦するシーンが、青年兵の頭の中にフラッシュバックとして甦り、もがき苦しむのですが、戦場での異常心理が起こした行動と罪悪感が表現された、息を飲む演技を見ることができます。

映画の感想を投稿する

映画「キャタピラー」の商品はこちら

キャタピラー [DVD]