ギルバート・グレイプ

「ギルバート・グレイプ」のネタバレあらすじ結末

ギルバート・グレイプの紹介:平凡な街で暮らす一人の若者が、家族や恋人との関係に悩み傷つきながら、幸せを見出していくストーリー。ディカプリオ少年の天才的な演技力が話題に。

映画「ギルバート・グレイプ」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「ギルバート・グレイプ」のネタバレあらすじに注意ください。

ギルバート・グレイプの主な出演者

ギルバートグレイプ(ジョニー・デップ)、アーニーグレイプ(レオナルド・ディカプリオ)、ベッキー(ジュリエット・ルイス)、ベティ・カーヴァー(メアリー・スティーンバーゲン)

ギルバート・グレイプのネタバレあらすじ

【起】- ギルバート・グレイプのあらすじ1

主人公はジョニー・デップ演じるギルバート・グレイプです。小さな田舎町に暮らす優しげな青年です。
彼の家族は知能障害を抱える弟アーニー。かなりの問題児で、たびたびハプニングを起こします。そんな弟に翻弄されながらも優しく見守り、かいがいしく面倒を見るギルバート。さらに悩みの種は母のボニー。彼女は夫が自殺をしたショックで精神のバランスを崩し、外出もできないほど太っているのです。そんな手のかかる家族を、姉と妹とともに面倒を見る日々が描かれます。ギルバートの家族を思う気持ち、自由を求める気持ちの葛藤がみどころ。

【承】- ギルバート・グレイプのあらすじ2

そんなとき、ギルバートの暮らす街に一組の親子がやってきます。ベッキーとその母親です。彼女たちはトレーラーハウスで旅をして暮らしています。
トレーラーが故障し、ベッキーたちは車が治るまで街にとどまることに。ギルバートはベッキーと出会い、彼女の自由さに触れ、二人はひかれあうようになります。

【転】- ギルバート・グレイプのあらすじ3

ベッキーに出会ったことで、次第に自分の不自由な環境を変えたいと願うようになるギルバートでしたが、同時に家族をひたむきに思う彼は母と弟の世話も放り出すことができません。そんなとき、彼は自分の閉塞感や苦しみをふとしたときに弟アーニーにぶつけてしまいます。激しく落ち込むギルバートを優しく慰めるベッキー。
そんな中、アーニーの誕生日がやってきます。ベッキーも誕生会に招待され、ほとんど人と会うことがなかったギルバートの母親に挨拶することに。
母も彼女の偏見のない態度に安らかな気持ちを抱くのでした。

【結】- ギルバート・グレイプのあらすじ4

事態は悲しくも突然に進展します。母ボニーは自分のベッドで安らかに亡くなってしまうのです。しかし、体が大きくなりすぎたため、外に運び出すことができません。
母が死んだ後も笑い者になるのを許すことができなかったギルバートは、自らを縛り付けてきた象徴のような家を母親ごと燃やすことにします。
残された家族とともにその家が燃えていくのを見守るシーンは涙を誘います。
母の死により、吹っ切れたギルバート。弟の世話は引き続きありますが、自分のやりたいことをあきらめ、何も行動を起こさない日々に別れをつげます。
再び街にやってきたベッキーとともに、アーニーを連れて旅に出るのでした。
彼の未来には希望があふれています。

みんなの感想

ライターの感想

家族のために自分の人生を犠牲にしつつ生きていくギルバートの姿が、力強く描かれています。誰よりも家族を愛しながらも、自由を求めるあまりに感情を爆発させてしまうシーンは、見ていて単に同情だけでなく、もどかしさを感じます。そして最後の、母ごと家を燃やしてしまうシーンは、ギルバートの今までしがらみからの解放と、新しい出発を表しており、胸にジーンとくるものがあります。
ハッピーエンドではないものの、ギルバートの明るい未来を彷彿とさせる名作です。

ライターの感想

アメリカの田舎町で、太り過ぎて引きこもりの母と知的障がいのある弟を抱え鬱屈の日々を過ごすギルバート。
このギルバート演じるのが若き日のジョニーデップ。天真爛漫ながらもトラブルメーカーの知的障がいの弟役を見事な演技で魅せるのが幼い頃のレオナルドディカプリオ。
この二大俳優が出演していることで有名な「ギルバートグレイプ」ですが、この映画の本質はストーリーの素晴らしさだと思います。
家族に縛られ街の外への憧れと諦めで苦悩するギルバート。そこへ街から街へ放浪し自由気ままな少女ベッキーが現れることでギルバートは刺激を受けます。
印象に残ったのはギルバートが日課である弟をお風呂に入れることをさぼり、自分でお風呂から上がるよういい聞かせて遊びに行ってしまうシーン。
帰ってくると弟はお風呂から上がることができず冷めた湯船でガタガタ震えています。それを見てギルバートはやっぱり自分は家族を捨てこの街を出ることは出来ないと悟ったのだと感じました。
これから青春をこの街で費やし明るい未来はないのかと思わせたギルバート。しかし結末は予想に反しとても爽やかでした。
私のベスト1となったこの映画、いつまでも心に残る名作です。

映画の感想を投稿する

映画「ギルバート・グレイプ」の商品はこちら

ギルバート・グレイプ [DVD]