セッションズ

「セッションズ」のネタバレあらすじ結末

ベンリューイン監督・脚本によるアメリカ映画で、2012年にアメリカで開催された三ダンス映画祭で観客賞(合衆国ドラマ部門)を受賞。映画に出演しているヘレン・ハントは第85回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされている。

映画「セッションズ」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「セッションズ」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

セッションズの主な出演者

ジョン・ホークス(主人公マーク)、ヘレン・ハント(セックスセラピスト シェリル)、ウィリアム・H・メイシー(神父)、アニカ・マークス(アマンダ)

セッションズのネタバレあらすじ

【起】- セッションズのあらすじ1

主人公マーク(ジョン・ホークス)は、頭脳明晰で、カリフォルニア大学バークレー校を卒業し、ジャーナリストでもあり詩人でもある。幼少時に発症したポリオが原因で首から下が動かすことができない。また重い呼吸器障害でもあり「鉄の肺」と呼ばれる呼吸器の中で一日のほとんどを過ごしている。外出は3時間程度しかできない体の不自由なマーク。38歳になったマークは、美しい女性ヘルパーのアマンダ(アニカ・マークス)に出会う。

【承】- セッションズのあらすじ2

恋をした主人公マークは、愛する女性と結ばれたい欲求にかられる。女性経験のないマークは戸惑いつつも、障害者のセックスに関する記事依頼があり、自身もセックスへの関心を抱く。思い悩んだマークは、友人でもあるブレンダン神父(ウィリアム・H・メイシー)に相談し彼の後押しもあり、ヘレン・ハント演じるセックス・サングロート(代理人)の存在を知り、6回のセッションを受けることにする。

【転】- セッションズのあらすじ3

セックス・サングロートのシェリル(ヘレン・ハント)とのセッションを重ねるにつれ、次第に彼女へ恋心を抱いていくマーク。しかし、彼女は、既婚者で子供と夫を持つ主婦でもある。彼女は、セックスセラピストとして真剣にマークと向き合うも、プライベートとセラピスト活動を完全に分けた生活をしていた。ある日、マークは自分の思いを綴ったポエムをシェリルの家に送る。そのポエムを見つけたシェリルの夫は激怒しゴミ捨て場に捨ててしまう。

【結】- セッションズのあらすじ4

シェリルは、夫に内緒でゴミ箱からポエムを探し出す。少しずつマークの想いに心を動かされるシェリル。5回目のセッションでマークとシェリルは、本当の意味でのセックスをともに分かち合う。二人の愛が芽生え始めたが、家族のいるシェリルは、残す1回のセッションをすることなくマークの元から去った。
その後、彼は病により若くしてこの世から去った。しかし、彼の愛の象徴であるポエムは葬儀にも読まれ、彼の深い愛に導かれたアマンダやシェリルも最後の別れに訪れる。こうして、彼は愛に満ちた人生を終え、映画の幕を閉じる。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「セッションズ」の商品はこちら

Sessions [DVD] [Import]