ダンサー・イン・ザ・ダーク

「ダンサーインザダーク」のネタバレあらすじ結末

ダンサー・イン・ザ・ダークの紹介:人気女性歌手ビョークを主役に据え、主人公の空想をミュージカル風に表現し高く評価された。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞にノミネート、2000年の第53回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞している。

映画「ダンサーインザダーク」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「ダンサーインザダーク」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

ダンサーインザダークの主な出演者

セルマ・イェスコヴァ(ビョーク) キャシー(カトリーヌ・ドヌーヴ)、ビル (デヴィッド・モース) 、ジェフ (ピーター・ストーメア)、ノーマン (ジャン=マルク・バール)

ダンサーインザダークのネタバレあらすじ

【起】- ダンサーインザダークのあらすじ1

(オープニング:暗い画面に音楽のみ流れる。盲目の世界を暗示している)
故郷・チェコからアメリカに渡ってきた若い女性・セルマは、昼間は工場で働きながら、女手ひとつで12歳の息子・ジーンを育てていました。夜は内職もしています。
警官のビルとその妻・リンダ夫妻の家の敷地内にある、トレーラーハウスを借りて暮らすセルマの暮らしは楽ではありません。
セルマは遺伝性の目の病気を持っており、現在は弱視で、もうすぐ失明すると言われています。
セルマの目の病気は息子・ジーンにも遺伝していました。しかし主治医の言葉によると、手術をすれば失明から逃れられます。
セルマは表向きは「故郷・チェコにいる父に送金するため」と偽り、息子・ジーンの手術のために、必死で貯金していました。
13歳になればジーンは手術できます。また貯金も手術の金額に達するところまで、あともう少しでした。
セルマは仕事を増やしてでも、金を稼ごうとしました。
そんなセルマの楽しみは、ミュージカルの舞台で歌いながら踊ることです。舞台の稽古も必死でおこなっていました。
セルマの目の障害を知る周囲の友人は、優しく接してくれます。
同じ工場に勤務し、同じ舞台に立つ親友の中年女性・キャシーは、常にセルマによりそい、手助けします。工場に提出するセルマの健康診断の視力検査の際には、書かれている文字を大きく書いてセルマに暗記させ、検査をパスさせます。ちなみに眼科医もセルマが暗記したのを知りながら、見て見ぬふりをします。
セルマは大切な友人・キャシーのことを「クヴァルダ」と呼びかけました。セルマが考える、キャシーの別の名前です。
隣人にあたるビルとリンダ夫妻は、トレーラーハウスを格安でセルマに貸します。
同じ街に住むジェフという男性はセルマが好きで、積極的にアタックしますが、セルマは断ります。ジェフのことが嫌いというわけではありません。むしろ夫にするならジェフしかいないと思っています。
しかしセルマの最優先課題は「息子・ジーンに手術を受けさせ、失明をまぬかれさせること」で、自分の幸福は二の次でした。
舞台稽古では『My Favorite Things』を歌いながら踊るのですが、手渡されるヤカンの位置も分からないほどです。大好きなミュージカルの舞台も、そろそろ限界に来ていました。

【承】- ダンサーインザダークのあらすじ2

仕事でも、鉄板の位置が分かりづらく、誤って2枚プレスしそうになります。これはキャシーがいち早く気づいて、止めてくれました。
息子のジーンは学校の悪い仲間と付き合おうとしますが、セルマは「学校の勉強は大事」と言い聞かせます。
12歳のジーンが自転車を欲しがります。クラスで持っていないのはジーンだけです。
キャシーやジェフ、ビルとリンダ夫妻がジーンに自転車をプレゼントしました。高価なプレゼントは駄目と言いながら、セルマは喜ぶジーンの姿を見て受け取ります。
隣家のビルとリンダ夫妻は、一見裕福な暮らしをしているようでした。妻・リンダはよくセルマに「ビルは遺産が入ったから」金持ちだという発言をします。
しかしある夜、ビルがリンダにぼやきました。実は想像以上にリンダが浪費家で、遺産はとうに食い潰してしまっており、銀行が家を差し押さえている状態なのです。
セルマは泣くビルを慰め、ビルも弱音を吐いたことを恥じました。セルマは「私も秘密を言っていい?」と、今年中に失明することと、息子の手術のことを話します。それまで誰にも言わなかったことでした。
チェコからアメリカに渡ってきたのは、アメリカでならジーンに手術ができるからです。セルマは自分が失明するのはそうショックではないけれども、目の病気が遺伝すると知っていて生んだ息子・ジーンの目は助けたいと考えていました。
父への送金も嘘で、手術の費用ももうすぐ貯まるとビルに告げます。セルマが貯金していることを、ビルは知りました。
工場まで自転車で通うセルマですが、自転車の運転も危なくなってきます。セルマに思いを寄せるジェフが、車に乗せて帰ると言いますが、セルマは固辞します。そこへ警官のビルがやってきて、代わりに連れて帰ると言いました。
ビルは車内でセルマに金の無心をしますが、セルマは断ります。ビルは追いつめられており、いっそ自殺でもしようかと考えているほどです。
失明の時は近くなっていました。舞台ではセルマの代役として新人の女性・スーザンが決まり、試しに次の日曜にセルマとスーザンが踊ってみます。
自分の失明が近いセルマはあせり、内職を増やして工場の夜勤も入れました。キャシーは夜勤に反対しますが、セルマにやめる気がないと知ると、フォローに来てくれます。
毎日の労働は厳しいけれど、セルマにとっては工場のプレスの作業音も、ダンスの演奏に聞こえました。セルマは働きながら、その音に合わせて踊る空想をします。

【転】- ダンサーインザダークのあらすじ3

深夜まで働いたセルマを、ジェフが迎えにきていました。セルマはジェフに、キャシーを送ってくれと頼み、ひとりで徒歩で帰ります。もうその頃にはセルマは自転車に乗れず、レールの間に立って両足でレールを蹴りながら家まで帰ります。レールを蹴るのは、まっすぐ歩けているかの確認でした。
ほぼ失明状態にあることを、強がるセルマは周囲の人物に明かしませんが、周囲の人間は気づきます。
夜勤の間息子・ジーンを見てくれたビルが、帰った振りをして家に留まりました。セルマはビルに呼びかけ、声がないのを帰宅したのだと思い込み、袋からその日の給金を取り出して、棚の後ろにある隠し棚からお菓子の缶を取り出し、詰め込みます。ビルはセルマの金の隠し場所を知りました。
舞台稽古も上手くいかなくなったセルマは、コーチのサミュエルにマリア役を降りると言い出します。失明したと言いたくないセルマは、やる気が失せたと嘘をつきました。
夜勤でミスをして機械を壊したセルマは、工場をクビになります。徒歩で帰るセルマを追ったジェフは、セルマが失明したことを知ってショックを受けますが、セルマは「もう見るものは何もない」と言いました。空想では眼鏡を川に捨て、必要なものは見たからもう十分だと、空想で踊りながら歌います。
帰宅したセルマは缶の中身が抜き取られたことを知り、ビルの仕業だと気づきました。隣家を訪れるとリンダは怒っており、トレーラーハウスから出て行けと言います。ビルは金を奪っただけでなく「セルマに迫られた」とリンダに嘘をついたのです。
2階にいるビルに金を返してほしいと告げたセルマは、ビルと口論になりました。警官のビルは銃を持ち出してセルマを脅します。ビルとセルマは揉み合いになり、ビルに弾が当たりました。ビルは決意を決めます。
ビルは「死んでも自分と妻・リンダを守ろう、そのためにはセルマを悪者に仕立てあげよう」と決めました。階下のリンダに通報しろと言って被害者を装い、リンダがいなくなった隙に、セルマに自分を撃てと強要します。撃たないと金を渡さないと言われ、セルマは無我夢中で撃ちます。
ビルが金から手を離さなかったので、セルマは貸金庫でビルを闇雲に殴り、やっと金を取り戻しました。ビルがポーチに入れた金を持つと、セルマは友人・ジェフと待ち合わせしている場所に行きます。

【結】- ダンサーインザダークのあらすじ4

その足で眼科医に手術代を払いに行ったセルマは2056ドルと10セントを渡し、「ノヴィ」と名乗る者が現れたら手術をしてくれと頼みました。医者はノヴィという名が、チェコでは有名なタップダンサーだと知っていました。
芝居の稽古に行ったセルマは、警官に逮捕されます。
セルマの裁判が始まり「最も残忍で用意周到に計画していた」「障害を隠れ蓑に周囲を欺いていた」「冷酷無比」ひどい言われようです。裁判は不利でした。セルマは失明したことを周囲に隠していたのが裏目に出ます。またセルマがビルの遺体を34か所も傷つけたのは「見えないから」なのですが、世間には残忍な行為に映りました。共産主義のチェコからの移民ということも非難の対象になります。
さらに送金したという架空の父オルドリッチ・ノヴィ(チェコでは有名なタップダンサー)も召喚され、父ではないと証言しました。憧れのノヴィに会ったセルマは、法廷でノヴィと踊る自分を空想します。
セルマに第一級殺人罪として絞首刑が言い渡されます。
面会に来た友人・キャシーにセルマは「13歳の誕生日(クリスマスの頃)が来たら大事な手紙が届くから、読んでやってくれ」「病院では『ノヴィ』と名乗らせてくれ」と頼みました。ジェフが病院を突き止め、セルマが息子・ジーンの手術代を払ったことを知ります。
キャシーはその金で有能な弁護士を雇うことを勧めますが、セルマは拒否しました。セルマにとって最重要事項は息子・ジーンが失明しないことで、母である自分は大事ではないとキャシーに告げます。
セルマのかたくなさにキャシーは怒りました。
セルマに同情を寄せる女性刑務官は、刑務場まで107歩だとセルマに教え、静けさに怯えるセルマに、通風口に耳を当てるとチャペルの賛美歌が聞こえることも教えます。
獄中のセルマは『My Favorite Things』を歌うことで恐怖から逃れました。
死刑執行の日、女性刑務官は怯えるセルマに付き添ってわざと足音を立てて歩数をかぞえました。セルマは勇気づけられて歩けるようになり、絞首台まで踊りながら移動する空想をします。
キャシーが息子・ジーンの眼鏡を握らせました。息子・ジーンが手術を受けたことを知ったセルマは、未練がなくなります。
『最後から2番目の歌』を思いながら、セルマは死刑執行を受けました。足元の板が外れ、セルマは壇上から下に落ちて首吊り状態になります。
〝これは最後の歌じゃない。分かるでしょ。私たちがそうさせない限り、最後の歌にはならないの〟
それを見届ける人たちの前にカーテンが閉じられ、女性刑務官はやりきれなさに佇みました。

みんなの感想

ライターの感想

まず、すみません、時代設定がいつなのか絞り込めず。舞台『サウンド・オブ・ミュージック』の曲(のちに映画化もされた)の「My Favorite Things」が使われていることからすると、1960年以降。
チェコとスロバキアが分裂していた時代…ということで、ある程度までは絞れそうな感じ。1960年代の半ばかと思われる。
ただそうするとアメリカで絞首刑がおこなわれていた時代と、矛盾する。だから時代設定は記載せずです。
絞首刑のほうは重視しなくてもいいのかも。死刑の演出の関係で絞首刑を選んだだけかもしれん。
映画を見た人の感想は二分するだろうと思われる。「母の愛、ピュアなセルマに感動する人」と「見た後のやりきれなさに落ち込む人」と。
私は後者のほう。前者を感じるには、息子・ジーンの扱いが雑すぎる。ジーンは映画では殆ど描かれない。
なによりも納得いかん、いろんなことが。特に主人公の言動に対して。
セルマはなるたけ周囲の人に頼るまいと強がるのだが、そうかと思えば高額な自転車を受け取ったり、ジェフの送迎を受け入れたり。
息子の手術のため必死で働く姿といえば聞こえはいいが、実際は工場でプレス板の作業をしながら台本を盗み読むという…勤務態度はよろしくないぞ。
セルマを手助けするキャシーやジェフのことが可哀想に思えてならない。主人公に思い入れができないというのは致命的だと思う。
裁判の際に自己弁護のシーンはない。これも不思議。ビルと「沈黙の約束」は交わしたが、それを貫き通すほどの義理はないし(ビルは究極の「ええかっこしい男」だ!)。最初は「移民への差別を訴える映画」なのかと思ったくらい。
『最後から2番目の歌』については、映画を見るコツとして劇中途中にちらっと語られる。「最後から2番目の曲が終わったら、映画館を出ていく。そうすれば映画はいつまでも自分の中で終わらない」という意味。
・ミュージカルを間に入れることにより、少しの希望を入れようとしている
 …これは一定程度の効果は得られているとは思う。ミュージカルシーンはすべて空想なわけだが、挿入されることにより少し気分は上向く。
・人生においては決してミュージカルの舞台に立てなかったセルマだが、最後に皮肉にも絞首台という舞台に立てた
 …でもこれはつらすぎる。
そういうわけで、決して後味のよい作品ではない。

    ごめさんの感想

    公開当時観に行き、何の知識もなく観に行き、映画が始まって一時間位した時に突然ミュージカル調になったことに衝撃を受けました。そしてミュージカルが苦手な私には大嫌いな映画となり、結末も苦しく、それ以来一切この映画は頭から抹殺しておりました。
    でも再び内容を知って、また観てみたくなりました。
    ありがとうございました。

    ななさんの感想

    容姿も良くない主人公が突然ミュージカルを始めるので最初は障害者なのかと思えた。
    長いし、重いだけで何も得られるものがない映画。
    評価されている意味がわからない。

    ネモさんの感想

    母の、我が子に対する無償の愛を強く感じた。

    NOELさんの感想

    救いの無いストーリーで自分史上最低の後味の悪さ。
    最後から2番目の歌で観るのを止めれば、かすかな希望を持てたのだろうけど、最後まで見ちゃいました(笑)

    antさんの感想

    容姿が良く無ければダメなんですか?
    そんな方に映画のコメントなどする資格はないですね
    観点がずれてる
    人間的にも

    nutoさんの感想

    ビョークが好きでタイムリーに観ました。
    後味は悪いけど、何故かずっと心に残る映画です。

    ミントチョコさんの感想

    病人が働こうとする時、今の社会では殆ど大丈夫だと嘘をつくしか無い。
    嘘を付いているが故に、人々は同情していたかと思えば、殺人となると他人のように掌を返す。
    それは彼女がどの様な世界にいるか、見え無い人の世界、病と生きる人の世界が他の人には見え無いからだ。
    それは不幸な事に目が見え無いセルマにも同じで、ビルが善人か、誰が本当に理解してくれているのか彼女には見えてい無い。
    世界中の全ての人がある意味で盲目に何かを信じて日々を生きている。そういう皮肉たっぷりのミュージカル。
    何故これがミュージカルである必要があるのか?と言えば疑問だが、
    ミュージックの力が無ければこの暗い映画は誰も見なかっただろうなあとも思った。
    彼女は息子を通して見せる世界を取り戻そうとしただけの様な気もするし、それでも彼女が人を殺した事には変わりが無い。
    救いが無いが現実に何の望みも無い人生を生きている人は案外居て、その現実は想像力ではカバー仕切れ無いという事実に茫然とする映画だ。
    これはどちらかと言うとニーチェの馬みたいなアート系フイルムだなと思った。

    アンゲロプロスさんの感想

    ビヨークについてよく知らず、前情報なく見ましたが、なかなかインパクトのある映画でした。
    このような映画であまり細かなことを指摘しても意味がないと思います。要は感性的に好きか嫌いか、嫌いなら嫌いになる理由はいくらでも見つけられるでしょうが、感性で対応する映画で知的にどうということにそぐわない種の作品だと思います。
    僕はどうかと言うと、ビヨークの持ってる目力、感受性、魂の叫び・・・そんな言葉にしづらいものに魅せられ、単純に映像に惹きつけられました。

映画の感想を投稿する

映画「ダンサーインザダーク」の商品はこちら

ダンサー・イン・ザ・ダーク(Blu-ray Disc)