マッチスティック・メン

「マッチスティック・メン」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

マッチスティック・メンの紹介:ニコラス・ケイジ主演作品。詐欺師の男が実は騙されてしまっていたという、大どんでん返しが痛快でもあり、すこし心にチクッときます。

映画「マッチスティック・メン」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「マッチスティック・メン」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

マッチスティック・メンの主な出演者

ロイ・ウォラー(ニコラス・ケイジ)、フランク(サム・ロックウェル)、アンジェラ(アリソン・ローマン)、Dr.クレイン(ブルース・アルトマン)

マッチスティック・メンのネタバレあらすじ

【起】- マッチスティック・メンのあらすじ1

詐欺師のロイは相棒のフランクに、自分が極度の潔癖性であるという悩みを相談する。フランクは知り合いの精神分析医、クラインを紹介する。ロイはクラインに診察を受けている間に、別れた妻との間に14歳のアンジェラという娘がいるかもしれないと思い始める。そして、アンジェラと実際に対面したロイは最初はとまどいつつも、徐々に心が解放され、悩みの潔癖性も解消され始める。

【承】- マッチスティック・メンのあらすじ2

アンジェラはロイの仕事に興味を持ち、詐欺のやり方を教わろうとする。とまどいながらもロイは父親としてその方法を教え始める。ロイとフランクは大金持ちのチャックから大金をせしめる計画を進めている時だったので、アンジェラもいつしか手伝うようになっていった。しかしこの計画は失敗に終わり、それを機にロイは足を洗おうと決める。

【転】- マッチスティック・メンのあらすじ3

ロイとアンジェラが食事を終えて帰宅すると、銃でフランクを脅すチャックが待ちかまえていた。アンジェラがカメラに映っていたことで見つかってしまったのだ。アンジェラは銃でチャックに対抗し、撃ってしまう。アンジェラとフランクをなんとか逃がしたロイは、何者かにその場で襲われて意識を失う。ロイは病院の一室で目覚め、傍にいた警官に「チャックを撃ったのは自分だ」と言い、アンジェラの罪を被る。

【結】- マッチスティック・メンのあらすじ4

ロイはクラインを呼び、隠し金庫の暗号を伝え、アンジェラにその金で逃げるように伝えてくれと託し、また意識を失う。ロイは屋上の一室で目覚める。今までの出来事は相棒のフランクがロイに仕掛けた罠であった。実はアンジェラという娘は存在せず、ロイは全財産を失ってしまう。一年後、ロイが働いているカーペット屋にアンジェラが訪れる。二人は複雑な気持ちで再会をかみしめる。ロイは今、新たな命との出会いを待ち望んでいる。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「マッチスティック・メン」の商品はこちら

マッチスティック・メン 特別版 [DVD]