「14の夜」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

14の夜の紹介:思春期の少年のある一夜の出来事を描く「性春」ムービー。2016年製作の映画で、メガホンを取ったのは「百円の恋」の脚本で高い評価を得た足立紳。主演はオーディションで選ばれた犬飼直紀が務め、光石研、濱田マリらベテラン俳優が脇を固めた。

予告動画

14の夜の主な出演者

大山タカシ(犬飼直紀)、多田ミツル(青木柚)、岡田サトシ(中島来星)、竹内剛(河口瑛将)、西野メグミ(浅川梨奈)、金田(健太郎)、タカシの姉・春子(門脇麦)、姉の婚約者・前田(和田正人)、タカシの母・佳子(濱田マリ)、タカシの父・忠雄(光石研)

14の夜のネタバレあらすじ

【起】- 14の夜のあらすじ1

1987年、とある田舎町で暮らす14歳のタカシは思春期真っ最中。エロ本を読んだり、AVを観たりと性に敏感になっていました。その一方で、タカシは家庭に目を背けたがっていました。教員の父親が酒気帯び運転で停職処分となり、常に家にいたのです。近所の目を気にしてコソコソしているかと思えば、若い頃からの小説家の夢を諦めきれずにいる父親はプライドばかりが高く、タカシにとっては格好悪くて仕方ない男でした。

そんな夏休みのある日、タカシは柔道部仲間の竹内、サトシ、ミツルの四人で街のレンタルビデオ屋を訪れます。AV女優のよくしまる今日子のサイン会がこのビデオ屋で今夜行われるという噂があり、その下見に行こうと考えたのです。12時を過ぎれば、おっぱいを吸わせてくれるというサービスもついており、タカシたちはその噂に興奮せずにいられずにいました。しかし、ビデオ屋ではそれらしき情報を得られず、さらにはせっかくレンタルしたAVを同級生で不良の金田たち一味に奪われてしまいました。

タカシたちは廃材置き場のボロ車の中で意気消沈していました。そして、タカシは友人たちに今の正直な思いを吐露し始めました。おっぱいを揉むこともできない、何のとりえもない童貞であることにタカシは不安な思いを感じていたのです。 この映画を無料で観る

【承】- 14の夜のあらすじ2

タカシたちは夜のサイン会に行く約束をしますが、タカシには今夜大事な用事がありました。姉が婚約者を連れてくるのです。タカシが家に帰ると、父親がズボンを急いで履いて不審な動きをしていました。父親はタカシの部屋にあったAVを観ながら居間で自慰をしていたのです。必死に平静を装う父親の姿に、タカシは再び情けない思いを感じていました。

夜になり、姉と婚約者の前田がやって来ました。姉たちは婚約の報告をしようとしますが、父親は頑なにそれを避け、夕食中にもかかわらずカメラを探してばかり。ところが、妻に小説家志望であることをからかわれると父親の態度は豹変、ムキになり声を荒げ始めました。これに姉が激怒し食卓は混乱状態に。この現状にうんざりしたタカシはこの家を出ようとし、止めようとする父親に一本背負いを食らわせます。その拍子でビデオは再生を開始、家族の目の前でAVが流れ始めてしまいます。騒然とする家族を尻目にタカシはビデオ屋へと自転車を走らせ始めました。

その道中、タカシはサトシとミツルが金田たちに絡まれているのを見つけます。竹内は金田たちがいることを知って逃げ出していました。タカシたちは心霊スポットとして有名な廃材置き場に心霊写真を撮りに行けと命令され、怯えながらも現場へ。しかし、そこには意外な人物がいました。交通事故で車いす生活となったミツルの父親と、シャツとパンツしか着ない不審な女ケメ子が仲良く散歩していたのです。タカシたちはその後ろ姿を心霊写真として撮影することにしました。その後、サトシは家に帰りましたが、ミツルはタカシに見せたいものがあると言ってきました。タカシは自転車の後ろにミツルを乗せ、その場所へと向かうのでした。

【転】- 14の夜のあらすじ3

道中、二人は初めて友人らしい語らいをします。ミツルは小学生のときのタカシのことを振り返り始めました。うんこを漏らした女子のパンツを洗ってあげたタカシがとてもかっこよかった。ミツルはタカシの後ろでそう語るのでした。

二人が辿り着いたのは公園の駐車場でした。そこには駐車場の車内や公園内で情事に及ぶカップルの姿がありました。ベンチで事に及ぶカップルを木陰から見ていると、ミツルがタカシの股間を触ってきました。タカシがこれに拒否感を示すと、ミツルは痛烈なパンチをタカシの顔面めがけて打ってきました。何発も殴られ鼻血で血だらけになるタカシに、ミツルはズボンを下げ自分の陰部をなめるよう命令してきました。タカシが状況の変化を理解できずにいると、ミツルは奇声を上げてどこかに消えて行ってしまいました。

タカシは呆然と一人歩き出しました。長い道のりを歩いた末、タカシは怪しい屋台のマスターに声を掛けられご飯を恵まれます。そこで、タカシは見慣れた写真を目にします。マスターはよくしまる今日子のグラビアを読んでいたのです。よくしまる今日子のサイン会を思い出したタカシは、突然威勢よく走り出しました。途中で転びながらもなんとかタカシはビデオ屋に到着しますが、ビデオ屋のセクシーな女性店員はその噂はデマとタカシに告げます。落胆するタカシに女性店員は手を差し出せと言ってきました。タカシは差し出したその手で女性店員の胸を揉むという妄想をしますが、実際には一本のビデオが渡されただけでした。それはよくしまる今日子の海賊版ビデオで、女性店員がその場で偽のサインとキスマークをつけたものでした。タカシはそのビデオを持ってビデオ屋を後にすると、金田たちと偶然出会います。 この映画を無料で観る

【結】- 14の夜のあらすじ4

金田たちはタカシが持つビデオのサインとキスマークを本物と思い、驚きの表情を見せていました。さらに、タカシがおっぱいを吸ったと嘘をつくと、金田たちは大興奮します。しかし、そこに暴走族の集団が現れ、タカシたちは一気に表情を凍らせます。暴走族の中には、隣に住む幼馴染のメグミもいました。金田たちがカツアゲされている間、タカシは不良に変わり果てた幼馴染を見つめていました。それがメグミの彼氏の逆鱗に触れ、タカシは小便を漏らすほど震え上がりますが、メグミが彼氏を制止したことで事なきを得ました。しかし、メグミがタカシは昔から小便漏らしだったと彼氏に耳打ちしていたことを知り、タカシは激怒。タカシはメグミが小学生時代にうんこを漏らし、そのパンツを自分が洗ってあげたことを大声で暴露します。そして「でけえおっぱい揉ませろ!」とタカシは叫びますが、メグミも負けずに「やれよ!揉めよ!」と啖呵を切って来ました。タカシは金田たちの援護も受けながら暴走族と乱闘を演じますが、結局タカシの願いは叶わずに終わります。

早朝、タカシは屋外プールで目を覚ましました。傍らにいた金田は昨夜の勇敢な姿にタカシを見直し始めていました。タカシはプールでひと泳ぎして家に戻ると、庭ではなぜか父親が婚約者の前田の車を洗っていました。そんな父親に、タカシは格好良くなりたかったと自分の思いを打ち明けます。すると、父親からはお前が格好悪いのは俺のせいじゃないと答えが返ってきました。タカシは自分の部屋に戻り、ベッドに横たわりました。窓からは父親と家族のおかしな会話が聞こえてきました。その会話を聞きながら、タカシは笑い始めました。しかし、次第にその声は嗚咽に変わり、タカシは激しく泣き始めるのでした。

その頃、仏壇の前で祖母が父親のカメラを発見していました。そして、タカシたち一家は前田とともにぎこちない家族写真を撮るのでした。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

出演者のほぼすべてがどこか笑えるキャラクターで、「呆れるほどに、馬鹿だった」というキャッチコピー通りのユーモアあふれる作品です。お笑いやエロ要素がたくさんある一方で、主人公の一夜の成長物語にはせつないものがあります。思春期を経験した人なら少なからずこの映画に共感を覚えると思います。

映画の感想を投稿する