「ALWAYS 三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 三丁目の夕日の紹介:2005年公開の日本映画。西岸良平の漫画『三丁目の夕日』を原作とし、昭和30年代の古き良き時代を描き出す。映画はヒットを受けて続編が2つ作られた。

この映画を無料で観る

予告動画

ALWAYS 三丁目の夕日の主な出演者

鈴木則文(堤真一)、鈴木トモエ(薬師丸ひろ子)、鈴木一平(小清水一揮)、茶川竜之介(吉岡秀隆)、古行淳之介(須賀健太)、石崎ヒロミ(小雪)、星野六子(堀北真希)、宅間史郎(三浦友和)、大田キン(もたいまさこ)、川渕康成(小日向文世)、劇場支配人(益岡徹)、宅間の妻(麻木久仁子)

ALWAYS 三丁目の夕日のネタバレあらすじ

【起】- ALWAYS 三丁目の夕日のあらすじ1

昭和33年の東京。時代は高度経済成長期で、人々は希望に満ちた生活を送っていました。建設中の東京タワーを望む下町・夕日町三丁目でも、活気あふれる人々で賑わいます。
春…。
青森から集団就職で星野六子(むつこ)が上京しました。六子は鈴木オートという会社に就職が決まり、期待に胸を膨らませます。立派な会社を想像した六子は、鈴木オートが下町の小さな会社だと知り、落胆しました。
鈴木オートは作業場と住居がいっしょになっている家です。社長である則文は短気ですが情の厚い男で、一代で会社を築き上げたことが誇りです。妻・トモエは則文のフォローをする優しい女性で、夫婦の間には小学4年生の息子・一平がいます。 この映画を無料で観る

【承】- ALWAYS 三丁目の夕日のあらすじ2

六子は「ロクちゃん」と呼ばれ、住み込みで働きます。
鈴木オートの向かいで駄菓子屋を営む三流作家・茶川(ちゃがわ)も、片思いの飲み屋の女将・ヒロミに頼まれ、身寄りのない少年・淳之介を預かります。
引き受けた当初は淳之介に戸惑った茶川ですが、小学生向けの茶川の連載『少年冒険団』ファンの淳之介は尊敬の眼差しを向け、まんざらでもない気持ちになります。
夏…。
鈴木家に当時まだ普及していないテレビが届き、近所の話題はもちきりでした。折しもその日はプロレスラー・力道山の試合中継の日です。
近所中が集まり観戦…の筈が、コンセントが抜け画面が消えたのを故障と勘違いした茶川がチャンネルを壊し、場を白けさせます。

【転】- ALWAYS 三丁目の夕日のあらすじ3

茶川は『少年探偵団』の展開に煮詰まります。ふと淳之介のノートを見ると、淳之介は少年探偵団と似た話をたくさん作っています。茶川はそのネタを拝借し、ストーリーを作りました。
雑誌に載った回を茶川は淳之介に隠しますが、淳之介の知るところとなりました。淳之介が怒ると思って茶川は身構えますが、淳之介は案に相違して「自分の考えた作品が雑誌に載った」と涙を浮かべて喜びます。茶川は淳之介を愛しいと思うようになりました。
秋…。
淳之介の母の居場所が分かります。鈴木オートの一平と仲良くなった淳之介は2人で高円寺まで都電で行きますが、母には会えませんでした。
遅い帰宅を待つ則文と茶川は、2人の姿を見て安堵します。

【結】- ALWAYS 三丁目の夕日のあらすじ4

茶川は淳之介をぶちました。則文が驚くほどです。茶川と淳之介は親子のようでした。
冬…。
淳之介はクリスマスプレゼントに万年筆を貰い喜びます。茶川はヒロミに求婚しますが、病気の父の医療費で多額の借金を背負うヒロミは姿を消しました。
淳之介の父親が大会社の社長・川渕の息子と分かります。淳之介の行く末を思った茶川は川渕に引き渡しますが、淳之介はすぐ戻ってきました。茶川は淳之介を固く抱きしめます。
六子は「口減らしで捨てられた」と思って里帰りを渋りました。トモエは六子の母から毎月届いた手紙を見せ、そうでないと教えます。
六子は急いで列車に乗り、それを見送った鈴木家は、完成した東京タワーを見上げました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の商品はこちら