「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 続・三丁目の夕日の紹介:2007年公開の日本映画。西岸良平の漫画『三丁目の夕日』を原作とし、2005年の映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編にあたる。前作の翌年の設定。さらに後年、3作目も作られた。

予告動画

ALWAYS 続・三丁目の夕日の主な出演者

鈴木則文(堤真一)、鈴木トモエ(薬師丸ひろ子)、鈴木一平(小清水一揮)、茶川竜之介(吉岡秀隆)、古行淳之介(須賀健太)、石崎ヒロミ(小雪)、星野六子(堀北真希)、宅間史郎(三浦友和)、川渕康成(小日向文世)、鈴木大作(平田満)、鈴木美加(彩夢)、中山武雄(浅利陽介)

ALWAYS 続・三丁目の夕日のネタバレあらすじ

【起】- ALWAYS 続・三丁目の夕日のあらすじ1

昭和34年。東京タワーを望む下町・夕日町三丁目では、相変わらず活気あふれる人々で賑わっていました。
赤の他人だけど親子同然の絆で結ばれた淳之介と暮らす三流作家・茶川(ちゃがわ)を、淳之介の父・川渕が訪問しました。川渕はその後も再三にわたり淳之介を引き取りたいと言います。茶川の暮らし向きがよくないことも理由に挙げました。
茶川は片思いの相手・ヒロミが飲み屋の店を畳んだ後、踊り子をしていることを知りますが、求婚できません。
その鬱屈した思いを原稿用紙にぶつけた茶川は、何日も徹夜して、大人向けの新作『踊り子』を書き上げました。芥川賞狙いで投稿します。 この映画を無料で観る

【承】- ALWAYS 続・三丁目の夕日のあらすじ2

向かいの鈴木オートという自動車修理工場では、社長・則文、妻・トモエ、息子・一平、社員・六子が暮らします。
鈴木家に新顔が加わりました。一平のハトコの美加です。父・大作が事業に失敗したため、新たな仕事を見つけるまで、美加を預かることになりました。
美加はお嬢様育ちを鼻にかけ、鈴木オートのことをすぐバカにします。トモエや六子はそれが寂しさの裏返しだと知り、優しく接しました。美加は少しずつ鈴木家に心を開きます。
コックを目指して上京した同郷の幼馴染・中山と、六子は再会しました。中山は六子に惹かれ、デートの約束をします。
中山は仕事がうまくいかず、悪い先輩にそそのかされて詐欺の片棒を担いでいました。

【転】- ALWAYS 続・三丁目の夕日のあらすじ3

六子は心配し「夢を諦めるな」と応援します。
茶川が書いた新作『踊り子』が芥川賞の候補に挙がります。茶川は思い切ってヒロミを訪ねましたが、ヒロミは大阪の豪商の後妻になる予定で店を辞めていました。
芥川賞候補で近所はお祭り騒ぎになり、茶川を応援します。そこへ社内委員の松下と名乗る男が現れ「受賞するためには審査員を接待する必要がある」と言い、茶川はじめ三丁目の有志は、有り金をはたいて松下に渡しました。
しかしこれは中山も絡んだ詐欺で、茶川は落選しました。
ヒロミは新幹線の車内で自分への思いが綴られた茶川の作品を読み、裕福な結婚を断って茶川の元へやってきます。 この映画を無料で観る

【結】- ALWAYS 続・三丁目の夕日のあらすじ4

茶川は淳之介、ヒロミと3人で暮らす決意をしました。その姿を見た川渕は、淳之介を引き取ることを諦めます。
美加の父・大作の就職が決まりました。仕事の関係で福岡に行くことになります。
大作が迎えに来ますが、その頃美加はすっかり鈴木家になじんでいました。美加は鈴木家との別れを惜しみます。
立ち去る美加に、一平はプレゼントを渡しました。
次の休日、鈴木家と六子は東京タワーに初めてのぼりました。高いところからの景色にみんな大興奮で、声もなくタワーから見える夕日に見入ります。
同じ頃、新しく家族になった茶川とヒロミと淳之介の3人も、川べりから東京タワーを見上げていました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の商品はこちら