「FOUJITA」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

FOUJITAの紹介:2015年製作の日本/フランス合作映画で、繊細な裸婦像を得意としパリで活躍した日本人画家、藤田嗣治の半生を映画化。「眠る男」、「埋もれ木」などの作品で国際的に高い評価を受けている小栗康平がメガホンを取り、オダギリジョーが藤田嗣治の青年期から中年期までを演じた。

この映画を無料で観る

予告動画

FOUJITAの主な出演者

藤田嗣治(オダギリジョー)、君代(中谷美紀)、ユキ(アナ・ジラルド)、キキ(アンジェル・ユモー)、寛治郎(加瀬亮)

FOUJITAのネタバレあらすじ

【起】- FOUJITAのあらすじ1

1920年代のフランス、パリ。街の一角のアトリエで、一人の日本人青年が乳白色の裸婦像を描いていました。青年の名前は藤田嗣治。おかっぱ頭、ロンド眼鏡、ちょび髭…特徴的な容姿の藤田は、徐々に芸術の都パリで人気を獲得しつつありました。そんな藤田の日常は、健全とは言い難いものでした。夜は酒場で芸術談義に花を咲かせながら酔いつぶれ、お調子者を意味するフーフーというあだ名までつけられていました。

そんなある日、藤田はタペストリーの傑作「貴婦人と一角獣」を観る機会に恵まれます。その繊細な色使いに魅了された藤田は、早速3人の裸婦をモデルとした絵画制作に取り掛かます。その一方で、藤田は日本からの留学生の面倒も見ていました。若い留学生たちはパリに感動し、一人の学生がカフェで高村幸太郎の詩を朗読し始めました。それは、高村幸太郎がパリ留学した際に作った詩でしたが、藤田はそれを聞き流し、近くに座る若い女性たちを見つめていました。女性の一人が藤田の視線に気づき苦情を言いにやって来ましたが、藤田はすかさず女性のスケッチ画を手渡しました。藤田はひそかに女性を描いていたのです。女性はすっかり満足した様子でしたが、留学生たちは藤田のふるまいに苦笑いを浮かべていました。そんな学生たちに、藤田は「人間は奮闘しなくてはなりません」と言葉をかけるのでした。 この映画を無料で観る

【承】- FOUJITAのあらすじ2

「貴婦人と一角獣」に触発されて描いた絵画は、発表するやいなや絶賛を受けました。独特な乳白色を用いる藤田の絵画に対する評価は高まる一方でした。藤田はフランス人の恋人ユキとのデートやナイトクラブでのショーを楽しみながら、パリでの時間を過ごしていきました。

そんなある日、藤田は友人たちとともに「フジタ・ナイト」なる仮装パーティーを開催します。古今東西様々な衣装に身を包む友人たち。その中に、藤田のモデルを長年務めるキキの姿もありました。日本風の衣装を着て高いヒールを履いていたキキは、途中で転倒し藤田も一緒に倒れてしまいます。この転倒に出席者はおおいに笑い、もはや仮装パーティーはバカ騒ぎと化していました。

このフジタ・ナイトは藤田の想像力を刺激し、藤田は新たな創作に思いを巡らせていました。藤田は恋人のユキの美しい白い肌に人魚の入れ墨を入れたいと考えつきます。いつもと様子が異なる藤田の発言に、ユキは思わず「淋しいの?」と問いかけますが、藤田はその問いをはぐらかしてしまうのでした。

【転】- FOUJITAのあらすじ3

ときは流れ、藤田は日本に戻っていました。当時、世界は第二次世界大戦の最中で、パリはドイツの占領下にあり、日本もまた戦争当事国となっていました。そんな中、藤田は戦争画「アッツ島玉砕」を完成させます。アメリカ軍と激しく戦った末に玉砕した何人もの日本人兵士を描いた作品で、軍主催の決戦展覧会で人々はこの絵に大きな衝撃を受けていました。藤田自身もこの絵について「会心の作」と満足していました。陸軍美術協会の会長となった藤田は、陸軍の絵空事につき合うことに嫌な思いは感じていませんでした。しかし、藤田が気がかりだったのは日本軍が確実に劣勢に追いやられていることでした。

ある日、藤田は5番目の妻、君代とともに鎌倉旅行に向かいます。約20年ぶりに日本文化に触れ、藤田は心地よい気分に浸りました。それから間もなく、夫婦は戦禍を避け、田舎に疎開することとなりました。物資不足の世の中でしたが、藤田は陸軍少将の地位にあったことから比較的食料に恵まれた生活を送ることができていました。

【結】- FOUJITAのあらすじ4

ある晴れた日、藤田が散歩に出かけると、村のはずれに巨木を発見しました。堂々としたその姿に目を奪われた藤田は早速絵の製作に熱中しますが、戦争の影は藤田のいる田舎にも迫りつつありました。東京への空襲に伴い疎開者が増加し、寺の鐘を含む金属資源はすべて回収され、藤田が親しくしていた人々にも赤紙が届き始めていたのです。

その内の一人に、寛治郎という青年がいました。出征直前、寛治郎の家を藤田は妻とともに尋ねますが、寛治郎自身は出征について語ることはなく、地域に伝わる化け狐の話を藤田たちに淡々と語るばかり。横にいた寛治郎の母親がこらえきれず「死ぬな」と言うと、寛治郎は静かに「はい」とだけ答えるのでした。

藤田は陸軍に呼び出され、聖戦美術展の企画を話し合う会議に出席していました。その頃には本土決戦が現実味を帯び始め、画家が従軍することも困難になりつつありました。その会議中、藤田は一人だけ別室に呼び出されます。そこで藤田は、わが子を崖に投げ、自らも投身自殺をする母親の映像を見させられました。藤田はその映像に言葉を失ってしまうのでした。

田舎に戻った藤田は、川向こうに煙が立っているのを見つけます。その光景を不思議に思った藤田は川向こうへと向かいますが、そこで藤田は神秘的な体験に遭遇します。不気味に歩く老婆、突然目の前に現れる日本人形とフランス人形…藤田は寛治郎が話していた化け狐の物語を思い出していました。次の瞬間、村はずれにあるあの巨木が風に揺れる様子が突然映し出されます。次に画面に映ったのは、小川のほとりに積み重なった無数の兵士の遺体でした。そして、その小川の中には藤田が描いた「アッツ島玉砕」が沈んでいました。そして、最後に登場したのは藤田が手掛けたフランスのランスの礼拝堂のフレスコ画でした。キリストの生涯を描いた絵の中には、ひっそりと晩年の藤田の肖像が描きこまれていました。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

美術館で絵画を鑑賞している感覚に近い映画です。撮影はほぼ固定カメラで静物画が連続しているような映像で、さらに風景は淡い色彩で映し出されており、藤田嗣治の絵画を意識した映像だと感じました。ただ、主人公の視点で物語が展開するので、少し内容が理解しづらい面があります。その分、藤田嗣治の芸術への思い入れの深さが重視して描かれています。これといった山場はないものの、藤田の芸術へのこだわりが伝わってくる作品です。

映画の感想を投稿する

映画「FOUJITA」の商品はこちら