「HANA-BI」のネタバレあらすじ結末

HANA-BIの紹介:1997年制作の日本映画。妻や同僚の生と死を目の当たりにした、孤独な刑事の生き様を描く北野武監督作品。97年ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞をはじめ、数々の賞を受賞した。

予告動画

HANA-BIの主な出演者

西佳敬(ビートたけし)、西美幸(岸本加世子)、堀部泰助(大杉漣)、中村靖(寺島進)、東条正次(白竜)、スクラップ屋の親父(渡辺哲)、凶悪犯(薬師寺保栄)、田中(芦川誠)、田中の妻(大家由祐子)、永井刑事(逸見太郎)

HANA-BIのネタバレあらすじ

【起】- HANA-BIのあらすじ1

西佳敬と堀部泰助は、同僚の刑事です。
西の妻・美幸は体調を崩して入院しており、西は医師から妻・美幸が不治の病に侵されており、余命いくばくもないと知らされました。
西はショックを受けますが、どうしようもありません。入院する妻・美幸を見舞いに行っても、黙ってそばについているだけです。
そんな西の状況を知る堀部は、張り込みを買って出ました。そして西の代わりに張り込みした堀部は、犯人に撃たれます。
堀部は負傷して下半身不随となりました。 この映画を無料で観る

【承】- HANA-BIのあらすじ2

憤りを覚えた西は、駅の構内で凶悪犯を捕まえようとします。
その際、西は凶悪犯に投げ飛ばされ、さらに凶悪犯は西の部下の田中が射殺し、同じく部下の中村も撃ちました。
堀部だけでなく、部下2人をも目の前で撃たれた西は逆上し、凶悪犯を銃で仕留め、さらに凶悪犯の死体に全弾を撃ち込みます。
凶悪犯を射殺した西は、懲戒処分を受けました。
西は行く末短い妻・美幸に贅沢をさせたくて、ヤクザに借金をします。

【転】- HANA-BIのあらすじ3

下半身不随になった堀部は職を辞し、車椅子生活です。妻子に去られた堀部は、去り際に妻が「絵を描けば」と言ったのをきっかけに、絵を描き始めました。
西はそんな堀部に画材道具を買ってプレゼントしたり、亡くなった部下・田中の妻に送金したりするうちに、ヤクザからの借金がふくらみます。
借金を返せなくなった西は、銀行強盗を計画しました。
スクラップ屋の親父が協力し、西が盗んだタクシーをパトカーに改造したり、モデルガンを提供したりします。 この映画を無料で観る

【結】- HANA-BIのあらすじ4

警官姿で銀行に入った西は強盗を成功させ、ヤクザに借金を返済して妻・美幸と自動車で鎌倉方面へ旅に出ました。
銀行強盗が西の仕業だと知ったヤクザたちが、借金を返済したにもかかわらず、旅先まで西を追いかけてきます。
妻・美幸との残されたわずかな時間を邪魔されたくない西は、追ってきたヤクザ3人を次々に殺害しました。
西の元部下の中村が、西を逮捕しにやってきます。
西は中村にもう少し時間をくれと頼むと、妻・美幸と一緒に拳銃自殺しました。

みんなの感想

ライターの感想

北野監督がバイク事故の際に臨死体験をしたそうで、その経験を元にこの映画を撮ったと聞いたことがあります。
北野作品には毎回のように、たけし軍団のどなたかが出演していることが多いですが、『HANA−BI』では他の作品に比べて多くの軍団の方が登場しているように思います。
勝手な想像ですが、北野監督が大事故に遭いながらも一命を取り留めたことで、軍団への感謝の気持ちを表すために、多数メンバーを起用したのではないかと感じました。古い車に塗装をして偽造パトカーを造ったシーンが印象的でした。
この映画を観た当時10代だった自分は、パトカーには専用の車種があると思い込んでいました(恥)。このシーンを見て、一般的な車種がパトカーとして使われているということに気づかされたものです…。
映画から学ぶことがたくさんあるということ知った作品となりました。

映画の感想を投稿する

映画「HANA-BI」の商品はこちら