「orange」のネタバレあらすじ結末

orangeの紹介:主人公、菜穂の元に一通の手紙が届きました。その手紙は、10年後の自分からのものだった。その手紙には、これから転校してくる翔のことが書かれてあります。『現在、翔はここにはいません。翔を救ってください』という内容の手紙を見た菜穂。翔を救い、未来でも一緒に過ごせるように、菜穂や翔を大好きな仲間たちは、後悔のないよう行動していく物語です。

予告動画

orangeの主な出演者

高宮菜穂(土屋太鳳)、成瀬翔(山崎賢人)

orangeのネタバレあらすじ

【起】- orangeのあらすじ1

16歳の春、高宮菜穂に一通の手紙が届きます。その手紙は10年後の自分からのものでした。
手紙の内容を見て半信半疑の菜穂でしたが、その通りのことが起こっていることに気づきます。
その手紙の内容のなかには、これから転校してくる成瀬翔のことが書かれてあります。
『今、翔はここにはいません。翔を救ってください』という手紙の内容を見た菜穂は、未来を変えるために行動していきます。
しかし、始めはどうして良いか分からない菜穂は、10年後の自分が願っているように行動できずに思い悩みます。
本当に、手紙の内容を通りにすれば未来は変えられるのか分からないけれど、とにかく翔を救いたいという一心で菜穂は「今」を精一杯に生きます。 この映画を無料で観る

【承】- orangeのあらすじ2

『始業式の日は、翔を誘わないでほしい』と手紙に書いてありましたが、菜穂はその手紙の約束を果たせずにいました。
その日は菜穂が普段から仲の良い4人とともに、翔を誘い楽しく過ごしていました。
しかし、その次の日から2週間、翔の姿を見ることはありませんでした。
2週間後、学校に姿を見せた翔に声をかけると、何事もなかったかのような笑顔を見せていたので、菜穂もみんなも安心していました。
しかし、精神的に不安定な状態が続いていた翔の母は、始業式の日に翔に約束を断られ、自殺していたのでした。
そのことを手紙を通して知る菜穂は、翔の抱えている辛い心を救おうと積極的に話しかけます。
そんな日々も続いたなか、翔は先輩に告白されて付き合うことになります。

【転】- orangeのあらすじ3

菜穂と翔はとても親しくしていましたが、翔が先輩と付き合い始めたことから二人の距離は遠くなります。
しかし、翔は母のことを誰にも言えず、辛い思いを一人で抱え込んでいます。
翔が10年後にいなくなってしまったのは、そのことが原因だと自分からの手紙で知った菜穂は、仲のいい須和やタカちゃんたちとともに、翔は一人じゃないんだよということを伝えようと色々な行動を起こしていきます。
そんな中、菜穂は翔への恋心に気づいていきます。
翔も本当は先輩のことを好きではなくて、菜穂のことが好きなのだと気づき、先輩とは別れを告げることになります。
翔の誕生日に、いつも仲いい6人で集まりお祝いをして翔を勇気づけます。
そのお祝いの終わりに、周りのみんなが気遣い菜穂と翔は二人きりになってお互いの想いを打ち明け両想いになります。 この映画を無料で観る

【結】- orangeのあらすじ4

手紙の内容の通り、行動を起こしてきた菜穂たち。
手紙には翔は自らこの世を去ってしまった日付も記されています。
その日付が近づいていくたびに、暗闇に落ちていく翔の姿に気づく菜穂。
しかし、手紙に書かれてあったように喧嘩をしてしまった菜穂と翔。菜穂を避ける翔でしたが、決して翔を見放さない菜穂は抱きしめながら「一緒に生きよう」と声をかけます。
手紙に書かれてあった翔がいなくなる日付は、みんなで集まろうと話していた日でした。
翔は偶然母が携帯に残した動画を見てしまい、苦しさに耐え切れず自転車に乗り走り出します。
約束の場所に来ない翔を心配するみんなは、翔を探しに行きます。
大型トラックに自転車ごと突っ込もうとする翔でしたが、みんなの顔が思い浮かび、生きることを選びます。
そこに駆け寄るみんなは「翔が生きててよかった!大好きだよ」と口々に話し、翔を抱きしめ、全員で号泣します。
「今」を後悔しないように生きることで、大切な人の命を救った菜穂たちの姿は輝いていました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「orange」の商品はこちら