「この胸いっぱいの愛を」のネタバレあらすじ結末

この胸いっぱいの愛をの紹介:2005年公開の日本映画。2003年に公開された映画『黄泉がえり』のスタッフが再び組み、純愛ファンタジーを映画化。少年時代にタイムスリップした青年が織り成すせつない恋の顛末を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

この胸いっぱいの愛をの主な出演者

鈴谷比呂志(伊藤英明)、青木和美(ミムラ)、布川輝良(勝地涼)、臼井光男(宮藤官九郎)、鈴谷椿(吉行和子)、青木保(愛川欽也)、ヒロ〔幼少期の比呂志〕(富岡涼)、布川靖代(臼田あさ美)、ヤクザの兄貴(ダンカン)、間宮浩介(金聖響)、花好きな男(中村勘三郎)、角田朋恵(倍賞千恵子)

この胸いっぱいの愛をのネタバレあらすじ

【起】- この胸いっぱいの愛をのあらすじ1

鈴谷比呂志は百貨店に勤務する30歳の男性です。
百貨店のお弁当フェアの弁当買いつけで、比呂志は小学時代に1年間だけ過ごした北九州の門司に行きました。
飛行機から降りた比呂志は、目の前を走る少年が20年前の自分にそっくりだと思います。
喫茶店に入った比呂志は、自分が2006年から20年前の1986年の世界にタイムスリップしていると知りました。その喫茶店には同じ飛行機に乗ったヤクザ・布川もいて、2人は意気投合します。
20年前の自分=ヒロは当時、祖母が経営する旅館で暮らしていました。
その日に自分のミスで旅館を火事にしたのを思い出した比呂志は、消火器で火を消し止めます。 この映画を無料で観る

【承】- この胸いっぱいの愛をのあらすじ2

比呂志は旅館に住み込みで働き始め、10歳の自分=ヒロと同居生活をします。
10歳のヒロは、近所のそば屋のひとり娘・和美にバイオリンを教わっていて、和美が好きでした。
東京の音楽大学を首席で卒業した和美は、明るくて気さくな女性で、ヒロはよく和美に遊んでもらいます。しかし和美は難病を患い、手術を拒んで若くしてこの世を去りました。
比呂志は、和美の命を救えなかったことをずっと悔やんでいました。
同じようにタイムスリップしたヤクザ・布川から、過去に思い残したことに決着をつけると現代に戻れると知った比呂志は、和美の命を救おうと決意します。

【転】- この胸いっぱいの愛をのあらすじ3

比呂志はヒロと協力して、和美に手術を受けさせようとしました。しかし和美は頑として受け付けません。
そんな折、比呂志は衝撃の事実を知ります。実は自分や布川は飛行機事故で死んでいたのでした。
しかし和美に手術を受けることをあきらめさせたくない比呂志は、あるプランを立てます。
比呂志とヒロは、門司で開かれるクラシックコンサートのステージに、和美を出演させました。和美は痛みを押して演奏し、観客から生きる勇気を与えられます。
手術をすると、後遺症によって二度とバイオリンが弾けない体になるかもしれませんが、和美は手術を受ける決心をしました。
比呂志は和美の「生きたい」という言葉を聞いて、成仏します…。

【結】- この胸いっぱいの愛をのあらすじ4

……2006年。現在。
和美はその後、手術を受け、半身不随の体になっていました。予想していたとおり、障害が残ってバイオリンは弾けません。
しかし和美は音楽教室を開いてバイオリンを教えており、満足した生活を送っていました。
ある日、和美は飛行機墜落事故のニュースを見ました。
そこで、事故で死亡し最後まで見つからなかった人の遺体が発見されたということと、その男性の写真が映ります。
それはかつて和美を励ましてくれた、比呂志でした。和美は自分を支えてくれた男性の正体を知りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「この胸いっぱいの愛を」の商品はこちら