「アメイジングトイワールドカラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘密」のネタバレあらすじ結末

アメイジング・トイワールド カラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘密の紹介:2013年製作のスペイン映画。スペインの子供たちに親しまれているコミックを映画化した作品。夏の間、更生学院に行かされることになった双子の兄弟が、友達と共に学院に隠された秘密を暴く姿を描いている。

予告動画

アメイジングトイワールドカラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘密の主な出演者

ザッペ(ダニエル・セレッソ)、ジッピ(ラウル・リバス)、ファルコネッティ(ハビエル・グティエレス)、フィロ(フラン・ガルシア)

アメイジングトイワールドカラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘密のネタバレあらすじ

【起】- アメイジングトイワールドカラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘密のあらすじ1

人生には楽しい日がたくさんありますが、夏休みの一日目は特に最高です。この世で一番腹が立つのは、両親にお仕置きされることです。あれやこれやと禁止されます。夏休みにはサマースクールに行かされたりします。
双子のジッピとザッペは、夏休みなのに成績が悪かったり、カンニングしたりで、エスペランサ更生学院に行かなくてはならなくなります。行きのバスで、食いしん坊のフィロと出会います。
受付では遊び道具を没収され、着てるものも脱ぐように言われ、別の制服を着ることになります。学院の創設者のセバスチャンの銅像の前で、監督官のファルコネッティの挨拶が始まります。ファルコネッティは社会に役立つな人間を育てることをモットーとしています。
近くにいる守衛のへイディは、気をつけと厳しく命令をしてきて、許可なく教官らに話しかけると怒ってきます。彼の側にはスマーフという番犬もいます。
3人が食事に行くと、ミクロという病気がちな少年と出会って友達になります。誰が友達になっていいと言ったと、いじめっ子がミクロに言ってきます。
ザッペは腹が立って、彼を押します。いじめっ子は倒れて、ファルコネッティがやってきます。ファルコネッティはザッペを反省房に連れて行きます。
ある日、セバスチャンの姪・マティルデがやってきます。ジッピは彼女に夢中になり、つい見とれてしまいます。しかし、彼女はため息をついて離れていきます。
ことあるごとに、ザッペは反省房にいれられていました。そこで偶然にもビー玉を発見します。
それにしても学院は最悪でした。このままでは退屈で死んでしまいます。ジッピ、ザッペ、フィロ、ミクロは抵抗運動をすることにします。
今日から、ビー玉ギャング団を名乗り、ロゴも考えつきます。ビクトリーのBでいきます。ビクトリーの頭文字はVで違いますが、規則を破るのだから良しとします。

【承】- アメイジングトイワールドカラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘密のあらすじ2

ビー玉ギャング団は、銅像にロゴの旗をつけたり、落書きしたりなど、誰にも見つからずに抵抗運動を続けていきます。ミクロをいじめる子は、犯人が見つからなければ、連帯責任だと皆に言ってきます。なので、彼のシャンプーを瞬間接着剤に変えてやります。
ファルコネッティは生徒を集めて、犯人に警告を与えます。そして夕食時間を一秒とし、就寝につけさせます。厳しすぎると教師が意見しますが、ファルコネッティは自分がルールを決めると言い放ちます。
このままではまずいと4人が考えていると、ザッペが手紙を発見します。手紙には、正体を知られたくなければ、10時に墓地に来いと書かれていました。
待っていたのはマティルデでした。彼女は仲間に入れて欲しいと言ってきます。ジッピは即答で許可しますが、女の子なので他の皆は反対します。マティルデは不貞腐れて帰ります。
4人はこっそりと、食事に塩を入れに行きます。しかし、誰かがやってきて慌てて隠れます。その者はフードを被っていて、手にタトゥーがあり、ゴミ捨てに人形を入れていました。
翌日、守衛や教師らが食事を食べて体調を崩します。生徒たちはその様子に笑います。
実はマティルデがシロップを入れていたのです。4人は彼女を仲間として認めます。また、手にタトゥーがあるのがへイディだと分かります。
ビー玉ギャング団は、ゴミ捨て場の中を確認することにします。フィロがケーキに釣られて、うっかり手を離してしまい、ミクロとジッピは落ちてしまいます。二人はスマーフに見つかり、柵の先に逃げます。
そして歩いていくと外に出ることができます。マティルデに夢中なジッピに、ミクロは彼女が好きなのはザッペだと言います。女の子はワルが好きだからでした。そのことを言われて、ジッピは怒ります。
ザッペとマティルデは、ヘイディの後をつけます。ファルコネッティたちは玩具を探していました。その玩具はダイヤの手がかりでした。4つの玩具、ハンマーとハンドル、アヒルとパチンコの玩具が鍵だと地図に書いてありました。
その話しを聞いた後、ザッペはマティルデを送ります。別れ際、マティルデはザッペのほっぺにチューをします。

【転】- アメイジングトイワールドカラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘密のあらすじ3

翌日、マティルデは鍵を手に入れていました。5人は地図を見つけて、暗号を解読していきます。近くには映写機がありました。フィロがスイッチを入れると、セバスチャンの映像が映し出されます。
セバスチャンは玩具職人で、大会社を築きました。ダイヤ集めが趣味でした。保護者から玩具に関して文句を言われてしまいます。ファルコネッティがセバスチャンの生徒だったことが分かります。
ザッペはジッピから、マティルデが何か言ってなかったか聞かれて、はぶらかしていました。ザッペはこっそりとマティルデにしおりをプレゼントします。
その現場を目撃したジッピは怒ります。ヘイディに見つかって、ジッピは反省房に入れられます。ファルコネッティが反省房にやってきて、ジッピはビー玉ギャング団が誰か話します。
ザッペの枕からビー玉が見つかり、無期限で反省房に入れられることになります。さらにフィルやミクロも入れられることになります。二人は違うとジッピが言うと、ファルコネッティは君に褒美をあげないとと言ってきます。
3人が反省房に入れられていると、マティルデも連れて来られます。彼女は明日には両親が迎えに来て、女学校に入れられることになります。マティルデは悪事のことをバラすと言いますが、誰が信じるかなとファルコネッティは余裕の表情です。
ジッピは地図の暗号を解読した後、わざとヘイディに反省房に入れるように仕向けます。自分もビー玉ギャング団と言ったのです。
ジッピは4人に助けに来たことを告げます。実はダイヤの在り処を示す場所は、反省房でした。アイテムはビー玉で、文字で書かれている「見つめ直し」とは鏡のことでした。
鏡をぶち壊すと、ハンドルが出てきて手に入れます。そこにビー玉を入れると扉が開きます。物音に気づいたファルコネッティとヘイディは追いかけてきます。扉が閉まったので、ファルコネッティはスマーフに匂いを嗅がせます。壁の中からゲップが聞こえて、5人がいることに気づいて追います。

【結】- アメイジングトイワールドカラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘密のあらすじ4

ファルコネッティらに気づかれて、5人が慌てて逃げると行き止まりでした。またしても扉があり、ハンマーがありました。扉にビー玉を入れると、その先には仕掛けがありました。
ビー玉を飛ばす装置があり、タイミング良くハンマーで叩かなければいけません。フィロに頼むと、一回目は失敗してしまい、調理室にいることがファルコネッティらにバレます。
2回目は成功しますが、スマーフが走ってきて扉を閉めます。するとスマーフが挟まって、扉が少し開いた状態になります。ファルコネッティは落ちていたビー玉を見つけます。
次に5人がやってきた場所では、パチンコでカエルの仕掛けにビー玉を入れなければなりません。見事にザッペが成功させると、扉が開きます。ヘイディが追ってきたので、扉を閉めます。パチンコを落としてしまい、ファルコネッティが拾ったビー玉で挑戦します。
ファルコネッティは失敗してしまい、ヘイディはトラップで落ちていきます。2回目は成功して先に進めます。
5人は次の場所で、アヒルを手に入れます。見えないトランポリンで、ついはしゃいでしまいます。その先には壁がありました。レンガを押すと扉になり、穴にハンドルを取り付けて回します。
扉が開くと、たくさんの玩具がありました。ダイヤがないことに気づくと、ファルコネッティが追いついてきます。
ダイヤがないので、ファルコネッティは激怒します。パチンコを投げつけ、扉を閉めて彼らを閉じ込めます。
ジッピはプレートが光っていて、おかしいと思います。プレートに今まで受け取った玩具をはめることにします。すると学園中に音楽が鳴り響きます。
学園の生徒や教師は、音楽が流れてるセバスチャンの像の前にやってきます。音楽は禁止だと、ファルコネッティが怒ります。銅像が動き出し、5人のいる部屋の小さな銅像も動きます。
すると地上の銅像の近くの地面が割れて、ジッピらの部屋が上がっていきます。5人が中から出てきて、生徒がビー玉ギャング団だと歓声をあげます。
ファルコネッティが閉じ込めたことが分かり、以前意見をしていた教師がついに反旗を翻します。ファルコネッティは守衛に捕まります。
学院は平和な場所になります。ビー玉ギャング団は円陣を組みます。最後に、ダイヤがなかったのが心残りだったとナレーションです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、子供たちが喜んで見ることができます。また、大人は子供の頃を思い出しながら楽しめます。お仕置きしてくる大人に、子供たちが反抗する姿には、力強さと元気を与えてもらえます。
そしてダイヤを探すために起こる、暗号や謎解き、仕掛けには、ワクワクしながら見ることができます。つい夢中になって、最後まで見てしまいます。
ダイヤを見つけるという夢を追う子供と、利益を求める悪い大人との追う追われるドキドキの展開は目が離せません。
マティルデをめぐっての恋模様もあったりと、様々な要素を秘めている作品です。ご家族揃ってでも、友達と一緒でも、みんなで見て楽しむことができる映画です。

映画の感想を投稿する

映画「アメイジングトイワールドカラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘密」の商品はこちら

「アメイジングトイワールドカラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘密」と同じカテゴリの映画