「イントゥザウッズ」のネタバレあらすじ結末

イントゥ・ザ・ウッズの紹介:2014年制作のアメリカ映画。おとぎ話の主人公たちのその後を描いた、トニー賞受賞の人気ミュージカルを、メリル・ストリープ、ジョニー・デップら豪華キャストでディズニーが映画化。

この映画を無料で観る

予告動画

イントゥザウッズの主な出演者

魔女(メリル・ストリープ)、パン屋(ジェームズ・コーデン)、パン屋の妻(エミリー・ブラント)、シンデレラ(アナ・ケンドリック)、赤ずきん(リラ・クロフォード)、ジャック(ダニエル・ハッスルストーン)、ラプンツェル(マッケンジー・マウジー)、オオカミ(ジョニー・デップ)

イントゥザウッズのネタバレあらすじ

【起】- イントゥザウッズのあらすじ1

〝昔むかし、遥か彼方の王国の森のはずれに、小さな村がありました。
ここには若い娘と、のんきな少年、子どものいないパン屋、彼の妻がいました。…〟
…シンデレラは、来る日も来る日も意地悪な継母と義姉の2人・フロリンダとルシンダにいじめられていました。
舞踏会の日、シンデレラも行きたいと言いますが、継母と義姉はシンデレラの言い分を退けて、部屋に散らばった豆を拾っておけと言います。
シンデレラは歌で鳥を呼んで豆拾いに協力してもらいますが、舞踏会には行けずにがっくりして、森の中にある本当の母の墓参りに行きました。
母の墓にあたる樹木の下で嘆くと、風が吹いて落ち葉がシンデレラの周囲を囲み、気づくとシンデレラは綺麗なドレスと金色の靴を履いていました。
シンデレラは舞踏会に出かけます…。
…ジャックは牡牛(オスウシ)をミルキー・ホワイトと名付けて大事に育てますが、オスウシなので乳を出しません。
ジャックの母は怒って、ジャックに隣町の市場で5ポンド以上で売って来いと命令します。自分の村では、オスウシだと知れ渡っているから、隣の村を指定しました。
ジャックはしぶしぶ出かけます…。
…赤ずきんは祖母にパンを届けるために、パン屋に立ち寄りました。お腹が空いている赤ずきんは、パン屋の商品を勝手に食べます。
その後買い物をして、森の中にある祖母の家まで行きました…。
…さてそのパン屋のご夫婦は、子どもができずに悩んでいます。実はこれは隣人の魔女の呪いのせいでした。
昔、パン屋の父が、魔女の庭から野菜を盗んだのです。それを根に持った魔女が呪いをかけ、パン屋の父から生まれた赤ん坊をもらっていました。
実はパン屋には、妹がいたのです(後に出てくるラプンツェルのこと)。
しかしパン屋の父が「魔女の大事な豆」を盗んだため、魔女は若さと美しさを失ってしまいました。
パン屋の一族に子どもができないように呪いをかけた魔女は、呪いを解くための方法を教えます。
それは、月が満ちる3日のうちに4つの品物を揃えることからでした。
①ミルクのように白い牝牛(メスウシ)
②血のように赤いずきん
③トウモロコシのように黄色い髪
④金色に光り輝く舞踏会の靴
森へ行くために父の上着を出したパン屋の主人は、ポケットに6粒の豆を見つけます。
コートを着たパン屋の主人は、告げられた4つの品を揃えるために森へ行きました。 この映画を無料で観る

【承】- イントゥザウッズのあらすじ2

こうしておのおのの物語の登場人物は、それぞれ大事な用のために森の中へ(『イントゥ・ザ・ウッズ』)行きます。
魔女は自分にかけられた、若さと美しさを取り戻すためにパン屋に4つの品物を要求しました。魔女自身はそれら4つの品物に、触ることができない(触ってはならない)からです。
さて森の中へ赴いたパン屋の主人は、赤ずきんを見つけてその赤いずきんを取り上げました。まずは赤いずきん、ゲットです! …となるはずでしたが、赤ずきんが悲鳴を上げつづけたので、あきらめました。
続いて出会った牛を連れたジャックに、パン屋の主人は豆5粒でどうかと取引を持ちかけます。持っているのは6粒ですが、豆5粒で取引します。
「不思議な力がある豆」と言われたジャックは、牛と交換します。パン屋の主人は、追ってきた妻に牛を渡すと、残り3つの品を得るために森の奥に入りました。
赤ずきんはその頃、祖母になりすましたオオカミに食べられて、悲鳴をあげます。オオカミは祖母と赤ずきんとを食べたので苦しくなっており、あっけなくパン屋の主人に倒されました。
助けてもらったお礼に、赤ずきんはずきんをパン屋の主人に渡します。代わりのずきんは、オオカミの皮から作るから問題なしだそうです。
パン屋の主人は2つめの品を手に入れました。
その頃、家に戻ったジャックは母から大目玉を食らっていました。「不思議な力があるんだ」と訴えても母は怒るばかりで、母が勝手に豆を庭に捨てます。
庭に落ちた瞬間、豆から小さな火花が散り、やがて大きな芽が出ますが母とジャックは気づきません。
魔女はパン屋の父から奪って、わが子として育てたラプンツェルに会いに行きます。ラプンツェルは高い塔の上に幽閉されており、魔女の合図で長い髪をたらします。そうすると、魔女はのぼってくるのでした。
ラプンツェルを見染めた王子の弟が、魔女の後にラプンツェルに会いに行きます。2人は恋に落ちました。
パン屋の妻は、舞踏会から走って逃げるシンデレラが金色の靴を履いているのを見ましたが、シンデレラはあっという間に逃げたので、手に入れられません。
こうして1日目の夜は過ぎました。
せっかく手に入れた牛ですが、パン屋の妻は逃がしてしまっていました。
翌朝、庭に豆の木ができているのを見たジャックは空にのぼり、巨人の金貨を5枚手に入れます。巨人の金貨なので、超巨大なコインです。これでミルキー・ホワイトを買い戻そうと、ジャックは考えます。

【転】- イントゥザウッズのあらすじ3

魔女が会っていたラプンツェルの髪を見たパン屋の妻は、おろされた髪を強引に引っ張りました。髪は途中で切れ、パン屋の妻は髪を手に入れます。
さらに妻は舞踏会帰りのシンデレラを待ち伏せし、靴を奪おうとしますが、無理でした。
同じ頃、パン屋は舞踏会帰りのシンデレラの継母と義姉の髪の毛をチェックしていて、変態扱いされます。どうみても、はたから見たら変態の所業でした。
その代わりパン屋の主人は、逃げた牛を捕まえます。これであと残すところは、金色の靴のみとなりました。
しかし捕まえた牛ミルキー・ホワイトが死んでしまいました。パン屋の主人は、隣町で牛を買ってこようと考えます。
2日目の夜は、こうして過ぎます。
3日目、王子の弟とラプンツェルが密会しているのが魔女にばれ、王子の弟はいばらで目を突かれて目が見えなくなりました。
ラプンツェルを独占したい魔女は、ラプンツェルを泣き落としにかかり、それが駄目だと知ると髪の毛を切って沼地に隠します。
ジャックは赤ずきんに挑発されて、巨人のハープを奪って逃げました。巨人は怒って豆の木を伝って追ってくる最中、豆の木がちぎれて落ちて死にます。
巨人が落ちた振動で、王国中が揺れました。地震かとみんな思います。
パン屋の主人は金貨で牛を買ってきていましたが、その牛は白い粉をまぶした牛でした。
2夜連続して舞踏会でシンデレラに逃げられた王子は、一計を案じていました。階段にタールを塗っていたのです。
このタールに足を取られたシンデレラは、王子の愛を確認するために、あえて左足の靴だけ置いて立ち去りました。王子は手がかりとなる靴を手に入れて大喜びし、慌てて国中の独身の女がいる家を訪問しろと命令します。
シンデレラは片方になった靴で森を走りました。途中、パン屋の妻に「豆1粒と靴を交換してくれ」と言われ、豆はその場で捨てたものの、もう片方の靴をパン屋の妻にあげます。
捨てられた豆は、森の中で芽を出して空へ伸びていきます…。
靴に合う女性を探す王子に、フロリンダは爪先を、ルシンダはかかとを切ってくつを履きますが、フロリンダは出血でばれ、ルシンダは倒れたため嘘が露見しました。
シンデレラが見出され、鳥が姉妹を襲って目をつぶします。
沼地に隔離されたラプンツェルは、盲目になった王子の弟に会い、涙を流しました。その涙で王子の弟は目が見えるようになります。
さて、4つ揃った品物を前にした魔女ですが、牛が偽物とばれます。本物の牛は死んでしまったと告げたパン屋の主人に対し、魔女は生き返らせると言います。

【結】- イントゥザウッズのあらすじ4

その言葉どおり、あっという間に牛を生き返らせた魔女は、その牛に3つの品を食べさせます。しかし髪の毛だけ食べません。
それはラプンツェルの髪の毛ですが、魔女がすでに何度も触ってしまっていたからです。
「トウモロコシのヒゲでいいんじゃない?」とジャックが言い、トウモロコシのヒゲを食べさせると、牛は乳を出すようになりました。
その乳を飲んだ魔女は呪いが解け、若く美しい魔女に戻ります。それと同時にパン屋の妻も、懐妊しました(ぽこっとお腹が膨らんだ)。
こうして一見、おとぎ話の登場人物たちは、それぞれの願いをかなえたかに見えました…。
パン屋の夫婦には子どもが生まれ、ジャックはミルキー・ホワイトを取り戻し、それぞれ幸せを手に入れたかと思われたその時。
シンデレラの結婚式の日に、巨大地震が起きます。宮殿は崩壊し、村は消失しました。
ジャックの母は死にます。シンデレラの継母と義姉も、赤ずきんの家族も、でした。
シンデレラが森の中に捨てた豆の巨木を伝って巨人の妻が地上に降りて、死んだ巨人の復讐にと暴れて村を破壊し始めたのでした。
魔女は若さの代わりに魔力を失っています。
巨人の妻と戦うにはみんなで協力しないとと考えた一同は、はぐれたジャックを手分けして探します。
その途中でパン屋の妻は王子と会い、王子はパン屋の妻に言い寄りました。王子は浮気症なのです。
パン屋の妻は王子と別れてジャックを探しましたが、崖から落ちて死にました。
魔女と赤ずきんとジャックとパン屋の主人とシンデレラは仲間割れを起こし、最終的に魔女を責めます。魔女は逆切れして豆を投げ、大事な豆を失ったために魔女は死にました。
残ったメンバーは反省し、再び一緒に戦おうと決意しました。王子が現れますが、鳥から浮気を知らされたシンデレラは別れを告げます。
ジャックをおとりに巨人の妻を引きつけた一同は、マントを投石具にして戦いました。タールに足を取られ、鳥も邪魔をして、巨人の妻は転倒して死にます。
村に平和が戻りました。
生き残ったパン屋の主人、赤ずきん、ジャック、シンデレラは、パン屋の元へ身を寄せることにします。
妻を亡くしたパン屋の主人は、子育てできるか不安でしたが、妻の霊が耳元で「物語を聞かせてあげて」と囁きました。
パン屋の主人は赤ん坊に、『どんな選択をするかが大事だ、辿る道が大事だ』と話して聞かせました。

みんなの感想

ライターの感想

ミュージカル、というだけあって、ほぼ全編を通して歌ってます。
この歌が小気味よくテンポよく繋がっているので、音楽好きな人なら楽しめる。
内容的には…賛否両論となりそうだな。
退屈だと感じる人もいるだろうし、ブラックコメディ要素を評価する人もいるだろうし。
おとぎ話の主人公たちのその後…と銘打ってはいるものの、肝腎の『その後』に至るまでがとにかく長い!
そして『その後』に入ったら…あっという間に終わってしまう、という感じ。
ディズニーといえばきらびやかな映像をイメージする人も多いと思うが、今回はタイトルどおり
『イントゥ・ザ・ウッズ(森の中で)』なので、舞台はうすぐらーい森の中で進行します。
…つまり、きらびやかなシーンはないということ。
巨人なんて、実は首から下までしか見えません。けっこうチャチかったりする。
ミュージカルとして見るなら楽しめますが、ストーリーを重視すると不満かも。

ライターの感想

「赤ずきん」「シンデレラ」など、おとぎ話のその後が描かれる映画です。
私も「その後」が気になり見たのですが、前ふりがかなり長かったです。その後は、あっけなく終わったのであまり期待はしないほうがいいですよう。
また、ジョニー・デップが出演していますが、短時間しか出ていません。予告で短時間の出演と言っていましたが、こんなにも短いとは残念です。
歌唱力については、賞をとるだけはあってとても素晴らしかったです。

映画の感想を投稿する

映画「イントゥザウッズ」の商品はこちら