「グリーン・デスティニー」のネタバレあらすじ結末

グリーン・デスティニーの紹介:2000年公開の中国・香港・台湾・米国の合作作品。王度廬の武俠小説『臥虎蔵龍』を原作とした、アクションファンタジー映画。群雄割拠の時代を背景に、秘剣争奪の死闘と2組の男女の愛が、熱く激しく絡みあう。

この映画を無料で観る

予告動画

グリーン・デスティニーの主な出演者

李慕白(チョウ・ユンファ)、兪秀蓮(ミシェール・ヨー)、玉嬌龍(チャン・ツィイー)、羅小虎(チャン・チェン)、碧眼狐狸(チェン・ペイペイ)、ティエ氏(ラン・シャン)、ユイ長官(リー・ファーツォン)

グリーン・デスティニーのネタバレあらすじ

【起】- グリーン・デスティニーのあらすじ1

李慕白(リー・ムーバイ)は、天下の名剣である「青冥剣(グリーン・デスティニー)」の使い手として、その名をとどろかせていました。
グリーン・デスティニーは作られて400年の歴史ある名剣です。
武当(ウータン)山で瞑想修行をしたリーは、戦うことにむなしさを覚え、剣を置いて引退する決意をします。
自分の剣・グリーン・デスティニーを鐵(ティエ)貝勒という人物に寄贈しようと考えたリーは、女弟子の兪秀蓮(ユー・シューリン)に渡しました。
リーとシューリェンはお互いにひそかに惹かれあう仲でしたが、師匠と弟子の恋愛関係は許されないものでした。 この映画を無料で観る

【承】- グリーン・デスティニーのあらすじ2

シューリェンはその剣を北京にいるティエの家に届けます。しかしその夜、何者かによって剣は盗まれました。
剣を盗んだ賊は、都を警護する総責任者・ユイ長官宅に潜伏します。
シューリェンに続いて北京にやってきたリーは、剣を盗んだのは碧眼狐(ジェイド・フォックス)ではないかと思いました。ジェイド・フォックスとは名高い賊で、リーの師匠・江南鶴(チアン・ナンフー)を毒殺した女性です。
しかし賊と戦ったシューリェンは、自分の妹弟子であり、近々ルー家に嫁ぐ予定の玉嬌龍(シャオロン)を疑いました。ユイ長官の娘であるシャオロンは、女剣士になるのが憧れでした。
シューリェンの読み通り、剣を盗んだのはシャオロンでした。

【転】- グリーン・デスティニーのあらすじ3

シャオロンと戦ったリーは、正しい剣の道を教われと告げ、剣を取り戻します。シャオロンに剣を教えたのはジェイド・フォックスでした。
結婚を控えたシャオロンには、恋をした過去がありました。新疆(しんきょう)でその土地の賊・半天雲(ルオ・シャオフー)と出会い、シャオロンとシャオフーは深く愛し合っていました。
シャオロンを親元に返す前に、シャオフーは「立派になって迎えに行く」と約束します。
シャオロンの婚儀にシャオフーが乱入して式を邪魔した後、武当山に身を隠しました。シャオロンは再び剣を奪い、武当山に向かいます。
リーはシャオロンと戦いながら、正しい剣を学べと説得します。

【結】- グリーン・デスティニーのあらすじ4

弱ったシャオロンを師匠・フォックスが手当てしつつ、毒を盛ろうとしました。フォックスは、自分の弟子ではあるものの、勝手に奥義書を読んだシャオロンを許せないと思っており、最愛の弟子で最大の敵を手にかけようとしたのです。
リーはシャオロンに毒の危険性を指摘し、フォックスと戦って勝ちました。しかし死ぬ間際のフォックスはリーに毒の吹き矢を打ち込み、リーは毒にやられます。
瀕死の状態のリーはシューリェンに愛を告白し、息を引き取りました。剣はティエの元に戻ります。
シャオロンはシャオフーと会った後、身を投げると願いが叶う谷に投身しました。自分のせいで死んだリーへの罪滅ぼしの願いをこめて。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「グリーン・デスティニー」の商品はこちら