「グーニーズ」のネタバレあらすじ結末

グーニーズの紹介:1985年公開。海賊が隠した宝物を探す子供達の冒険を描いた作品。製作総指揮は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのスティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ。監督は「オーメン」のリチャード・ドナー。脚本は「ホームアローン」で監督を務めたクリス・コロンバス。音楽は「ミラグロ/奇跡の地」のデイヴ・グルーシン。主題歌はシンディー・ローパーで「The Goonies ‘R’ Good Enough」。

予告動画

グーニーズの主な出演者

マイケル・ウォルシュ「マイキー」(ショーン・アスティン)、クラーク・デヴリュー「マウス」(コリー・フェルドマン)、ローレンス・コーエン「チャンク」(ジェフ・コーエン)、リッキー・ワン「データ」(キー・ホイ・クァン)、ブランドン・ウォルシュ「ブランド」(ジョシュ・ブローリン)、アンドレア・カーマイケル「アンディ」(ケリー・グリーン)、ステファニー・スタインブレンナー「ステフ」(マーサ・プリンプトン)、フラテリー・ママ(アン・ラムジー)、ジェイク・フラテリー(ロバート・デヴィ)、フランシス・フラテリー(ジョー・パントリアーノ)、ロトニー・フラッテリー「スロース」(ジョン・マツザック)

グーニーズのネタバレあらすじ

【起】- グーニーズのあらすじ1

悪名高いフラテリー一家は、協力して長男のジェイクを刑務所から脱獄させます。そして夏の間しか開いてないレストランに行きます。
少年マイキーは、雨が降っていて喘息を悪化させないためにも、外に出ないように言われています。見張るのは兄のブランドです。
マイキーの家に、友達でスペイン語が堪能なマウス、食いしん坊のチャンク、発明好きなデータがやってきます。彼等はグーニーズのメンバーでもあります。
家にいると、ゴルフ場の建設を計画している大人達が、立ち退きの書類を持ってきます。マイキーはお金さえあれば、立ち退かなくて良いのにと考えます。
マイキーの家の屋根裏部屋は立入禁止になっていました。なぜなら博物館に寄付する貴重な古い品々があったからです。
皆は屋根裏部屋に忍び込みます。そこで海賊「片目のウィリー」の宝の地図を見つけます。
外出禁止の命令に背いて、グーニーズは地図に記された場所へ向かいます。ブランドは隣の子の自転車を借りて追いかけます。

【承】- グーニーズのあらすじ2

ブランドは途中で、ガールフレンドのアンディと彼女の友人のステフと出会います。嫌な男のトロイと一緒にいましたが、彼女達はこっそりとブランドの後をつけてきます。
グーニーズは宝の地図を見ながら、夏の間しか開いてないレストランが地図に記された場所だと考えます。
レストランの中には、フラテリー一家がいました。中に入って怖がっているとブランドがやってきます。
慌てて外に逃げることにします。アンディとステフが合流します。
フラテリー一家がいなくなったのを見計らって、再度内部に潜入します。マイキーが地下に捕らえられている一家の末弟のスロースを見つけていたのです。
地下を探していると死体を見つけてしまいます。そうこうしてるとフラテリー一家が帰ってきてしまいます。
チャンク以外は、宝があるかもしれないトンネルに繋がる隠し通路に隠れます。チャンクは忘れられていました。
後から気づかれて、外に出て警察を呼ぶように言われます。チャンクが外に出て助けを求めると、それはジェイクと弟のフランシスが乗る車で捕まってしまいます。
捕まったチャンクは尋問されて、グーニーズ達がいる通路を話します。フラテリー一家は彼らを追いかけます。

【転】- グーニーズのあらすじ3

グーニーズ達は、ウィリーの宝を探しに行って帰らなかった男性の骸骨を見つけます。そこで穴の開いたオブジェと、彼が持っていたとされるローソクとダイナマイトを手に入れます。
ウィリーの罠が作動して危うく潰されそうになります。先に進むと、公園にある願いの泉の下に出ます。
トロイが上にいて助けを求めますが、マイキーは更に先に進もうと提案します。
壁にある仕掛けに、穴の開いたオブジェを差し込んで回します。しかし、それは罠でデータが落とし穴に落ちてしまいます。
データは発明グッズのおかげで命拾いをします。その先には綺麗な滝がありました。トイレタイムになって、アンディはこっそりとブランドとキスをしようとします。
しかし、暗くてマイキーとキスをしてしまいます。その頃チャックは、捕まっているスロースと協力して拘束を解きます。そしてグーニーズ達を追いかけます。
滝の先にあるのは丸太の橋でした。データが滑るように罠を仕掛けます。追ってきたフラテリー一家の男達は滑って股間をぶつけます。
グーニーズ達は、その先にあるウィリーの仕掛けの骨のオルガンに挑戦することにします。地図の裏に書いてある音符を間違わずに弾かなければなりません。

【結】- グーニーズのあらすじ4

アンディが間違えながらも、仕掛けを突破して道が開けます。その先には、ウィリーの海賊船がありました。
内部には宝があって、マイキーはウィリーの分の宝だけは持って行かないようにします。宝をポケットに入れていると、フラテリー一家がやってきて銃で脅されます。
宝は没収されてしまいます。そこにチャンクとスロースが現れて助けてくれます。
一家のママがウィリーの分の宝も盗ろうとして罠が作動します。壁は崩れていきます。
ダイナマイトで外に出られる岩を破壊します。スロースが岩を持ち上げてくれて、皆は脱出できます。
チャンクがスロースと追いかける前に、警察に電話をしていました。その事もあって、保安官が助けに来てくれます。
家族が迎えに来てくれて、脱出してきたフラテリー一家は逮捕されます。しかし、スロースだけは違うとグーニーズは言います。チャンクが家族になろうとスロースに言います。
立ち退きのサインを求めて、金持ちの悪い大人がやってきます。マイキーの父がサインしようとしてると、ポッケに残っていた宝石が見つかります。お金ができたので、サインをせずに書類を破り捨てます。
最後に、壁が崩れて出てきた海賊船を皆が見てエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、子供の時にも楽しめて、大人になって見ても楽しむことができました。月日が経っても色あせない面白さがあって、不朽の名作とも言える作品です。
特に面白かったのは、チャンクの面白い場面の数々です。お腹のダンスや、フラテリー一家に捕まって、悪さをしてきたことを暴露する姿は面白すぎです。チャンク船長となって現れた時は、最高の場面です。
制作陣の豪華さに驚かされます。骸骨のオルガンや、洞窟内のウォータースライダーなど、どうやって作ったり見つけたのかと制作陣の凄さには素晴らしいとしか言えません。
この作品の主題歌は、シンディー・ローパーが歌っているのですが、劇中のテレビの映像の中に彼女の姿が映し出されていたりします。また、この映画を題材としてゲームソフトも発売されました。
最後まで見終わって、子供から大人まで楽しめる良い映画だと思います。DVDかBlu-rayを持ち続けていたいと思える作品で、お勧め致します。

映画の感想を投稿する

映画「グーニーズ」の商品はこちら