「タイタンの戦い(2010年)」のネタバレあらすじ結末

タイタンの戦い(2010年)の紹介:2010年に公開されたアメリカ映画。1981年のギリシャ神話を題材にした同名ファンタジー作品のリメイクで、旧作と同様に神話の怪物(タイタン)たちと、神の子ペルセウスの壮絶な死闘を描く物語である。監督は『トランスポーター』、『インクレディブル・ハルク』などで知られるフランス出身のルイ・レテリエ。日本公開の際は、大ヒットしたギリシャ神話をモチーフとした漫画『聖闘士星矢』とコラボしたポスターが作られたが、これは監督が同作品の熱烈なファンであったためとされている。

予告動画

タイタンの戦い(2010年)の主な出演者

ペルセウス(サム・ワーシントン)、ゼウス(リーアム・ニーソン)、ハデス(レイフ・ファインズ)、アクリシオス王/カリボス(ジェイソン・フレミング)、イオ/語り手(ジェマ・アータートン)、王女アンドロメダ(アレクサ・ダヴァロス)、ドラコ隊長(マッツ・ミケルセン)、アポロ(ルーク・エヴァンズ)、アテナ(イザベラ・マイコ)

タイタンの戦い(2010年)のネタバレあらすじ

【起】- タイタンの戦い(2010年)のあらすじ1

星座に語られるこの世の始まりの時代、それは人と神々以前、巨神族タイタンの時代でした。彼らを倒したのはその息子であるゼウス、ポイセドン、ハデスなどのオリンポス神です。ゼウスの求めでハデスは親世代を倒すため自らの肉体からおぞましい怪物クラーケンを生み出しました。ゼウスは天界の王に、ポセイドンは海の王に、そしてハデスはゼウスに騙されて冥界の王となりました。その後、ゼウスは人間を創りましたが、人々は次第に増長し、神への不審を募らせて反旗を翻すようになりました。そんな中、一人の子供が誕生します。それは世界を変える運命の子でした。
母親とともに海を漂っていたその赤ん坊は漁師に拾われます。その姿を遠くから見守る女性イオは、彼のことをペルセウスと呼びました。
漁師に育てられ少年に成長したペルセウスは、自分が拾われた子であることを知っていました。育ての親である漁師は彼に惜しみない愛情を注ぎながらも、いつか天命にによって旅立つ日が来ると言い聞かせていたのでした。
それから12年後、ペセルウスはいつものように育ての両親と漁に出ていました。その日は不漁で養父は恵みを与えてくれないゼウスへの不満を口にします。彼らの船は岬の上に建てられたゼウスの像に通りがかりました。その時、アルゴスという国の兵隊たちが像を倒します。彼らは神々に反旗を翻そうとしていたのです。
その途端、海中から翼をもった怪物たちが現れてアルゴス兵たちに襲いかかりました。怪物はハデス神に姿を変え、ペルセウスたちの船を沈めました。ペルセウスは両親を救おうと必死に海に潜りましたが、助けられず二人は船とともに沈んでしまいます。
一方、ゼウスの像が人間たちに倒されたことは天界へと伝えられました。ゼウスは創造主である自分への反逆に激怒します。その時、彼の前にハデスが現れました。ハデスはゼウスの怒りを煽り、人間を懲らしめて畏敬の念を呼びさまさせようと言いました。神々の一人アポロンは冥界の王であるハデスの言葉を信じないよう忠告しましたが、ゼウスは無視して人間たちに罰を与えるようハデスに命じます。
気絶して海を漂っていたペルセウスはアルゴスの船に助けられ、都へと運ばれていました。彼の処遇は王宮に任されることとなり、連行されています。折しもアルゴスの都では神々の怒りを恐れる声が広がっていました。
王宮ではケフェウス王と王妃カシオペアが神々に対して戦いを挑んだ兵士たちを讃えていました。しかし王女アンドロメダは連行されてきたペルセウスに目を止め、彼に水を与えようとします。ケフェウス王がそれを止めましたが、アンドロメダは神々に戦いを挑む両親を諫めようとします。カシオペアはそんな娘を叱り、自分たちこそが神であると言ってしまいました。あまりの暴言にケフェウス王でさえ怯んだ時、部屋の明かりか消えて怪物たちが出現します。そして怪物たちはハデスへと姿を変えました。
ペルセウスは両親の敵であるハデスの出現に逆上し、襲いかかります。しかしハデスは彼を一撃で跳ねとばし、ケフェウス王と王妃カシオペアに向かいました。カシオペアはあっという間にミイラとなって殺され、さらにハデスは人々に向かって10日後の日食の日にクラーケンを解き放つと宣言します。アルゴスはたちまち一掃されてしまうでしょう。さらにハデスはそれが嫌ならアンドロメダを生贄に差し出し、ゼウスの怒りを和らげるよう命じました。そしてペルセウスに向かい、破滅か生贄か、それがお前の父であるゼウスの意思だと告げて姿を消したのでした。

【承】- タイタンの戦い(2010年)のあらすじ2

アルゴスに半神でありゼウスの息子が出現したとの報告は、即座にゼウスに伝えられました。しかしゼウスは息子といえど神に祈らないのであれば人間と同じだと言い放ちます。
その頃、神の子であると知られたペルセウスはアルゴス兵たちに拘束されていましたが、ケフェウス王は本当に神の子であるのなら手を貸してくれと頼みます。アンドロメダは自分一人が犠牲になればいいと父親に言いました。
そんな中、牢に入れられていたペルセウスのもとに一人の女性が現れます。彼女はイオと名乗り、自分がずっとペルセウスを守護してきたと語ります。彼女は人でしたが、ゼウスの求愛を拒んだため歳を取らない呪いをかけられたのでした。イオはペルセウスに彼の生まれの秘密を語ります。かつてアクリシウスという王が人々を苦しみから救うためゼウスに戦いを挑んだことがありました。しかしゼウスは彼を罰するためアクリシウスの妻を犯して子供を産ませたのです。アクリシウスは絶望し、生まれた子供と妃を海に捨てたのでした。妃は死にましたが、半神であるペルセウスだけは生き残ったのです。イオは神々の暴虐を糺すためクラーケンを倒すことがペルセウスの使命だと言いました。そうすれば、ペルセウスの育ての親の仇であるハデスも力を失うのです。
クラーケンを倒す方法を見つけるためには、グライアイの魔女の知恵が必要です。ケフェウス王はドラコ隊長率いる兵士の一団を派遣することとなり、ペルセウスもその中に参加しました。
出立する兵士たちを街の人々は引き止め、街を守ってくれと懇願します。彼らは街を守るため王女を生贄にするよう要求しました。ドラコ隊長は無情にも彼らを振り払いましたが、怪物たちと戦うことら生業とする兄弟が手助けを申し出ます。彼らを加え、一行は荒野へと旅立ちました。
ハデスは沼地に棲む怪物カリボスのもとを訪れ、ゼウスの息子ペルセウスがアルゴスを出たことを告げます。カリボスはかつてアクリシオスという王でしたが、ゼウスのため自分の国を失って怪物になったのです。ハデスは彼に自分がゼウスに仕えるふりをして密かに反逆の機会を狙っていることを告げました。そして力を与えてペルセウスを殺すよう命じたのでした。
その頃、兵士の一行は森で休憩していました。ドラコ隊長はペルセウスに剣を取らせ、戦い方を教えます。漁師として育ったペルセウスは神の子であっても戦いは不慣れでした。それでもドラコの剣をはね除ける強さを持っていました。ドラコは彼に神の力の使い方を覚えるよう忠告します。
その夜、ペルセウスは森で光る棒を拾います。その棒はペルセウスが手に取った途端、剣に姿を変えました。するとドラコがやってきて、それは神から贈られたオリンポスの聖剣だと言いました。しかしペルセウスは自分は人として戦うと言い、剣をドラコに放って立ち去ります。森の中を歩いていたペルセウスは羽の生えた白馬の群れと遭遇します。その中のとりわけ大きな黒い一頭を、どこからともなく現れたイオは神の遣わした聖なる馬ペガサスと呼びました。ペガサスはペルセウスに甘え、鼻面を押しつけてきます。
一方、ペルセウスを探していたドラコの部下たちはカリボスに襲われていました。悲鳴を聞いて駆けつけたペルセウスが挑みかかりましたが、一蹴されてしまいます。兵士たちは全員でカリボスにかかり、ドラコがその片手を切り落としました。カリボスは逃走し、全員その後を追います。その後に残されたカリボスの手首は不気味姿を変えていきました。
逃げるカリボスはペルセウスたちに岩場に追いつめられました。しかしカリボスのこぼした血から巨大なサソリが出撃、一行に襲いかかります。巨大サソリの力は凄まじく、兵士たちは次々に殺されていきます。ペルセウスも串刺しにされかかりますが、イオに助けられました。なんとかその巨大サソリを倒して安心したのも束の間、多数の巨大サソリが現れて一行を包囲します。一行が決死の戦いを決意した時、奇妙な呪文を遣う魔術師ジンの一族が現れ、サソリを追い払ってくれました。
安心したのも束の間、サソリからうけたハデスの毒液によってペルセウスが倒れます。苦しむペルセウスにドラコは神に祈るよう言いましたが、ペルセウスはそれを拒否しました。

【転】- タイタンの戦い(2010年)のあらすじ3

その頃、アルゴスの都では神の怒りに苦しめられた人々が決起し、アンドロメダを生贄として捧げてハデスに許しを乞おうとしていました。
荒野ではドラコが死んだ部下を弔いつつ、ジンたちを警戒していました。ペルセウスはまだ毒で苦しんでいましたが、ジンの一人が近づいて彼に怪しい光を放ちます。彼らは神の暴虐を糺す者を待っていたと言い、ペルセウスの傷を治してくれたのでした。ジンはペルセウスたちと同行することになりました。
無事回復したペルセウスでしたが、ドラコはなぜ神の力を使わないのかと食ってかかります。ペルセウスが神の力を使わないため部下が死んだのだと。しかしペルセウスは意地でも人として戦うと答えました。
一行は巨大サソリを使役するジンの一族に送られ、さらに旅を続けます。やがて彼らはタイタン族が破れたという荒れ果てた地に到着しました。そこは地獄の入り口で、この先に魔女グライアイがいるのです。
グライアイは三人でひとつの目玉を共有する盲目の魔女でした。彼女たちはクラーケンを倒す方法を教えるかわりに生贄を要求しました。しかしペルセウスは目玉を奪って逆に脅します。グライアイたちは視線を合わせた者はすべて石になる魔女メデューサの力ならクラーケンを倒せると言いました。そして立ち去ろうとするペルセウスたちに旅は失敗に終わり、お前は死ぬと警告したのでした。
ジンたちはグライアイの予言を恐れ、一人だけを残してペルセウスたちの元から離れました。メデューサの棲む三途の川に向かう一行でしたが、その途中、仲間からはぐれたペルセウスの前にゼウスが姿を現します。ゼウスは旅を続けるとお前は死ぬと言い、オリンポスに来て暮らせと誘いました。しかしペルセウスはそれを断り、神のためでなく人のためにハデスを倒すと言いました。ゼウスは彼に金貨をひとつ渡すと鳥になって飛んでいきました。
仲間の元に戻ったペルセウスに怪物狩りの兄弟はサソリの甲羅で作った盾を渡し、これ以上は一緒に戦えないと言って立ち去りました。ペルセウスは仲間たちに魔女の予言を覆すチャンスをくれと頼みます。今まで生死をともにしてきた仲間たちはペルセウスを信じ、みんなでメデューサを倒そうと言ってくれました。
やがて一行は三途の川に到着しました。ジンがペルセウスの持つ金貨を川に投げ込むと、渡し船がやってきました。船に乗って対岸に向かう間、イオがメデューサについて語ります。メデューサはかつて美貌の持ち主でしたが、女神の嫉妬によって醜い顔に変えられてしまったということです。女性であるイオは女神アテナの計らいでメデューサの住処に入れないということで、そこにはペルセウスたちだけで入ることになりました。
その前に船の中でイオはペルセウスにメデューサとの戦い方を教えます。弾みでペルセウスはイオを押し倒してしまいましたが、イオは冷静に心を静めるよう言いました。

【結】- タイタンの戦い(2010年)のあらすじ4

ついに船が対岸に到着し、一行は荒涼とした岩だらけの地に踏み込みました。ペルセウスは今まで尊敬していたのは育ての親である父だけだったが、今は仲間たちも加わったと言いました。そして相手の目を見ないように改めて注意して、ともにメデューサの住処へと乗り込んでいきます。
そこは溶岩に覆われた地面と呪いによって石に変えられた人々の像がいくつもある不気味な神殿でした。メデューサは半身が蛇の怪物で、物陰に潜みながら仲間たちを一人ずつ殺していきます。ドラコもまたメデューサに一矢報いたものの、石にされてしまいました。一人残ったペルセウスは鏡のように磨き抜かれた盾の内側に相手を写して狙いを定め、見事にメデューサの首を獲ったのでた。
表に出たペルセウスを出迎えたイオでしたが、その瞬間彼女の背後にカリボスが現れて串刺しにします。ペルセウスはカリボスに挑みかかりましたが、とても太刀打ちできません。跳ねとばされたペルセウスでしたが、とっさに神の剣を手にしてカリボスを刺し殺しました。カリボスは死の瞬間に人間の顔に戻り「神になるな」と言い残して息を引き取りました。
ペルセウスは倒れたイオのもとに駆け寄りましたが、彼女は日食まで時間がないと告げました。ペルセウスは彼女を置いてはいけないと言いましたが、イオは「ここから先は一人で戦うの。あなたは神でも人間でもない本物の英雄よ」と言い残して息を引き取りました。彼女の体は光になって空へと消えていき、その後にペガサスが舞い降りてきました。ペルセウスはペガサスに乗って飛び立つのでした。
オリンポスではバテスがためらうゼウスを急かしていました。ゼウスは躊躇いつつもクラーケンを解き放つよう命じました。
アルゴスの街では迫り来るクラーケンに対し、人々がアンドロメダを生贄に捧げようと王宮へ押し寄せていました。アンドロメダは自ら人々の前に立ち、生贄になろうとしました。人々が彼女を海へと連行し、生贄の座に縛りつける間にも、クラーケンは街へと迫ってきます。しかし海から出現したクラーケンは無慈悲にも街を破壊しはじめました。
一方、オリンポスではついにハデスがゼウスへの反逆をはじめていました。地上の人々が希望を失い、絶望に囚われた時、ゼウスは力を失いハデスが勝利するのです。ハデスは勝ち誇りましたが、ゼウスは「地上にはまだ半神がいる」と告げました。
ペガサスに乗ってアルゴスの街へ急ぐペルセウスでしたが、その前にハデスが現れ、怪物を解き放ちます。ペルセウスはアルゴスの街を駆けぬけながら怪物たちと戦い、クラーケンの前へと向かいました。
海からその巨体を現したクラーケンはアルゴスの街に襲いかかります。ペルセウスはその前に踊り出るとメデューサの首を掲げてクラーケンを倒しました。崩れるクラーケンに巻き込まれ、ケフェウス王が命を落とし、アンドロメダは海に落ちます。ペルセウスが彼女を助けようとした時、その前にハデスが現れ立ちふさがりました。ペルセウスは戻ったアンドロメダはペルセウスに王になってアルゴスに留まって欲しいと頼みました。しかしペルセウスは自分は一介の兵士であり女王のために戦うと言い、立ち去って行きました。
故郷に戻っ神の剣に稲妻を集めてハデスを倒すと、海に飛び込んでアンドロメダを救い出します。
無事に砂浜にたペルセウスの前にゼウスが現れ、ハデスを退けたことを感謝します。ハデスはまだ冥界で生きていますが、人間が弱くなれば力を増す、結局鍵を握るのは人間なのだとゼウスは言いました。さらにゼウスは神になる気はないというペルセウスに対し、神々以上の英雄になれと告げ、伴侶としてイオを与えたのでした。

みんなの感想

ライターの感想

レイ・ハリーハウゼンの人形アニメが有名な旧作は、神話に忠実な超親の七光りヒーローの物語でした。今回の新作はそれと差別化を図るためか、主人公に神の力を否定させようとしているあたりは好感が持てます。まー最終的にはお膳立てに乗っかって嫁まで世話をしてもらうわけですが。
それよりも、悪役としてハデスというキャラクターを立ててゼウスに対する反逆という要素を入れたせいで、プロットがもう一つまとまってない感じなのは残念なところ。ゼウス自身も大概な存在なんで、ハデスだけ倒してすっきりって話じゃありませんからねえ。
神話を無視してアンドロメダとの結婚を断るペルセウスというのもはまぁ悪くないと思いますが、最終的にメインヒロインとなったイオがまたゼウスのお下がりだってところが微妙だったりします。お前それ結局、親父の手の内から逃れてねーじゃん的な。
そのイオもペルセウスとのフラグが分かりづらく、いつの間にか旅の一行にしれっと加わったりしてるんで、立ち位置が曖昧なんですよねえ。
登場する怪物たちは、旧作の人形アニメから一転、CGばりばりのVFXでさすがの説得力。ただCGだったらなんでもアリだよねってわかってる分、旧作の怪物たちよりありがたみに欠けるような気も。この辺は見てる側が贅沢になってしまったこともあるんでしょうけれど。

映画の感想を投稿する

映画「タイタンの戦い(2010年)」の商品はこちら