「チャーリーとチョコレート工場」のネタバレあらすじ結末

チャーリーとチョコレート工場の紹介:2005年制作のアメリカ映画。ロアルド・ダールの児童小説『チョコレート工場の秘密』(原題は映画と同じ)を原作とし、ティム・バートンが監督を務める。

この映画を無料で観る

予告動画

チャーリーとチョコレート工場の主な出演者

ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)、チャーリー・バケット(フレディ・ハイモア)、ジョーおじいちゃん(デイビット・ケリー)、バケット夫人(ヘレナ・ボナム=カーター)、バケット氏(ノア・テイラー)、ボーレガード夫人(ミッシー・パイル)、ソルト氏(ジェームズ・フォックス)

チャーリーとチョコレート工場のネタバレあらすじ

【起】- チャーリーとチョコレート工場のあらすじ1

チャーリーは両親と、さらに祖父母2組の、合計7人の大家族で暮らしていました。働き手は歯磨き粉工場に勤めるお父さんしかいません。しかもそのお父さんも、失業してしまいました。貧乏な家で暮らすチャーリーにとっての楽しみは、年に1度の誕生日に食べられるチョコレートです。あるとき、チャーリーの住む町にある大きなチョコレート工場の社長ウィリー・ウォンカが、完全非公開である自社の工場へ5人の子どもたちを招待することにしました。 この映画を無料で観る

【承】- チャーリーとチョコレート工場のあらすじ2

チョコレートの中にゴールドチケットを5枚だけ入れ、それを引き当てた子どもが工場を見学できるのです。さらにそのうちの一人には、想像を絶する素晴らしい副賞がつくとのことでした。幸運な子どもには「太った少年・グループ」「大富豪のわがまま娘・ベルーカ」「勝負にこだわる少女・バイオレット」「コンピュータ好きで物事は計算で解決できると思っている少年・マイク」が引き当てます。残り1枚をチャーリーがみごと当てました。チャーリーは工場に昔勤めていたジョーおじいちゃんと見学することにします。

【転】- チャーリーとチョコレート工場のあらすじ3

15年間工場に引きこもって作業をしていたウィリー・ウォンカ社長がじきじきに出迎え、子どもたちを見学に案内します。しかし不思議な工場の見学の途中で、グループはチョコレートでできた川に落ち、バイオレットはブルーベリーにされてしまいます。さらにベルーカはリスにごみ箱へ落とされ、マイクは身体を小さくされ、平らに伸ばされてしまいました。最後に残ったチャーリーが豪華な副賞をもらえます。副賞とは「巨大な工場を引き継ぐ権利」でした。

【結】- チャーリーとチョコレート工場のあらすじ4

権利を引き継ぐには家族と別れ、ひとりで工場に引きこもらねばなりません。家族と暮らしたいチャーリーは、権利を放棄します。断られると思っていなかったウォンカ社長はびっくりしました。そんなウォンカ社長に、チャーリーは家族の大切さを説きます。ウォンカ社長はずっと、父親とケンカ別れしたままでした。チャーリーはウォンカとその父との和解に働きかけます。そして、ウォンカも自分の家族の仲間入りをすることを条件にして、工場を引き継いだのでした。

みんなの感想

ライターの感想

白塗りジョニー・デップのコミカルな演技が光る、人気児童小説の映画版のリメイク映画です。工場の摩訶不思議な作業員、ウンパルンパ何十人もが躍るシーンは、一見CGのようですが、ウンパルンパ役の俳優さんが一人で何百回もダンスを踊ったものを一つのシーンにまとめたそうです。
また工場のインテリアに使われた巨大なお菓子のセットたちの一部は本物のお菓子で作られました。リスが何十匹も襲い掛かってくるシーンも本物の調教されたリスを使いました。甘いもの、とくにチョコレートが大好きなウォンカを演じるジョニー・デップですが、本人が小さい時にはチョコレートアレルギーだったそうです。

    あさんの感想

    本当に不思議な映画だったけど、面白かった!!!

映画の感想を投稿する

映画「チャーリーとチョコレート工場」の商品はこちら

チャーリーとチョコレート工場 [DVD]