「ナイト ミュージアム」のネタバレあらすじ結末

ナイト ミュージアムの紹介:2006年公開のアメリカ映画。展示された恐竜の骨格や剥製、人形たちが、夜になると動き出す博物館を舞台に、夜間警備員として働く主人公の活躍を描いたファンタジー・コメディ作品。2009年には続編が作られた。

この映画を無料で観る

予告動画

ナイト ミュージアムの主な出演者

ラリー・デイリー(ベン・スティラー)、ニック・デイリー〔ニッキー〕(ジェイク・チェリー)、レベッカ・ハットマン(カーラ・グギノ)、セシル・フレデリックス(ディック・ヴァン・ダイク)、エリカ・デイリー(キム・レイヴァー)、テディ・ルーズベルト(ロビン・ウィリアムズ)

ナイト ミュージアムのネタバレあらすじ

【起】- ナイト ミュージアムのあらすじ1

ニューヨーク在住の中年男・ラリーはうだつのあがらない男で、現在失業中の身です。離婚した妻・エリカはドンと再婚し、ラリーの息子・ニッキーはドンにすっかり懐いていました。
職業斡旋所で自然史博物館での仕事を紹介されたラリーは、夜間警備員の仕事に就きます。勤務初日に出勤したラリーは、博物館の来場者が減ったせいで自分たちが解雇され、新たに1人だけ夜警を雇うことになったと先輩の老夜警3人から話を聞きました。
深夜12時に見回りを始めたラリーは、骨格標本のティラノサウルスが廊下にある給水機で水を飲む姿を目撃し、驚愕します。 この映画を無料で観る

【承】- ナイト ミュージアムのあらすじ2

それだけではなく、博物館内に展示されている原始人や動物、モアイ像やミニチュア人形までもが、勝手に動き回り、会話をしていました。第26代アメリカ大統領・ルーズベルトの蝋人形は、博物館内部の展示物が夜になると生命を得るのだとラリーに告げます。
慌てて先輩の夜警たちに電話して助けを求めたラリーですが、先輩はさも当然といわんばかりの対応で、取り合ってくれません。
一夜明けた博物館内は展示物たちの乱痴気騒ぎで散らかり放題で、ラリーは館長・マクフィーに叱責されました。
ラリーは仕方なく、翌日女性の博物館員・レベッカに展示物について説明を受け、歴史を勉強して2日めの夜を迎えます。

【転】- ナイト ミュージアムのあらすじ3

予習の甲斐あってティラノサウルスやミニチュア人形への対応はできましたが、猿・デクスターがラリーから鍵束を奪い、また博物館はぐちゃぐちゃになります。
雑然とした館内を見たマクフィーはラリーに解雇を言い渡し、しかもその現場をニッキーに目撃されました。必死にマクフィーを説得して解雇をまぬかれたラリーは、夜の博物館にニッキーを招待します。動き回る展示物を見せて、ニッキーを喜ばせようと思ったのでした。
しかしその夜、偶然にも先輩たち3人夜警トリオは博物館の骨董品を盗む計画を立てていました。博物館にあるアクメンラーの石板を夜警トリオは盗み、ラリーの仕業にしようと企みます。

【結】- ナイト ミュージアムのあらすじ4

ラリーとニッキーは古代エジプトのエリアに幽閉されました。ラリーは通りがかったルーズベルト大統領に助けを求めますが断られ、自分の力で打開しようと発奮します。
ラリーは苦戦しつつも夜警トリオから石板を取り戻し、朝日を浴びると灰になる脱走した展示物たちを博物館に戻しました。
翌朝も館内が乱れ放題なのは変わりなく、ラリーはクビになります。しかし夜の騒動がニュースで取り上げられて博物館に来場者が殺到し、マクフィーは宣伝効果の主であるラリーの解雇を取り消しました。
ラリーは展示物の扱いに慣れ、いなし方も会得します。ニッキーとの絆を得たラリーは、ダンスやサッカーなどを楽しむ展示物と夜ごと楽しく過ごしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ナイト ミュージアム」の商品はこちら