「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」のネタバレあらすじ結末

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女の紹介:2005年公開のアメリカ映画。C・S・ルイスの児童文学『ナルニア国物語』の第1作を映画化したもので、シリーズ化されている。原作は英米児童文学の中でも、非常に有名な作品である。

この映画を無料で観る

予告動画

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女の主な出演者

ルーシー・ペベンシー(ジョージー・ヘンリー)、エドマンド・ペベンシー(スキャンダー・ケインズ)、ピーター・ペベンシー(ウィリアム・モーズリー)、スーザン・ペベンシー(アナ・ポップルウェル)、白い魔女〔ジェイディス〕(ティルダ・スウィントン)、アスラン(声・リーアム・ニーソン)

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女のネタバレあらすじ

【起】- ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女のあらすじ1

第二次世界大戦時のイギリスでの話です。
ペベンシー家には4人の子どもがいました。長男のピーター、長女のスーザン、次男のエドマンド、次女で末っ子のルーシーは、戦争が激しくなったので、田舎のカーク教授のところに疎開します。
教授の古い屋敷にはとにかく広く、空き部屋がたくさんありました。
かくれんぼをしていたルーシーは、その空き部屋のひとつに迷い込み、衣装だんすを開きます。
毛皮のコートをかき分けて進むと、そこには別の世界への入り口が待っていました。ナルニア王国です。
ルーシーはナルニア国へ足を踏み入れました。 この映画を無料で観る

【承】- ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女のあらすじ2

ナルニア国は、言葉を話す不思議な生き物たちが暮らす魔法の国でした。
ナルニアはかつてアスランという名のライオンの偉大な王が作った国でしたが、逆らう者を石に変える冷酷な「白い魔女」が国を征服し、冬の世界に閉じ込めています。住人たちはアスランの帰りを祈りつつ、ある予言に期待をこめていました。
それは「2人の『アダムの息子』と2人の『イヴの娘』がケア・パラベルの4つの王座を満たす時、白い魔女の支配は終わる」というものです。
ルーシーは半神半獣・タムナスと親しくなりました。後日、今度は兄や姉たちと4人でナルニア国を訪れます。

【転】- ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女のあらすじ3

再びナルニアを訪れたルーシーは、タムナスが人間をかくまった罪で城へ連れて行かれたことを知り、城へ行きました。
そこでエドマンドが白い魔女に「王にしてやる」とそそのかされ、とらわれの身になります。エドマンドを助けるにはアスランの力を借りなければなりません。
ルーシーたちはアスランのところへ行きました。途中、サンタクロースが武器を渡してくれます。
事情を聞いたアスランは、白い魔女のところへ行って約束を交わす代わりに、エドマンドを解放してもらいます。その約束とは、アスランの命を差し出すというものでした。白い魔女の剣に刺され、アスランは息絶えます。

【結】- ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女のあらすじ4

それを知った長兄ピーターは、アスランの代わりに軍を率いて白い魔女と戦うことにしました。しかし白い魔女は相手を石にすることができるので、ピーターは苦戦します。
ルーシーがアスランの亡骸のところにいると、朝になると共にアスランが蘇ります。生き返ったアスランが白い魔女を倒し、戦闘は終わりました。
ナルニア国で戴冠式がおこなわれ、4人はそれぞれ4つの王座に任命されました。アスランは即位を見届けて、姿を消します。
数年後、ナルニア国で大人になった4人が森に馬で駆けていると、見覚えのある衣装だんすを見つけます。
そこを開くと元の世界に戻りました。なんと現実世界では、時間が経過していませんでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」の商品はこちら