「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の紹介:2004年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第3弾の作品。前2作を監督したクリス・コロンバスの降板により、メキシコ人監督アルフォンソ・キュアロンが監督を務めた。

予告動画

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)、アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)、セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人のネタバレあらすじ

【起】- ハリー・ポッターとアズカバンの囚人のあらすじ1

今年の夏休みも意地悪なダーズリー家で過ごすハリーを、更なる災難が襲います。バーノンおじさんの妹・マージおばさんがダーズリー家を訪問したのです。耐えられず家を出た直後、ハリーは暗闇に黒い大きな犬を見ました。魔法使い専用の「夜の騎士バス」に乗ったハリーは魔法用具が売られているダイアゴン横町に行き、そこで魔法省大臣・ファッジに会います。アズカバン監獄から脱獄したシリウスに気をつけろと、ハリーはファッジから忠告を受けました。シリウスは闇の魔法使い・ヴォルデモートの手先で、ヴォルデモートをハリーの両親に引き合わせて死に追いやった罪で監獄され、脱獄して今度はハリーを狙っているという噂です。

【承】- ハリー・ポッターとアズカバンの囚人のあらすじ2

ホグワーツではアズカバンの看守・吸魂鬼が、シリウスから生徒を警護するため巡回していました。吸魂鬼は狙った人物の魂を吸い取る不気味な存在で、ハリーも敵いません。闇の魔術の防衛術の教師・リーマスが、ハリーに防衛策「守護霊の呪文」を教えます。学校の番人でハリーの味方・ハグリッドは今年度、魔法生物飼育学の先生になりました。ハグリッドの授業中に、鳥と馬が合わさった動物・ヒッポグリフがドラコを傷つける事故が起こり、ヒッポグリフの処刑が決まります。落胆するハグリッドの小屋をハリーとロン、ハーマイオニーが訪問すると、ハーマイオニーの飼い猫・クルックシャンクスが食べたはずの鼠・スキャバーズが生きていました。

【転】- ハリー・ポッターとアズカバンの囚人のあらすじ3

そこへ黒い大きな犬が現れ、突然ロンとスキャバーズを連れ去ります。ハリーとハーマイオニーはロンを追って「叫びの屋敷」と呼ばれるイギリスで最も呪われた建造物に辿りつきました。ハリーはそこで、黒い犬の正体がシリウスと知りました。ハリーはシリウスと戦いますが、ハリー達を追ってきたリーマス先生が仲裁します。シリウスはハリーの名付け親になったくらいハリーの両親と大親友で、無実の罪を着せられていました。真の裏切り者はピーターという人物で、ピーターは鼠・スキャバーズに姿を変えていたのです。一同はピーターを捕まえようとしますが、狼の血を引くリーマスが満月の光を浴びて狼になってしまい、その隙にピーターは逃げます。

【結】- ハリー・ポッターとアズカバンの囚人のあらすじ4

更に吸魂鬼の集団が現れハリーは襲われました。守護霊の呪文も効果なくハリーは気絶します。目覚めたハリーは一部始終を話してダンブルドア校長に助けを乞い、時間をさかのぼる逆転時計を借ります。その時計を使ってヒッポグリフの処刑前にさかのぼったハリー達は、まずはヒッポグリフを助け、シリウスをヒッポグリフに乗せて逃亡させました。ピーターは逃亡したためシリウスの無実は証明できず、リーマスも狼人間だとばれて辞職に追い込まれます。落ち込むハリーでしたが、夏休みで人間界に戻る途中でシリウスからの手紙を受け取り、シリウスが元気で過ごしていることを知って気持ちが慰められたのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の商品はこちら

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 オリジナル・サウンドトラック