「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団の紹介:2007年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第5弾の作品。前作で復活したヴォルデモートとの対決だけでなく、新たな仲間やハリーの恋の行方など見どころが満載である。

予告動画

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団の主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)、セブルス・スネイプ先生(アラン・リックマン)、ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団のネタバレあらすじ

【起】- ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団のあらすじ1

7年制のホグワーツ魔法魔術学校で今度5年生になるハリーは、またまたダーズリー家で憂鬱な夏休みを過ごしていました。いつもならロンが家に招待してくれるのですが、今年はそれもありません。ある日、ダーズリー家の息子でハリーにとっては従兄弟にあたる、いじめっ子のダドリーとハリーが歩いていると、人間界に突如として吸魂鬼が現れ2人を襲いました。ダドリーの危機に面して、ハリーは人間界で魔法を使ってはいけないという掟を破り、魔法を使って吸魂鬼を追い払います。しかしこれがホグワーツに知れ、ハリーに学校からの除籍通知が届きました。

【承】- ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団のあらすじ2

魔法省で開かれる尋問会で自分の主張を訴えれば、あるいは除籍通知の取り消しができるかもしれません。しかしこの尋問会は形式的に開かれたもので、魔法省の大臣・ファッジはハリーを追放したいと思っていました。会合でハリーは不利でしたが、ダンブルドア校長が口添えしてくれたおかげで、ハリーが自衛のためにやむなく魔法を使ったことが証明され、ハリーは無罪となります。さて、以前(「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」参照)ヴォルデモートが復活したことをハリーは皆に話したのですが、皆はハリーが嘘をついていると思っています。

【転】- ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団のあらすじ3

ロンとハーマイオニーの協力を得て、ハリーは学校の生徒に呼びかけて有志を集め「ダンブルドア軍団」を結成し、闇の魔術から身を守る方法を練習し始めます。セドリックと付き合っていたためにハリーを振ったチョウは、セドリックが亡くなったため、ハリーに接近しました。ハリーとチョウは付き合います。ダンブルドアもヴォルデモートに対抗するために、大人達で秘密同盟「不死鳥の騎士団」を結成しました。そこにはハリーの名付け親・シリウスも入っていました。一方、復活した闇の魔法使い・ヴォルデモートも少しずつ自分の仲間を集め始めます。

【結】- ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団のあらすじ4

ヴォルデモートが復活したことを知ったかつての手下達は、ヴォルデモートへの恐怖と服従心から忠誠を誓います。そしてヴォルデモートは、自分が殺せなかった唯一の相手であるハリーを抹殺しようと襲ってきました。ハリーは苦戦しますが「不死鳥の騎士団」が駆けつけて助けてくれます。ヴォルデモート側と不死鳥の騎士団は激闘を展開し、そこでシリウスが亡くなってしまいました。この事件はニュースとして知れ渡り、魔法界の人々はようやく、ヴォルデモート卿が本当に復活したことを実感しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の商品はこちら

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(1枚組)