「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の紹介:2010年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第7弾(最終章の前編)の作品。原作をより忠実に映像化するために、この最後の作品のみ前編と後編の2部作で制作・公開された。

予告動画

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、ジニー・ウィーズリー(ボニー・ライト)、セブルス・スネイプ先生(アラン・リックマン)、ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1のネタバレあらすじ

【起】- ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1のあらすじ1

前回(「ハリー・ポッターと謎のプリンス」参照)スネイプ先生が放った死の呪文によりダンブルドア校長は亡くなり、ハリーも戦いに負けます。スネイプ先生は死喰い人としてヴォルデモート卿の側につきました。更にスネイプ先生は、今まで日頃からハリーを目の敵としてきたドラコを連れ、姿をくらまします。ハリーは、本当ならば今年はホグワーツ魔法魔術学校の最上級生である7年生に進級するはずでした。しかしダンブルドア校長がハリーに最後に遺した仕事を遂行するために、学校には行かずロンとハーマイオニーと一緒に旅に出ます。 この映画を無料で観る

【承】- ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1のあらすじ2

ダンブルドア校長から課せられた使命は、ヴォルデモートを滅ぼす唯一の方法「分霊箱の破壊」でした。ヴォルデモートは自分の魂を複数の箱に分けて保存しているのです。しかし頼る人もこの世になく心もとない旅に疲れ、3人は仲間割れをします。ハリーはイライラし、中途半端なヒントしか残してくれなかったダンブルドア校長に不満を抱きました。闇の魔法使い・ヴォルデモート卿は、魔法省やホグワーツも手下の死喰い人に管理させます。善人の魔法大臣・スクリムジョールは殺され、スネイプ先生が校長になりました。

【転】- ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1のあらすじ3

また死喰い人はヴォルデモートの命令で、ハリーを探していました。ハリー達は分霊箱の手がかりを探す途中で「死の秘宝」という伝説を知ります。ほとんど知られていない古い物語に記された伝説が本当であるならば、ヴォルデモート卿は分霊箱以上の力を手に入れることになります。ダンブルドア校長の遺言「吟遊詩人ビードルの物語」に、ホグワーツのレイブンクロー寮に所属するハリー達の同級生の女の子・ルーナの父が首から提げた印と同じものが書き込んであったことを思い出したハリー達は、ルーナの父に会いに行きました。その印は「吟遊詩人ビードルの物語」の中の「3人兄弟の物語」に出てくるニワトコの杖、蘇りの石、透明マントという、3つの死の秘宝のことを示していました。 この映画を無料で観る

【結】- ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1のあらすじ4

この3つの品物こそが死の秘宝です。ハリー達が着いた時にはルーナは連れ去られており、死喰い人がルーナの父の家を攻撃していました。ハリー達は一旦は脱出するもののすぐに捕まり、ドラコの家に連れて行かれます。ハリーとロンはルーナと同じ地下牢に監禁されましたが、屋敷しもべ妖精・ドビーが地下牢に現れてハリー達を助けてくれました。ハリー達は脱出に成功しますが、ドビーは亡くなり、ハリーはドビーに祈りをささげながら埋葬します。そのころヴォルデモートは、ダンブルドア校長の墓から死の秘宝の1つ・ニワトコの杖を手に入れていました…(part.2へ続きます)。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」の商品はこちら

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (1枚組) [DVD]