「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの紹介:2005年公開のイギリス&アメリカ映画。ハリー・ポッターシリーズ第4弾の作品。魔法界を揺るがす闇の魔法使い・ヴォルデモートの復活や、ハリーをはじめとする仲間たちの恋愛模様などが描かれている。

予告動画

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、セドリック・ディゴリー(ロバート・パティンソン)、ビクトール・クラム(スタニスラフ・アイエネフスキー)、チョウ・チャン(ケイティ・リューング)

ハリー・ポッターと炎のゴブレットのネタバレあらすじ

【起】- ハリー・ポッターと炎のゴブレットのあらすじ1

ハリーが4年生になった新学期、ダンブルドア校長が三大魔法学校対抗試合の開催を発表します。三つの魔法学校から選出された代表選手が戦う競技で、立候補した生徒の中から「炎のゴブレット」と呼ばれる杯が選手を決めます。ホグワーツからは人気者のセドリックが選ばれましたが、続いて年齢的に参加資格のないハリーもゴブレットに指名され、ホグワーツからは2名の選手が出ることになります。ボーバトン校代表は美少女フラー、ダームストラング校代表はサッカーに似たクィディッチの選手で既にスター扱いのクラムという選手が決まりました。

【承】- ハリー・ポッターと炎のゴブレットのあらすじ2

ハリーはずるをして立候補したと誤解され、皆から嫌われロンとも喧嘩になります。対抗試合が始まりました。4人の選手は「課題1 ドラゴンの卵の争奪戦」「課題2 時間制限内に水中の宝物(各選手の大事な人物)を連れ戻す戦い」「課題3 生きて動く巨大迷路を突破する戦い」を競います。課題1と2で奮闘したハリーは皆の信頼を回復し、ロンとも誤解が解け仲直りします。試合の途中、各学校の親交を深めるダンス・パーティが開かれました。思春期の皆はダンスの相手を探してそわそわします。

【転】- ハリー・ポッターと炎のゴブレットのあらすじ3

ハリーは初恋の相手・チョウに申し込みますが、チョウにはセドリックという彼がいてハリーは失恋しました。ロンとハーマイオニーは実は両思いなのですが、意地を張り合い仲がこじれ、ハーマイオニーはクラムをパートナーに選びます。ダンスが終わり、最後の課題が始まりました。ハリーはセドリックと協力しあい一緒に優勝杯に手をのばしますが、優勝杯に触れた途端ハリーとセドリックは闇の魔法使い・ヴォルデモートの父の墓がある場所に飛ばされます。今回ハリーが選手としてゴブレットに選ばれたのは、ヴォルデモートがハリーを墓場に誘い込むための罠でした。

【結】- ハリー・ポッターと炎のゴブレットのあらすじ4

ヴォルデモート復活のために必要なハリーの血を手に入れ、ヴォルデモートは復活してしまいます。復活したヴォルデモートと戦いながら、ハリーはセドリックを連れて脱出しますが、そのときにセドリックは戦いに巻き込まれて死んでしまいました。セドリックの死を悼みつつ閉会式がおこなわれました。優勝したハリーは、得た賞金をセドリックの両親に渡そうとしますが断られます。ロンの双子の兄2人が開く「いたずら用品専門店」の開業資金として、ハリーはウィーズリー双子兄弟に渡しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の商品はこちら

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 通常版 [DVD]