「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと秘密の部屋の紹介:2002年公開のイギリス&アメリカ映画。J・K・ローリングのファンタジー小説の映画化で、ハリウッドのワーナー・ブラザーズ製作のシリーズ第2弾の作品。ダンブルドア校長役のリチャード・ハリスの遺作となった。

予告動画

ハリー・ポッターと秘密の部屋の主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)、アルバス・ダンブルドア(リチャード・ハリス)、セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)

ハリー・ポッターと秘密の部屋のネタバレあらすじ

【起】- ハリー・ポッターと秘密の部屋のあらすじ1

ハリーは年度末の夏休みを、例によって意地悪なダーズリー家で過ごしていました。そこへ屋敷しもべ妖精・ドビーが現れて、ホグワーツ魔法魔術学校に戻ってはいけないと警告します。しかしハリーはダーズリー家での生活が嫌いで学校に行きたいので、ドビーの忠告を無視して迎えに来た親友のロンといっしょに出かけました。ロンの家で残りの夏休みを楽しく過ごした後、新学期にハリーはホグワーツ魔法魔術学校に行き、親友の女の子・ハーマイオニーと再会します。

【承】- ハリー・ポッターと秘密の部屋のあらすじ2

2年生に進級したハリーは、新入生たちの憧れの存在となっていました。ハロウィンの日、寮の管理人・フィルチの猫・ミセス・ノリスが石になる事件があり、その後もマグル(人間)出身者の生徒が石にされるという事件が立て続けに発生します。それにより、すっかり伝説と化していた「秘密の部屋」が、「スリザリン寮の継承者」の手で開かれたのではないかという疑惑が学校に広まりました。

【転】- ハリー・ポッターと秘密の部屋のあらすじ3

ハリーとロン、ハーマイオニーはこの謎を解くために動きますが、ハーマイオニーも石にされてしまいました。ハーマイオニーが手にしていた紙切れから、さまざまな手がかりを入手し秘密の部屋を探し当てたハリーとロンは、部屋に乗り込みます。しかし途中トンネルが崩落し、ハリーだけが部屋にたどりつきました。そして秘密の部屋を開いたのはロンの妹・ジニーだと知ります。ジニーは、かつてホグワーツの生徒だったトム・リドルという生徒の亡霊に操られていました。

【結】- ハリー・ポッターと秘密の部屋のあらすじ4

そしてトム・リドルこそが、闇の魔法使い・ヴォルデモートだということも分かります。襲いかかってくる大きな毒蛇とトムの亡霊を退治し、ロンやジニーといっしょに秘密の部屋から戻ってきました。その後、今回の事件には意地悪な同級生・ドラコの父・ルシウス・マルフォイが関係していたことも発覚し、ルシウスは学校の理事をクビになります。石にされた生徒たちも元に戻り、学園に平和が戻ってきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の商品はこちら

ハリー・ポッターと秘密の部屋 [Blu-ray]