「ハリー・ポッターと賢者の石」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと賢者の石の紹介:2001年公開のイギリス&アメリカ映画。イギリス作家・J・K・ローリングによる同名のファンタジー小説の映画化で、ハリウッドのワーナー・ブラザーズ製作のシリーズ第1弾の作品である。

この映画を無料で観る

予告動画

ハリー・ポッターと賢者の石の主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)、アルバス・ダンブルドア(リチャード・ハリス)、セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)

ハリー・ポッターと賢者の石のネタバレあらすじ

【起】- ハリー・ポッターと賢者の石のあらすじ1

ハリー・ポッターは幼い頃に両親を失い、母の妹であるペチュニアおばさんに引き取られています。しかしペチュニアおばさんとバーノンおじさん、その息子のダドリーは意地悪で、ハリーは窮屈でみじめな生活を送っていました。11歳の誕生日が近付いたある日、ハリーに手紙が届きます。それはホグワーツ魔法魔術学校への入学許可証でした。ハリーの両親は非常に優秀な魔法使いでしたが、闇の魔法使い・ヴォルデモートとの戦いに敗れ、10年前に亡くなったのです。魔法界でハリーは「ヴォルデモートが唯一殺せなかった相手」として有名でした。 この映画を無料で観る

【承】- ハリー・ポッターと賢者の石のあらすじ2

ダーズリー家を訪問したハグリットに真実を聞かされたハリーは、ホグワーツへの入学を決めます。9月の最初の日、学校へ向かう特急列車に乗ると、ハリーは赤毛のロンという男の子やハーマイオニーという女の子と親しくなりました。入学式で生徒達は4つの寮に組分けされましたが、ハリーとロンとハーマイオニーはグリフィンドール寮に所属が決まります。ダイアゴン横町で会った意地悪な同級生・ドラコはスリザリン寮になりました。ハリーたちは、立派な魔法使いになるために学問と修行の日々を過ごします。ハリーは楽しく学校生活を送りますが、魔法薬学のスネイプ先生に嫌われていることだけが少し憂鬱の種でした。

【転】- ハリー・ポッターと賢者の石のあらすじ3

あるとき、悪人に渡れば世界を混乱に陥れかねない「賢者の石」が、ホグワーツの校内に隠されます。賢者の石はどんな金属も黄金に変え、飲めば不老不死になる命の水を作りだすことのできるものでした。スネイプ先生が「闇の魔術に対する防衛術」のクィレル先生を脅すところを目撃したハリーは、スネイプ先生が石を手に入れようとしていると思います。ハリーとロン、ハーマイオニーは、石が悪者の手に入らないよう戦おうとします。石を手に入れようとしていたのはクィレル先生でした。クィレル先生はヴォルデモート卿の内通者で、体の一部にヴォルデモートを憑依させていました。

【結】- ハリー・ポッターと賢者の石のあらすじ4

クィレル先生は鏡の中にある賢者の石を取ろうとしますが、自分では取り出せませんでした。ハリーが鏡を覗くと、石は簡単にハリーのポケットに入ります。ヴォルデモートはクィレルにハリーを殺させて石を奪おうとしますが、クィレルはハリーの体に触れただけで火傷を負ってしまい、ハリーを殺せないままに死亡しました。憑依した人間が死んだために、ヴォルデモートは再び体を持たないままの姿で逃げます。ハリー達の奮闘を知ったダンブルドア校長は、年度末の寮対抗杯でグリフィンドール寮に追加点を入れました。これでグリフィンドールが優勝しました。

みんなの感想

ライターの感想

シリーズを通してキャストをほとんど変更せず撮影しているため、世界で一番キャラクター達の成長を実感できる映画ではないでしょうか。
その初シリーズ賢者の石では最大の敵ヴォルデモート卿に両親を殺され、意地悪な親戚の家のもと、階段の下の小さな物置部屋しか与えてもらず友人も居らず独りぼっちで惨めな生活を送っていたポッターが一通の手紙により突如として魔法学校ホグワーツに入学することになり、後に親友となる赤毛の少年ロン・ウィーズリーとクラス一の秀才少女ハーマイオニーと出会い、生まれて初めて目にする魔法の数々に胸を高鳴らせます。
本シリーズの最大の魅力はこの魔法にあります、摩訶不思議な魔法の力がありありと表現され観ているこっちまでわくわくさせられます。
また、因縁の敵ヴォルデモート卿との闘いも描かれており映画を見終わった頃にはその後の話が気になり自然と次回作を観ようという気持ちにさせられます。

ライターの感想

シリーズを通してキャストをほとんど変更せず撮影しているため、世界で一番キャラクター達の成長を実感できる映画ではないでしょうか。
その初シリーズ賢者の石では最大の敵ヴォルデモート卿に両親を殺され、意地悪な親戚の家のもと、階段の下の小さな物置部屋しか与えてもらず友人も居らず独りぼっちで惨めな生活を送っていたポッターが一通の手紙により突如として魔法学校ホグワーツに入学することになり、後に親友となる赤毛の少年ロン・ウィーズリーとクラス一の秀才少女ハーマイオニーと出会い、生まれて初めて目にする魔法の数々に胸を高鳴らせます。本シリーズの最大の魅力はこの魔法にあります、摩訶不思議な魔法の力がありありと表現され観ているこっちまでわくわくさせられます。
また、因縁の敵ヴォルデモート卿との闘いも描かれており映画を見終わった頃にはその後の話が気になり自然と次回作を観ようという気持ちにさせられます。

ライターの感想

大人気小説を映画化した作品です。原作を読んでいると、あり得ない魔法の世界がリアリティーある現実のようにとらえることができ、不思議なファンタジーの世界に入り込めます。
親戚の家で辛い思いをしたハリーが魔法により希望や夢を抱いていく様子が大好きです。この作品の映画化は難しいと思いましたが、原作のイメージをそのまま再現されており、見ごたえある作品に仕上がりました。監督はクリス・コロンバス、ハリーポッター役はダニエル・ラドクリフが演じておりますが、当初はスティーブン・スピルバーグが監督、ハーレイ・ジョエル・オスメントが主演を演じる予定でした。
しかし、原作者J.K.ローリングの鶴の一声で、クリス監督、ダニエル主演となりました。ハーレイ・ジョエル・オスメントは「シックス・センス」で一躍人気子役となりましたが、後に激太りした衝撃的なビジュアルが話題となり、ダニエルのキャスティングで正解だったと実感します。

映画の感想を投稿する

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」の商品はこちら

【初回限定生産】ハリー・ポッターと賢者の石 特別版 [DVD]